すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

カテゴリ: 混浴や温泉での体験

春先に連泊で温泉旅館に行きました。
和子とは久しぶりの旅行で夫婦水入らずに過ごす予定でした。
もちろん和子とのセックスが目的で、和子もそれを期待しているようです。
服装は胸元が強調されたワンピースで和子の豊満なおっぱいが溢れ出そうです。
【続きを読む】

僕は、ある飲食店で働いてて、バイトもパートも年齢はバラバラ。

でも、僕がよく話すのは、主婦の人とか同い年の子等とか、あと仲のいい男とか。

主婦の人と言っても、23~29まで。

全員、子供はいなくて、なによりも若く見えて、めちゃ美人ばっか!
【続きを読む】

会社の同僚の女子二人旅で栃木に温泉旅行に行きました。
一緒に行ったのがサキという同僚なんですけど、お互い20歳で話もよく合い、本当に仲がよく親友です。

泊まったホテルには家族風呂みたいなのがあって、二人でそこに入っていました。
三メートル四方くらいのお風呂で、まあまあの広さでした。
お風呂はとっても綺麗で、私たちはすごく幸せでした。
【続きを読む】

一度膨れ上がった性感と、見られてはいけない現場を見られそうになった動揺、そして、再び狭い場所で女の子と二人きりになれたヘンな期待感。

それら全てがミックスされて出た言葉は、「一緒に遊びませんか?」でした。
奈々恵さんは笑顔で、「だめじゃないですか、皆さん氷待ってますよ」と、ごもっとも。
【続きを読む】

あれは一昨年の会社主催の忘年会旅行での出来事です。
私の会社は、いわゆる金属加工品販売の中小企業で、毎年12月に泊まりで忘年会をします。
場所は会社から比較的近い鬼怒川温泉です。
旅行の参加者は総勢18名、内、男性社員16名、女性社員は2名で、二人ともオバちゃんです。
【続きを読む】

普段は常識人な私ですが、本当はすごく非常識な事やアブノーマルでマニアックな事をしたいと思うんです。
よく言う『変身願望』がすごく強いのだと思います。

ただ普段の私は、人から言われるようなおしとやかなタイプではなく、かなり行動的なタイプだと思います(あくまで、常識的に)。
家もある程度裕福でしたが、お嬢様といった感じでもありません。
【続きを読む】

山間の温泉地に会社の慰安旅行に行った時のことです。
アルコールが駄目な僕はコップ2杯のビールで早々にダウンして部屋に帰り横になって休んでたら、いつの間にか寝入ってしまい気が付いたら夜中でした。

体が寝汗で気持ち悪かったので風呂に入りに行ったら掃除中で仲居さんに入れないが、聞いたら別館の露天風呂は掃除が終わっているので入ってもいいとのことで別館に行こうとしたら、臨時職員の人妻美恵さん(31歳)と出会い、何してるのか聞かれ風呂に入りに別館に行くとこですと言ったら、私も寝付かれ無いから一緒に行こうかしらと笑いながら言うのでじゃあ先に行って待ってますと冗談で返し露天風呂に行きました。
【続きを読む】

テレビ番組のディレクターをやっている俺。
ローカル局の旅番組の取材での出来事です。

ローカル番組だと予算の都合上、ギャラの高いタレントさんは使えません。
たまに、“元ミス◯◯”みたいな下手なレポーターを使ったりするけど、その時も元ミス◯◯のKちゃんでした。
【続きを読む】

夏のお昼過ぎ、他に客もいない露天を独り占めしてのんびりしてたその時、バイクを止める音と若い女性らしい話し声が聞こえてきました。
もしや?と思って見ると、Tシャツにジーンズ姿の女の子が3人、料金支払所へ向かって行くのが見えました。
ああいう活動的な娘は混浴でも平気そう。
いや、しかし俺がいる事で入ってこないかも。
ここは一旦退却しようか。
しかし、後からもう一度戻ってくるのは、いかにも裸目当てという感じでむしろ印象が悪いかも・・・。
【続きを読む】

ヒマだから思い出して書くか。

バイク仲間だったNちゃんは、ちょっと小柄だけど誰もが「あの娘可愛いね」と口に出すような女の子。
クリクリとした大きな目と綺麗な黒髪が特徴的な子で、小さな身体でリッターバイクを手足のように扱ってた。
【続きを読む】

彼女のM子は、身長168cm、すらっとしていて美人顔です。
お尻が日本人離れしててボンッと張っているのです。

そんなM子と僕、M子の友人のEちゃん、その彼氏Tの4人で、温泉に行こうということになりました。
宿は予約したのですが、せっかくなのでチェックイン前に近くの共同浴場に行ってみることに。
そこは混浴でした。
M子もEちゃんもバスタオルを巻けばいっかと思っていたのですが、行ってみたら『バスタオル巻き禁止』の文字が。
【続きを読む】

初めて露天混浴風呂と言う所に行った時には、一体誰がこんな所に入るのだろうか?
とさえ思いました。
回りにも何も壁も塀も無く、川原の開けた所に岩風呂が三つほどあり、一応女性用には外から見えないように脱衣室があるけれど、そこから湯船まで10メーターもあるし
【続きを読む】

もう10年以上前かな・・・。
中3の修学旅行にて。
男子の2~3人が39℃の発熱。
女子の一人が腹痛(盲腸だった)というかなりの危機的状況で、最終日前の旅館は大騒ぎだった。
担任とクラスの仲いい子とかが看病したり病院について行ったり。
そんな中、『鬼軍曹』と言われていた恐怖の体育教師が一人、浮き足立つ僕等を抑えていた。
【続きを読む】

このページのトップヘ