すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

    カテゴリ: 身近な人との体験談

    昔、病院に入院中にオナれなくて溜まっているときに、女友達に口で抜いてもらった事がある。

    今思い出しても興奮するよ。

    気胸で入院した時、普段から仲の良いA子がよくお見舞に来てくれたんだ。

    A子とはお互いの彼氏彼女の話や、どんなセックスしてるか話せるほどの仲で、お互いに異性としての感情は全く無かった。(と思ってる)
    【続きを読む】

    俺と妻の間には二人の娘がいます。
    娘は二人とも結婚したんですが、子供達が巣立ってしまったこともあって、冷めた夫婦関係に終止符と打ちました。
    家も手放して、俺は一人アパート暮らしになり、元妻は男性と暮らしています。

    そんなある日、次女の方から連絡があり、離婚するということなんです。
    次女は専業主婦だったので、職もなく生活できないだろう。
    【続きを読む】

    入社1年目の6月。新社員の歓迎会をかねた部内での社内旅行は、会社から車で1時間ほどの温泉街でした。

    現地集合という、愛想の無い会社でしたが、新入社員は出し物をしなくちゃいけないとのことで、買出しに行ったり、係り内で相談したりと、やっぱりそれはそれで楽しい感じでした。

    18時くらいから、宴会がスタート。素面(シラフ)では出し物なんて出来ないので、新人は、出だしからけっこう飲んでたと思います。
    【続きを読む】

    小学生の時からジーンズを穿いた女の子のお尻が大好きだった俺。
    高1の時、メチャメチャ好みの子を見つけた。
    顔は堀北真希を日焼けさせて髪を伸ばして気が強そうにした感じ。
    細身なのにお尻だけがスカートを穿いても妙に目立つくらい大きくてものすごく良い。
    何度もあの尻を好き放題撫で回し、揉みしだきたいと思った。
    【続きを読む】

    僕が中学三年生の頃の話です。
    一つ上の姉は無事に高校一年生になっていました。
    この頃、僕ら姉弟の間に2つほど変化がありました。
    そのうちの1つは姉に色気といいますか、胸の膨らみが目立つようになり、体がどんどん大人っぽくなってきたことです。
    【続きを読む】

    相手は男っぽい性格の女友達。
    その女友達は、男友達を泊めることに抵抗がないらしい。

    それまでに数度泊まったことはあったが、肉体関係は無し。
    下ネタを話すような間柄でもない。
    その日もいつものように布団は別々に、横並びに寝た。
    【続きを読む】

    初めて、妹と2人だけでエッチした時の事です。
    初体験をした3日後に2人だけでやりました。

    その頃、父と母は、まだ僕たちにスワッピングしている事は隠していました。
    その時も、「用事で今晩は帰れないから」と言って父と母が外出しました。
    母は、「エッチするんだったら避妊しなさいよ」と言い残して行きました。
    【続きを読む】

    9年前の事なんですが、当時、俺23歳、姉24歳で、お互い実家を出て、それぞれ一人暮らししてました。
    俺は高校出てから某ピザチェーンの営業してて、5年も経てばそれなりに仕事も一通りこなしてましたが、給料はそれほど高くもなく、毎月切り詰めつつ貯金しながら生活してました。
    姉は事務機器を取り扱う会社で事務してましたが、ちょうどその頃、姉の会社がリストラを始めだし、姉もその対象となりました。
    【続きを読む】

    大学時代、友達歴3年のMがいました。
    Mはかなりの男前で、めちゃめちゃタイプだったんです。
    でも、当時Mには彼女がいたので本当に私とは友達どまり。

    そんなMが一人暮らしをしだしたので、他に友達も呼んで皆でM宅で飲もうということに…。しかし、誘っていた友人達がドタキャン!
    Mと二人きりになってしまいました。
    【続きを読む】

    高校時代の同窓会で幹事をやらされた時の話。

    卒業して5年目はじめての同窓会をやる事に…
    全員に声をと思い…往復葉書で連絡をした。
    でも予想通り…全員出席とは…ならず…

    そんな中…当時クラスでも1.2のかわいさと人気を誇った、優香をまんま細くした優香似の優子ちゃんから封筒入りの手紙が届いた。
    【続きを読む】

    高校2年の時の話です。
    まず簡単に人物の紹介をしておきます。

    ひろし:俺。部活で左腕を骨折して入院してしまいます。

    陽子:小学校からずっと一緒で、同じ高校に通う俺の彼女。

    由香:小学校からずっと一緒で、陽子の仲良し。俺に異常に思いを寄せている。

    高沢:病院の担当看護婦(26歳)。事務的で性格が悪く、俺の嫌いなタイプの人。
    【続きを読む】

    僕の母さんは今年34歳になります。
    1月16日が誕生日だったので、僕はプレゼントを買って帰りました。
    親父が今は福岡にいるので、家には僕と妹の江美と母さんの3人だけです。

    母さんはワインが好きなので、そんなに高くはないですが3千円のワインとケーキを買って帰りました。
    高校に入るまではバイトできないので、じいちゃんに貰ったお年玉で買いました。
    去年は親父がケーキを買って来たり、プレゼントをあげたりしてたので、今年は何も無いと思ってたらしくて、すげえ喜んでくれました。
    【続きを読む】

    祥子(母:40歳)と俺は近親相姦をしている。
    事の始まりは3年前になる。

    中学受験を控えた俺は、成績が思うように上がらず苛立っていた。
    中学2年までは、学年でも上位にいた俺だったが、3年になると辺りが上がったと言うか、俺の成績も落ち込み始めていた。
    親父は地元の進学校に進む事を期待し、それ以外は眼中に無いといった感じ。
    【続きを読む】

    某ビジネスホテルチェーンの一応正社員でした。
    とはいえ総合職ではないので給料はたいしたことない。
    でもボーナスも出るし、悪くなかったと思います。
    4月の研修を終えて配属されたのは、とある地方都市でした。

    ホテルというのは基本的に3交代制で、早番・遅番・夜勤があるのですが、最初は基本中の基本で、チェックイン業務が主な遅番に配属されます。
    各番、一人の正社員と数人のアルバイトさん、というのが基本的な構成です。
    【続きを読む】

    私が20歳、弟が15歳で、弟は高校受験の真っ最中の時。
    私らは結構仲良くしとって、一緒に買い物なんかにも出歩くぐらいやった。

    ちょうど夏の暑い夜、お風呂から部屋に帰る途中、夜中になっても部屋の電気が点いとったんで、「がんばっとんな~!!」なんて言いながら弟の部屋に入ってみた。
    すると弟は、「お姉ちゃんこそ、こんな遅くまでなにしよん?」とか何気なく言い返しながら、机の引き出しになんか隠しよった。
    【続きを読む】

    このページのトップヘ