すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

カテゴリ: 身近な人との体験談

25歳女ですけど、先週ちょっと恥ずかしいことがありました。

先週、会社の飲み会がありました。
もともと私はお酒がそんなに強い方じゃなかったんですが、会社の飲み会だし、勧められると断れなくって…結構たくさん飲んでしまってたんです。 【続きを読む】

初めて、妹と2人だけでエッチした時の事です。
初体験をした3日後に2人だけでやりました。

その頃、父と母は、まだ僕たちにスワッピングしている事は隠していました。
その時も、「用事で今晩は帰れないから」と言って父と母が外出しました。
母は、「エッチするんだったら避妊しなさいよ」と言い残して行きました。
【続きを読む】

大学時代の話なんで、もう20年近く前の話なんですが・・。
高校時代からバンド組んでた仲間(Vo)の彼女なんですが、まあ、顔ごく普通だったんですけど、なんつーか、体つきってゆーかとにかく全体のフォルムがめちゃエロい子だったんですよ。

で、練習のときとかライブの時とかに会うじゃないですか。
【続きを読む】

中3の夏休み、塾の夏期講習にいつも通り朝から出掛けたんだけど、その日は風邪を引いて体調を崩して、昼過ぎで早退して家に帰った。
両親は共働きで朝から仕事だし、姉ちゃん(5歳上、大学2年)も兄ちゃん(3歳上、高3)もたぶん出掛けてて誰もいないと思って帰宅したら、2階から姉ちゃんの色っぽい声が聞こえた。
【続きを読む】

初体験、母とでした。ってゆうか、母にしてもらいました。去年の春休み、まだ高1のときです。
 父は単身赴任で、たまにしか帰ってこないし、家には母と二人。
 隣が母の実家で、じいちゃんばあちゃんがいたけど、夜になれば家に来ることなんかないし。
 母は毎日、お役所に勤めにいって、夕方6時ころには家に帰ってきて晩御飯の支度とか、風呂を沸かしたりしてくれていた。
【続きを読む】

ダメ元で娘の担任の女教師に、「T先生のこと抱きたい、ホテルに寄っていいですか?」と聞くと、意外にも「私も抱いて欲しい」との返事だった。

それから適当なホテルに入り、部屋に入ると抱き合い唇を重ねた。
ブラウスの上から胸を触ると意外に大きい。
【続きを読む】

嫁のミクと結婚して3年経ち、去年、子供も生まれた。仕事もますます順調で、幸せだなと日々思っている。最近は、マンションの杭の偽装問題なんかでさらに忙しくなり、帰りが夜中になることもあるが、嫁は文句も言わずによく尽くしてくれている。

ミクは、出産直前までナースの仕事を続けていて、出産を機に休業している。ミクは、子供のことも、家事のことも、完璧にこなしてくれていて、本当によく出来た嫁だと思う。
【続きを読む】

高校時代の同窓会で幹事をやらされた時の話。

卒業して5年目はじめての同窓会をやる事に…
全員に声をと思い…往復葉書で連絡をした。
でも予想通り…全員出席とは…ならず…

そんな中…当時クラスでも1.2のかわいさと人気を誇った、優香をまんま細くした優香似の優子ちゃんから封筒入りの手紙が届いた。
【続きを読む】

今年で22歳になる大学生です。
本当に恥ずかしい話なんですけど、ボクは昔からちょっとマザコンなところがあって、ついこの間も、ボクからお願いして母と一緒にお風呂に入ってもらいました。

すごく形のいいおっぱいをしていて、重そうな母の乳房が、この歳になっても、僕は大好きでならないんです。

長男のせいか、母はすごくボクのことを大事にしてくれて、中学を卒業するまで一緒にお風呂に入っていました。
【続きを読む】

オレの妹はあと数年で三十路を迎えようとしているのに、浮いた話もなくOLを続けている。

兄貴のオレが言うのもなんだが、妹は顔もスタイルも悪くない。
それに反してオレはと言うと、本当の兄妹かと思うほどビジュアル的に大きなハンデを負っており、小さいころは神様の理不尽さを恨み、妹が妬ましかった。
ただ、妹は性格的には大人しくて、どちらかと言うと、いや、率直なところ人付き合いが苦手な方だ。
子供の頃は二人でよく遊んだり話をしていたので、いつの間にそうなってしまったのかオレにはよく分からないが、中学から大学までエスカレータ式の女子校に通っていたせいか、男と話をするのが特に苦手なようだ。
【続きを読む】

祥子(母:40歳)と俺は近親相姦をしている。
事の始まりは3年前になる。

中学受験を控えた俺は、成績が思うように上がらず苛立っていた。
中学2年までは、学年でも上位にいた俺だったが、3年になると辺りが上がったと言うか、俺の成績も落ち込み始めていた。
親父は地元の進学校に進む事を期待し、それ以外は眼中に無いといった感じ。
【続きを読む】

このページのトップヘ