すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

カテゴリ: お知らせ

姉妹サイトのオリジナル寝取られ体験談のご紹介です。

私のミスのせいで、部長に身体を差し出して寝取られた妻
私がミスを隠そうとしたばかりに、部長に妻を差し出すことに……
EDになった私を、NTRで治療する会社の後輩
会社の後輩は、EDを治すには妻を寝取らせることだと言った……
妻とイタリアに旅行に行ったら、ガイドがイケメンのイタリア人だった
夜行バスでスキーに行ったら、寝ぼけた巨乳のロリママが抱きついてきた……
妻は月に一度だけ、他の男の恋人になる
妻は月に一度だけ、本当に大好きな男の元へ行きます……
バスツアーで一緒になったロリママとの楽しい6日間
夜行バスでスキーに行ったら、寝ぼけた巨乳のロリママが抱きついてきた……
酔って嫁とお義母さんを取り違えた結果、コスプレエッチをした
ベロベロに酔っ払った帰った夜、寝ている妻に欲情してしまい、睡姦をしたらお義母さんだった……
年末、リゾートホテルの混浴温泉で知り合ったご夫婦と
リゾートホテルに混浴スペースがあったことで、仲良くなったご夫婦とスワッピングする流れに……
仲良し夫婦と王様ゲームをして、嫁が旦那のアレを当てるゲームをした
家族ぐるみの付き合いの仲良し夫婦と王様ゲームをして、嫁が旦那さんのアレを握ってしまった……
結婚を決めた彼女が、出張中に俺の親友と浮気してた
高校時代からの付き合いで、同棲もしている彼女が、俺の親友に抱かれていた……
妻が露出プレイに目覚めた結果、巨根の甥っ子に寝取られた
妻とマンネリ打破のために始めた露出プレイは、甥っ子を巻き込んでネトラレへと変わっていく……
清楚で美しい嫁が、母親の借金のせいで身も心もヤクザに堕ちていく
幸せな結婚生活、しかし、母親の借金が原因で裏社会の人間に身も心も堕とされていく美しい妻……

アブノーマルな寝取られ体験談、痴漢、人妻、男の娘など、オリジナルの体験談を多数紹介しています。
・妻のまりやが、フィスト狂いだった
・旦那ラブの牝犬をダブルフィスト調教した

・アナニーにはまったら、黒人まで行ってしまった

・セフレの若妻にアナルの快感を仕込まれた

・幼馴染みにフェラの練習させてと言われた3 バッドエンドルート

・彼氏の目の前で、初々しい彼女の処女をもらっちゃったw

・旦那の目の前でウェディングドレス姿の嫁さんに種付けしてあげた

・おじさん二人に3日間監禁されて牝の喜びを教えられた

・やりきれるの? 縦セタママとためちゃう息子

・部下の嫁に罠をかけて巨根で堕としてみた

・彼氏のいる純朴なJKをケツ穴奴隷にした記録

・万引き少女とそのママと仲良くなった件(双子の弟ともw)

・図書館で出会った驚くほどの美少女に、テーブルの下でお口でしてもらった

・姉さん女房と友人で、脱衣麻雀を始めた結果
・寝取られ性癖をこじらせた親友が、嫁さんに睡眠薬を飲ませて差し出してきた
・気の弱い僕を守るために、妻が上司達に抱かれました
・嫁の身体だけじゃなく心まで友人に寝取ってもらいたい俺
・大家さんに、妻を1年間貸し出してお金を借りました
・嫁は、ご主人様との寝取らせプレイの一環で私と結婚しました
・2人の優しすぎる姉に囲まれて、毎日たっぷり搾り取られています
【続きを読む】

※1年で100冊くらい売れれば良いかなと思っていましたが、自分でも驚くくらいのペースで達成できました。現在も、ほぼ毎日1〜5冊のペースで売れています。本当にありがとうございます。

この話は、ブロマガを始めた初期の頃の話で、これがきっかけで読者の方がもの凄く増えた話です。

ただ、電子書籍化するにあたり読み返すと、色々気になってしまい、結局半年以上かけて全面書き直しになりました。

今後も、継続して電子書籍化していくつもりですので、よろしくお願いします。

※Kindleは、専用の機器(Kindle)がなくても、スマホやタブレットで読むことが出来ます。アプリを入れることで、専用機器みたいに便利に利用出来ます。

小説はもちろんのこと、成人コミックや一般コミック、週刊誌や雑誌まで、私はこれで読むようになりました。
Kindleのアプリで読むと、異なる端末間でも途中から読むことが出来て便利です。
通勤中に小説をスマホで読んでいて、帰宅後タブレットで読むという使い方の場合、スマホで読んだところからタブレットで読むことが出来ます。
どこまで読んだっけ? がなくなるので、すごく便利です。

また、本がかさばることがなくなります。マンガなども、お気に入りを全巻タブレットで持ち運べます。

Kindleは、アンドロイド端末、iPhone端末、iPad、パソコンでも購読出来ます!


