すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

カテゴリ: 混浴や温泉での体験

私は女子高で30人くらいの吹奏楽部だったんですが、女の部活は何故かエッチな事思いつく子が多いんですよね。

部活の遠征で旅館に泊まったとき、そこの旅館には女湯の他に混浴があったんです。

若気の至りだったのか、いつも盛り上げ役的な3年生の先輩2人に誘われて、当時2年の私と1年の後輩も行く羽目になってしまいました。

私とその後輩は、今でいう新垣里沙ちゃんを劣化させた感じの童顔で、どっちかと言えば聞き役タイプでした。

バスタオルで隠していいと書いてあったんですが、先輩がまたHな提案を…
【続きを読む】

リコです。
30歳で独身、アパレルメーカーに勤めるOLです。
5年前、結婚を約束した彼に裏切られ、それがトラウマで、恋愛が上手くできなくなりました。
結婚適齢期も過ぎ、子供は欲しいと思う気持ちがありますが、恋愛が怖くて少し悩んでいます。
でも、仕事は、順調で時の流れに流されてしまってます。
【続きを読む】

テレビ番組のディレクターをやっている俺。
ローカル局の旅番組の取材での出来事です。

ローカル番組だと予算の都合上、ギャラの高いタレントさんは使えません。
たまに、“元ミス◯◯”みたいな下手なレポーターを使ったりするけど、その時も元ミス◯◯のKちゃんでした。
【続きを読む】

3年前の夏、出張でとある寂れた港町に行ったときの体験です
仕事柄深夜まで一人で仕事をしていた俺はその日泊まる場所を探してやっと見つけた古びた民宿に泊まることが出来ました。
時間は夜の0時近くだった為、食事は無理だったが、大浴場だけは本来0時で閉める所、食事が無い分俺だけ特別に入って構わないという事になりました。  【続きを読む】

膣の温もりが、亀頭を通じて感じられると、にわかに全身が熱くなり、つま先から頭の天辺まで、電撃的な快感が走り、小刻みな痙攣を数回繰り返しながら、私は射精した。 
母は、上体を少し反らせながら、”ああ・・・”と、小さな声を挙げた。 ペニスの痙攣が止むと、母は放出された精液をすべて吸い取るかのように膣を締め、ゆっくりと腰を上げて、結合を解いた。 【続きを読む】

2泊3日の温泉旅行。
夫が旅行券を当てた事から始まります。

夫が旅行券を当て、折角だからと温泉旅行に出かける事になりました。
子供5歳と一緒に温泉宿に着いたのは夕方4時を回っていたと思います。
この旅館に決めたのは、何でも混浴があると言う事で、夫の希望でここに決めたんです。 【続きを読む】

二日間メールをして、出会い系で会った男性(Aさん)と温泉へ行き、旅館に泊まった。

部屋は1つで、温泉に入った後に、部屋でお酒を飲みながら、海の幸を満喫。
ほろ酔い気分になった後、「寝る前に、もう一度お風呂に入ろう」ということになり、温泉に浸かって部屋に戻った。 【続きを読む】

嫁の実家、結婚前からやたらオープンというかフレンドリーだった。

付き合って初めて家に遊びに行ったら、初対面の嫁母が親しさ全開の笑顔で
「嫁ちゃんのカレシさん? 待ってたのよ~。うちでご飯食べてらっしゃい♪」。
嫁も「食べてってよ!」と言うし、断るのもアレなんで夕飯をご馳走になった。 【続きを読む】

これは、去年の夏のお話です。

専門学校2年生だった僕は、どうしても海外旅行がしたいので、夏休みを利用して8月の1ヶ月間だけバイトしようと決めました。
短期間なのでガードマンを思い付きましたが、近所の工務店を営むおじさんに紹介してもらい、会社へ話を聞きに行きました。 【続きを読む】

若い女の子に人気の趣味なんだが、オレは温泉が好きで、仕事が休みの休日に予定がないときは1人で日帰り温泉やらスーパー銭湯やら笑笑温泉SPAへと足を運ぶ。
その週は全く予定も無かったので、土曜日の朝から少し遠出して隣県の日帰り秘湯温泉の旅路に向かった。 【続きを読む】

奥飛騨温泉郷の中でも、最も奥まった高台にある古い宿。
民宿に毛が生えた程度のこじんまりとした、しかし落ち着いた風情のある宿だ。
年に1度、仕事にも家族にも縛られないバイクのひとり旅に持って来いの宿だ。
早朝からのツーリングの心地よい疲れで、温泉にも入らず、食事のあとすぐに寝入ってしまっていた。
気がついたのは既に0時すぎだが、露天風呂は24時間いつでも入れるとのこと。
【続きを読む】

このページのトップヘ