すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に人妻体験などの体験談を紹介します。本ブログはアフィリエイト広告を利用しています

カテゴリ: M男体験

自分は大手スーパーに勤務する34才独身男です

スーパーと言えば、やはり主婦のパートさん。

その中で吉岡さんと言う四十路熟女ながら、細身のスレンダーで背が165cm位でクールな顔立ちがたまらない。

俺より背が高く、ちょっと近づきづらいパート主婦だったが、クールビューティな美熟女で憧れていた。
【続きを読む】

寝取られ性癖……。初めてそれを知ったとき、本当に気持ち悪いと思った。
自分の彼女や奥さんを、他の男に抱かせる……。そしてそれを見て、性的興奮を覚えるなんて、あり得ないと思った。俺なら、怒りが先に出て、その男を殴ってしまうと思った。

俺は、寝取られるよりも寝取る側だな……そんな事を思う学生時代だった。実際、彼氏ありの女の子とセックスしてしまうこともあったし、人妻とも経験がある。パートナーがいる女性が、信じられないくらいに弾けてイキまくる姿を見て、ちょっとした女性不信になるほどだった。

そんな俺も、社会人になり、コイツとなら結婚も……と思える相手と巡り会った。彼女は穂乃果という名前で、歳は25歳だ。俺の一つ歳下で、俺の会社の取引先の経理の女の子だ。 

続きを読む 

私32歳、妻の麻衣は25歳、結婚して2年が経過した夫婦です。

私達夫婦は、妻の麻衣が虐める側(S女)で、私が虐められる側(M男)のSM夫婦ですが、麻衣は女王様ではありません。

麻衣は身長152cmと小柄で華奢なロリボディに、超ベビーフェイスで今でも制服を着たら女子高生に見えます。

私達が出会ったのは、私28歳、麻衣21歳のときで、麻衣は短大を卒業した社会人1年生でしたが、

あまりの可愛さに元々ロリコンだった私がもうアタックをして付き合いが始まりました。
【続きを読む】

相手神奈川♂27歳:173/53IT系写メ交換なしミスチルっぽい草食系らしい

前からロムっていたけどネタっぽい面接が大好物の私。
ネタさえ旨ければ、セックスなんかどうでもいいんじゃない←本音

ふと「此処ではどんな人が書いてるのかな?かな?」と興味が沸き眠れません。釣り、顔パスはしませんという親切設計に、とりあえず攻撃してみる。
【続きを読む】

幼少からMの気がある男です。

小学生の時に、川原でSM本を見つけて拍車がかかりました。

とくにぶたれることへの興味は大きく、中学になったころ英語の辞書で【スパンキング】という単語を知り
そこに「(罰として、子供の)尻を叩くこと」と書かれていました 【続きを読む】

私は、京子と言う28歳の女性が好きで、なんとか結婚を約束させ、式場まで予約しました。
私は京子との間が破談になる事を恐れ、慎重に付き合い、婚前交渉もありませんでした。

そして、結婚式の10日ぐらい前、いつものように京子と呑みにゆくと、京子から人に騙されて大きな借金を背負ってしまったと聞かされました。 【続きを読む】

俺は24歳のサラリーマン。
同僚の同い年の彼女もいる。
でもエッチは満足できない部分があった。
それは、俺がM的願望が強い上に、彼女も責められる方が好きなので、いつもM的欲求だけは満たされない。
そんな俺が東京へ研修に行ったときに見つけた風俗店。
名前は「秘◯倶楽部」という名前で、Mな俺としてはものすごく衝撃的だった。
ヘルスは男がイッたら、あとは時間までお話して終わるというパターンだが、そこは時間ギリギリまでイカせてくれないのだ。
【続きを読む】

初めてカキコさせてもらいます。

漏れの体験を報告します。
一年ぐらい前に某SMクラブ (性感でない)の個室でMプレイをした時の事です。

鞭、蝋燭、逆さづりでのエネマなど、 かなりハードなプレイだったのですがトイレ休憩(?)のあと、夜10時ごろ、後半戦の時に、女王様から「今日はもう後が入ってないけどゆっくり時間ある?」と聞かれ「はい!」と返事しました。
【続きを読む】

俺:当時19 172? 70?位 中肉中背 大学生の飲み屋バイト
彼女:当時3年生 155? 45?位 Fカップ以上? 顔はゆうきまおみとインリンと宮地真緒と伊藤裕子を足して4で割った感じ。

円光で変態チンピラだかヤ○ザに鍛えられたらしく、一人暮らしの我が家での初セクロスで
鞄から突然ペニバン出してきた。
【続きを読む】

私は都内の小さな輸入雑貨の卸業者の営業をしています。
30代になったばかりですが、まだ結婚はしていません。

先日、港区の倉庫に在庫調査に行った時、別の業者の女性と出会い、妙に気が合い意気投合しました。
近々お酒でも飲もうとの約束をして、携帯電話の番号を交換してその日は別れたのですが、次の日の朝、早速彼女から電話があったのです。

「あなたは気が弱そうだから、私から連絡しないと駄目かと思った」というのが彼女の第一声。
【続きを読む】

「ようやくこれを実行に移す時が来た。」
僕は手製のカギを握りしめて震えた。
インターネットで手に入れたカギの簡易複製キットで作成したカギ。
オリジナルのカギは全校集会で貧血で倒れたふりをして無人の職員室から10分だけ拝借。粘土で型を取った。

年上のお姉さんと付き合うのを夢見て、全寮制の中高一貫校に入った。
実際に待ってたのは、この背の低さと童顔からくるカワイイキャラの定着。

高等部や中等部3年の上級生、中2の同級生はもちろん下級生の女の子、果ては男にまで「かわいい」呼ばわりされる。
実際、学校のイベントのときにはアニメキャラの女の子のコスプレをすると、下手な女子より受ける始末。
【続きを読む】

このページのトップヘ