寝取られジャンルに特化した、寝取られ体験談のサイトです。

NTR使える寝取られサイト 

FC2ブログの、ブロマガランキングで3年以上、総合1位を継続中です。堀江貴文(ホリエモン)さんのブロマガよりもランキングは上位です。 

最近の更新分です。色々なサイト様で紹介して頂いていますが、最後まで読めるのはこのサイトだけです。

・就職祝いに何でもしてあげると言われて、他の男とHしてと頼んだら怒られた 

・仲良くしてるお隣夫婦が、セックスしてるのを見て欲しいと言ってきた 

・可愛すぎる彼女が僕と交際してくれる条件は、したくなったら誰とでもHすることだった

いつも、このブログを見ていただき、ありがとうございます!

姉妹ブログでブロマガをやっていますが、現在、アダルト部門だけではなく、総合ランキングで1位を数年間継続中です。
ブロマガ総合1位の姉妹サイトはこちら

また、もう一つのブログも、総合ランキング2位を継続中です。
 ブロマガ総合2位の姉妹サイトはこちら

【14話目をアップしました】

姉妹サイトで、ブロマガではない寝取られ体験談を書き始めました。
ブロマガではないので無料です。
1話あたりが短いですが、長い話になる予定です。

エッチで萌えた体験談厳選ブログ
友達カップルと、一日だけパートナーを入れ替えて鍋パーティーをしたら12


姉妹ブログのオリジナル体験談一覧です。
すごく抜ける寝取られ体験談や萌えた体験談

姉妹ブログのブロマガ一覧です。
エッチな体験談や萌えた体験談ブログブロマガ一覧

姉妹ブログの、ブロマガ一覧です。 色々なシチュエーションの、オリジナル寝取られ体験談が多数あります。
NTR使える寝取られサイトブロマガ一覧

姉妹ブログのブロマガ一覧です。
アブノーマルな動画やマンガと体験談ブロマガ一覧

姉妹ブログの、寝取られ系の話の紹介です。

・不妊に悩んだ末の、究極の選択 
不妊に悩んだ末に、私たち夫婦が取った禁断の方法は、友人に代理父として妻と子作りしてもらうことだった。それでもなかなか授かれず、二人はとうとう結婚式を挙げることに…… 

・自宅で嫁を、好きなように一日部下に抱かせた。
 
自宅で、部下の松田と嫁を夫婦生活させた。その巨根とテクニックに、私とのセックスでは見せない顔を見せる嫁。身体が堕とされると、心も堕とされることを知らずにいた…… 

・婚約者を御曹司に肉体改造された
 
大切な婚約者を、美容整形グループの御曹司に寝取られた……それだけではなく、不可逆な肉体改造を施されて…… 
【続きを読む】

※復旧しました。システムのエラーが原因だったそうです。ご迷惑をおかけしました。

使える寝取られサイト NTR体験談

エッチな体験談や萌えた体験談ブログ


私の、FC2の姉妹ブログの方が凍結されております。復旧に向けて動いていますが、見通し不明です。
しばらくはブロマガ(オリジナルコンテンツ)は、もう一つのブログに上げていきます。そちらは独自ドメインで、レンタルサーバーですので、突然の凍結はございません。
http://ntrtaiken.com/

今後、そちらがメインになっていくかもしれませんので、よろしくお願いします。なお、過去のブロマガは、凍結解除が不可能とわかった時点で、すべて閲覧出来るように致します。場所や方法はまたご通知します。よろしくお願いします。

なお、このブログのオリジナルコンテンツも、今後は増やしていきますのでご期待下さい。 


欲求不満の母と絶倫息子 抜かずの三発中出し藤波さえ 夫とセックスレスで根がスケベなサエは欲求不満。そんなある日の夜、サエがトイレに行こうとすると息子の部屋から光が漏れていた。ドアを開け、そっと中を覗くと息子がチンポ丸出しでオナニーをしていた。サエはその日から息子のカチカチになった大きなチンポのことばかり考えて何も手に付かなくなり、とうとう息子と禁断の関係に…。



もう良い年頃なのに、未だ菜々お母さんのIカップ爆乳から乳離れできない息子のアユム。学校を休むとダダをこねたら、朝勃ちペニスを優しく手コキ、それでもダメならSEXでスッキリさせちゃいましょ。食事前に我慢できなくなったときでも、息子優先でオクチでヌキヌキ。悪夢でうなされる息子のムスコをパイズリで安眠へ。こんなに至れる尽くせりだったら、いつまで経っても乳離れできない!?



真夜中、眠りに落ちた母の元へ夜這う息子。深い眠りに落ちた身体をイジり回しているうちに、当然母親は目を覚ます。しかし、その頃には息子のイタズラのおかげで身体はすっかり準備万端。快楽に堕ちた肉体のせいで息子を咎められない母は、思わずあがる喘ぎ声を必死におさえようとするが、息子の肉棒を注入されると、これ以上なくヨガりまくる…。こうして母と子は禁断の近親相姦の夜に溺れていく…。

このページのトップヘ