すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

カテゴリ: SM調教体験

あれは15年前の夏、俺が大学4年生の初秋。

バブルの余韻でまだ街が華やいでいる頃で、週末の東京の夜はタクシー待ちの人が溢れかえっていた。
卒業後の進路も決まり、友人2人と新宿に遊びに行き、朝まで飲もう~っと話してたが、酒が弱いはずがない俺は何故か呆気なく撃沈。
【続きを読む】

とあるSM掲示板でM女を募集したところ、49歳の人妻からメールがきた。年齢からさぞやベテランのMか、と思ったら未経験だという。

今まで浮気の経験もなく、真面目な主婦として生活してきたが、ネットを見ているうちにSMに惹かれるようになり思い切ってメールをくれたらしい。肉体的な快楽よりも、精神的に支配されたいという願望を切々と綴ってくる。
【続きを読む】

私32歳、妻の麻衣は25歳、結婚して2年が経過した夫婦です。

私達夫婦は、妻の麻衣が虐める側(S女)で、私が虐められる側(M男)のSM夫婦ですが、麻衣は女王様ではありません。

麻衣は身長152cmと小柄で華奢なロリボディに、超ベビーフェイスで今でも制服を着たら女子高生に見えます。

私達が出会ったのは、私28歳、麻衣21歳のときで、麻衣は短大を卒業した社会人1年生でしたが、

あまりの可愛さに元々ロリコンだった私がもうアタックをして付き合いが始まりました。
【続きを読む】

嵌りそうで怖い

20才になり初風俗を体験したいと思いネットで探してたら都内の某SMクラブに興味を持った。
元々M気質があったのでボンテージ等の衣装に興奮する訳よ

電話予約で済まして料金はMコース120分で38000円+指名料2000円+入会金2000円+ホテル代4500円の計46500円

学生の自分にとっては結構な出費だ。けど指名した女の子は店内ランキング2位の写真では24才身長155cmの可愛いロリ系の彩乃ちゃん。
【続きを読む】

取引先の年上の男性に、「今度、私のM女をご紹介しますよ」と言われた時には冗談だと思っていた。
ある日、打ち合わせの後の食事に行くと、上品で美しい女性が同席しており、奥さんかと思ったら、「私のM奴隷の麻衣です」と紹介された。

食事の後、ホテルの一室に三人だけになった途端、彼の態度が豹変した。

「さあ、麻衣、お客様にご挨拶するんだ」

いつもの彼とは違う威厳のある口調に、俺までドキッとしてしまった。
麻衣はゆっくりと服を脱ぎ始め、スタイルのいいしなやかな肢体と、それを拘束している赤いロープが現れた。
【続きを読む】

私立大学三年のゆかです。

私はSMクラブの女王様を演じるバイトをしていました。

そういう趣味嗜好はなく、あくまでも演じていただけですが、週2日、午後2時から午後11時までの時間帯が基本で、学業に支障が出たり用事がある場合は申し出れば、遅刻早退、出勤日変更など可能でしたし「女王様」ですので、攻められる方ではなく攻める方でしたので楽でした。

私は身長が164cmあり痩せ型で、髪は長くストレート、黒髪でした。

自分が貧乳で、そこがコンプレックスでした。
【続きを読む】

俺、現在三浪中。田舎から出てきて世田谷にある姉のマンションに居候している。 
ここから都心の予備校に通っているわけだ。 
姉の仕事はイベントコンパニオン。時には、レースクイーンにもなっている。 
姉は弟の俺から見てもかなりイケてる。バストはHカップ。形もよいし、何より張りがある。それよりも素敵なのはお尻から太ももへかけての豊満さだ。 
【続きを読む】

大学4年になる直前の春休み、私は40歳の男性に抱かれて初めて逝く事を教えられました。 
若い人のように激しく体を揺さぶるのではなく、私をじっくり味わうように抱かれました。それは段階的にゆっくりとやってきて、アソコの中が痺れるように感じて全身が融けていくようでした。このまま死ぬんじゃないかと思う感覚で、体の状態が把握できない宙に浮いたような感じでした。  【続きを読む】

大学時代に、とびっきりの巨乳女子大生を奴隷にしていた。

その女子大生の名前は優子というんだが、ずっと女子校だったらしく、すげえエロい身体してるのに男に無警戒。

俺たち2年生が主催した歓迎コンパに参加した時も、巨乳の谷間の見える服にミニスカートという格好。
【続きを読む】

昨年末、ふらりと立ち寄ったスナックで、 
「あなた・・・」 
「玲子か・・・」 
他にも客がいたので、声には出さず、目で交わした言葉だった。 
元妻との再会は20年ぶりだった。 
俺30歳、元妻玲子26歳、4年間の結婚生活を閉じた理由は俺にDVの容疑がかけられたからだった。 【続きを読む】

いつも行くパチンコ屋に『瀧澤 K美』という56才で小宮○子似の熟女がいる。

上から84・67・92の熟成に熟成を重ねて完熟した身体に脇毛と陰毛を生やしている。

全く処理をせず生やし始めたのは30代の半ばからだそうで、生やした理由は「変態でザーメンと小便が好きな変態女の証しに生やしている」と言っていた。 【続きを読む】

その日は土曜日で休みだった。
私は四谷の行きつけの店で散髪をし、山手線で渋谷へ眼鏡を取りに行くところだったのだが、電車の中で携帯が鳴る。

「伝言聞いたんですけど・・・」

忘れた頃のリアクションだ。
テレクラで2週間ほど前にオープンにレスをつけた人から電話が掛かってきたのだ。

プロフィールは、『29歳で、OL、都内に一人暮らし、彼氏はいない。セックス自体も相性によって、感じるときと、感じないときがある』などというメッセージ。
【続きを読む】

このページのトップヘ