すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

カテゴリ: SM調教体験

さほど昔の話ではないが、恵子という彼女と付き合っていた。
付き合った期間は6年間で、彼女の処女をもらったのも俺である。

普通にデートして、もちろんセックスも自分の好みに仕上げていった。
他の男を知らないので、洗脳と言う訳ではないが、それに近い物はある。 【続きを読む】

今、40才で妻がいますが、子供はいません。
とりあえず、1流といわれる会社の商社マンです。

昨年9月に海外のメーカと商品の打ち合わせでLAに行った時のこと。いつものように飛行機はマイレージの都合上○Aを、ホテルは空港からCABで20分ぐらいのさほど遠くないビーチサイドのCホテルを予約します。 【続きを読む】

41歳のおばさんです。

結婚もしていて人妻なんですが、私は若い頃からその・・・SEXが大好きなんです。

主人と結婚し、人妻となってからは夫婦の営みも毎回激しくて燃え上がるようなHをしていました。

それでさらに、Hが好きになり・・

でも夫も中年になり老いると夫婦の営みを減って、セックスレスとまではいきませんが私にとっては絶対的に少ないんです。
【続きを読む】

まあ24日は昼過ぎから彼女と一緒にいたわけだ
そりゃもう普通の幸せなクリスマスイブを過ごしてたよ
で、晩ご飯はまずシャンメリーを開けてケンタッキーのチキンを食べたり彼女が作ってくれたビーフシチューを食べてたわけだ
【続きを読む】

つい数週間前、出張の際にデリヘル嬢とセックスをしました。
玩具や手枷、足枷、オナニー等が基本料金に含まれている、M系女性が揃う店を選択。

お目当ての娘を告げると
「写真よりちょっと太ってますけど、大丈夫ですか?」
との事。
【続きを読む】

仕事の打ち上げでのことだった。

前から気になっていたバイトのJD(22)に狙いを定め、その日墜とすことにした。堀北系の美人でスタイルも良い彼女は職場でも大人気で、飲み会ともなればみんな隣に座りたがる。

以前より会話はよくしていたので、同じ大学に彼氏がいることは分かっていた。その日、うまく隣席をキープした俺は彼氏の話をいろいろ聞き出した。

彼氏の不満を口にし始めたらチャンス。彼氏を否定しない範囲で彼女の疑い、不満を助長するように言葉で仕掛けていく。
【続きを読む】

五十歳近くになって、気づいたのは友達がいないことだった。
それは子供の時からそうだった。
先祖代々の土地持ちで、手広く事業をしていた父親は金融業も営んでいた。
子供の頃、父親の部屋からは女性のすすり泣きや喘ぎ声がよく聞こえてきた。 【続きを読む】

今はまあ普通になっちゃったけど、中~高校生の時の妹はメチャ可愛かった。
年は5歳離れていて、妹が小学生の時はまとわりつかれてもあまり相手をしなかったけど、中学の頃から可愛くなり始めたから俺が妹に話しかけたりちょっかいを出すようになったけど、今度は逆に妹が俺の相手をしてくれなくなった。  【続きを読む】

僕は旧家の末裔(という程、立派ではないが)で、やりたい放題だった20歳前後の話です。

僕の実家は古い織り物工場がある敷地にありました。
おじいちゃんの父親が経営していたのですが、明治から昭和に掛けて「織り子」さんを80人くらい使っていたこともあったようです。 【続きを読む】

大学時代に、とびっきりの巨乳女子大生を奴隷にしていた。

その女子大生の名前は優子というんだが、ずっと女子校だったらしく、すげえエロい身体してるのに男に無警戒。

俺たち2年生が主催した歓迎コンパに参加した時も、巨乳の谷間の見える服にミニスカートという格好。
【続きを読む】

このページのトップヘ