すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

カテゴリ: 年下ロリとの体験談

朝の中央線の■■駅車内は混雑するというのは有名な話みたいですね。
当時のオレはそんなこと全く知らなくて、■■駅の隣の××駅で朝7時半に下車した。
目的は皮膚科。
季節の変わり目になると手の荒れがひどくなるんです。
手が常にヒリヒリしてて、仕事中も常にイライラする。 【続きを読む】

これは二十年ほど前の体験談です。

当時の私は全国各地を回る大型トラックの運転手をしていました。 
東北の田舎町で荷降ろしした後、国道沿いのコンビニに車を停めて仮眠していました。 
夜中に誰かがトラックのドアをとノックする音で目を覚ましました。 
ドアを開けると上下グレーのダボダボジャージを着た女の子が立っていました。 
何事か私が聞くと、「すいません、東京まで乗せていってもらえませんか?」と女の子は言ってきました。 
見た感じ十代前半の女の子、大きなバッグを持っているのを見て“家出少女”だと思いました。
【続きを読む】

先日、心臓カテーテル治療を受けたときの体験です。

土曜の夕方、急に心臓が締め付けられ、冷や汗が出るくらい苦しくなり、すぐに彼女の車で病院の救急窓口へ駆け込みました。
受付では氏名や住所など聞かれましたが、答えることも出来ないくらい苦しく、カウンターに寝そべってしまったので、そのまま中のベッドに寝かされました。
【続きを読む】

私は36歳になるサラリーマンです。妻と保育園に通う子供が1人います。

私と妻は共働きで仕事も忙しく、私の両親に子供の面倒を見てもらうことも多かったのですが、ようやく子供も2歳になり、保育園に通うようになりました。

両親も楽になったと思うのですが、私は仕事のストレスと妻が仕事に復帰してから忙しさが増し、妻との夜の営みも月に1回くらいになりました。 

【続きを読む】

俺は居酒屋の店長をしてます。
この前アルバイト募集で来た若い女の話です。

セリナって言う名前で、見た目が可愛いくておっぱいがでかいから採用したんだけど働き出したら最悪だった。
見た目がヤンキーっぽかったんだけど中身もヤンキーだった。
【続きを読む】

俺がまだ17歳のへたれヤンキーだった頃の話。
親友とまでは呼べないが、ちょくちょく遊んでる連れがいて、そいつの彼女がどっぷりレディースにハマってた。

ちなみに、俺(17歳)で一応フツメン、格好だけのへたれ。
連れはジュン(18歳)、まぁまぁ気合いの入ったヤンキーだけど族ではない。
【続きを読む】

何を見てもエロく感じるような中一の時、オレには特別な友達がいた。
名前は美咲、違う学区の同級生だった彼女はハッキリ言ってかなり可愛かった。
オレと美咲は塾で知り合った。

塾が終った後、一緒にコンビニでお喋りをしているうちに意気投合、話の内容はエロ話だった。
お互いにエロいコトには興味津々の年頃、二人はすぐにアブナイ関係になった。

オレの部屋は母屋から離れたプレハブ部屋、塾が休みの日、親に隠れてコッソリと美咲を部屋に呼んだ。
最初はお互いにエロ話から始まった、男女別に習う保健体育の内容もかなり違うことが判明。
【続きを読む】

絶対に他人には言えない秘密を暴露します。

4年前、俺は年上の女と結婚しました。
出会いは会社近くの定食屋。
バイトのくせにその店の看板娘みたいな人で、同僚たちも絶賛してた人でした。
年齢を聞くまで25歳ぐらいだと思ってたんだけど、実は34歳で俺より6つも年上。
ダメ元で名刺を渡したら連絡があって、何度か食事に行って告白。
会えば会うほど惚れちゃってた俺は、告白をした時、正直気絶するかと思った。
【続きを読む】

初めての書くんで不備があったらスマソ。

去年の5月の事。
大学1年生の後輩の女の子とカラオケでフェラしてもらった。 

彼女のことは「橋本」と苗字で呼んでいた。 
橋本は、ちょっとおとなしい感じの女の子だった。
いつも自信なさそうな表情をしていた。
背はそこそこ(160ちょっとくらい?)、色白で、スレンダーなスタイル。 
少し茶色のショートカットの髪型が似合っていてモデルっぽいっ子だなって最初は思った。
【続きを読む】

10年くらい前、某居酒屋でバイトしてた。
その時の後輩で、『やよちゃん(仮名、22歳)』って娘がいたのね。
とにかく大人しくて人見知りな娘で、こちらから話しかけない限りは全くしゃべらない。
返事も愛想笑いと「はい」とかくらい。
【続きを読む】

まだ10歳の児童の裕子の身体を舐め回すように見つめた。思春期が始まった胸元は膨らみかけた乳房が紺色制服を押し上げている。裕子が長い髪を時々上げると首筋が見え大人に負けないくらいの色気がある。 
 俺の腕くらいの小さい太股が開いたり閉じたりし、俺の肉棒は高ぶり我慢汁が滴る気配が下半身から脳裏に伝わる。
【続きを読む】

このページのトップヘ