すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

カテゴリ: 年下ロリとの体験談

10年くらい前、某居酒屋でバイトしてた。
その時の後輩で、『やよちゃん(仮名、22歳)』って娘がいたのね。
とにかく大人しくて人見知りな娘で、こちらから話しかけない限りは全くしゃべらない。
返事も愛想笑いと「はい」とかくらい。
【続きを読む】

何を見てもエロく感じるような中一の時、オレには特別な友達がいた。
名前は美咲、違う学区の同級生だった彼女はハッキリ言ってかなり可愛かった。
オレと美咲は塾で知り合った。

塾が終った後、一緒にコンビニでお喋りをしているうちに意気投合、話の内容はエロ話だった。
お互いにエロいコトには興味津々の年頃、二人はすぐにアブナイ関係になった。

オレの部屋は母屋から離れたプレハブ部屋、塾が休みの日、親に隠れてコッソリと美咲を部屋に呼んだ。
最初はお互いにエロ話から始まった、男女別に習う保健体育の内容もかなり違うことが判明。
【続きを読む】

俺には4つ年下の妹がいます。
兄の俺が言うのも変だけどわりと可愛い顔をしてて、俺とは対照的にモテるタイプ。
中学になってからギャルに変貌して、高校生の時は凄かったです。
連れてくる友達もみんなすげぇ~ギャルだし、やたら兄貴の俺に馴れ馴れしいし。 
【続きを読む】

私は今42歳で再婚して1年立ちました。妻も再婚で39歳です。

私は前妻とは、妻の浮気が原因で別れました。

新妻は御主人を交通事故で亡くされて、ショックから立ち直れないのを、色々とお話を聞いてあげて、いつの間にか恋人同士になっていました。
【続きを読む】

ポツッと尖った小さな乳首を中心に、胸全体がわずかに膨らみ始めていた。

縦筋のところでプックリ膨れた肉が合わさって切れ込んでいた。

両膝を持って左右に広げると、恥ずかしい縦筋が丸見えに開いた。

そこには桜色の柔肉がしっとりと見えていた。
【続きを読む】

自分は高校の教諭。女の子の方が伝統的に多い(偏差値は真ん中より少し下か)学校で、
中には美人も、カワイイ子もたくさんいる。
英語を教え、運動部の顧問をしているがどちらかと言うと「コワイ先生」してる。
 
クビになるのだけは勘弁なので、生徒に手を出すつもりはない。
いや、もう年齢が離れてきてしまったので、実際、生徒に対して性欲はない「つもり」だったかな。
【続きを読む】

俺が大学三年の時のエッチな体験談です。

学祭が終わって、サークルの皆と屋台の後片付けをしてる時だったかな。一段落して、みんなで休憩してたときに、きっかけは忘れたが、話題が夏のサークル合宿の話になった

メンバーは同学年の男3人と後輩男二人。女の後輩二人だったと思う。

男の一人が、合宿の時の風呂のはなしを始めた。

その中で、「風呂にはいるとき、タオルで女はカラダを隠すのか?」という話になった。
【続きを読む】

俺みんなからYって呼ばれてる。 
高校2年のクラス替えでM美と同じクラスになったんだ。 
M美は雑誌のグラビアに何度か水着で掲載されたことがあってうちの学校ではちょっとした有名人。
もちろんめちゃくちゃ可愛いよ、学校のやつらはみんな雑誌みながらぬいてたもんな。もちろん俺も毎晩のように抜いてた。
【続きを読む】

台風で雨が続き、なかなかバイクに乗れなかったですが、やっと週末晴れたこともあって泊まりでツーリングに行きました。なんとなく気分で下道だけを使って北上し、夕方になったタイミングで宿を探しました。

比較的安めのビジネスホテルっぽいホテルが近くにあり、そこを予約しました。最近は、宿を決めずにふらっとツーリングに出かけても、スマホで簡単に宿が探せるので便利になったと思います。

宿に到着すると、すぐに大浴場に行きました。すると、ビジネスホテルの大浴場とは思えないくらい大きな施設で、健康センターという名前までついていました。

【続きを読む】

俺が高2、妹が高1。同じ学校に通っていて、結構仲も良かった。
さすがにH関係の話はほとんど無かった(胸が大きくて困る程度はあった)けど、恋愛の話とかも結構してた。
今年の9月の事なんだけど、文化祭があった。ウチのクラスは演劇(オリジナル)を、妹のクラスはごく普通の喫茶店をやる事になっていたらしい。
【続きを読む】

パイパンのロリ系が大好きだ。
会う前に必ず、薄いか確認しているし、薄いっていう娘にも頼んで剃らせてもらっている。

パイパン娘は経験上、ほとんどがスケベで、楽しいエッチが出来ることが多い。
近年、出会い系で会う女達は、キスは駄目だの、している最中も早く終わらないか催促したり、終わったら途端に事務的に服を着て帰る支度始める始末。
【続きを読む】

このページのトップヘ