すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

    カテゴリ: 年下ロリとの体験談

    妻との馴れ初め話です。
    10年以上前、大学に進学して故郷のド田舎から上京しました。
    そして大学生活も終わり頃、就職を控えて久しぶりに故郷である寂れた村に帰郷した時のことです。

    その戻った先で久しぶりに再会したのが、当時中学2年生になっていた将来の嫁で、幼馴染の友子でした。

    【続きを読む】

    高校のとき、バレー部の部室に忍び込みました^?^もちろん女子の。
    中はすごくいい匂いがしたのを覚えてる。

    夜だったので明かりが分からず、ごそごそしてると、女子がなんと入ってきた!
    部活は終わったはずなのに・・・・「パチッ」明かりがついて入ってきたのはクラスの友達の女子だった・・・さすがに驚いていて、「なにしてるの!?」って言われた。
    【続きを読む】

    一見、裕福で幸せに見える家庭でも、内情は結構荒れていたりするもんなんだなぁと思うような出来事が過去にありました。

    学生時代に家庭教師のアルバイトをしてましたが、そこの家庭は俺が住んでいたアパートの大家さんでした。
    その家は元々その辺りの大地主だったようで、戦前はもっと土地があったらしいのですが、戦後残された土地にアパートとマンションを何棟か建てたそうです。

    先代から現在に代替わりした際に、税金の関係で何棟かは売ってしまったそうですが、それでも家賃収入だけで裕福な生活が出来るくらいになっているように思われました。
    【続きを読む】

    GW地元を離れ、散歩がてらにウロウロしていたら女の子の二人組みに道を聞かれた。
    二人とも白のミニスカにピンクのキャミ、上着はまあ違っていたが胸の谷間がちらっと見える、なんともソソル格好だ。
    聞かれた場所まで教えるにはチト距離があったので一緒に付いていく事に。
    道中話を聞くと18歳で最近仲良くなり、友情を深める旅行だそうだ。
    【続きを読む】

    筆おろししてもらった女の子に号泣された話をする。

    共に大学4年、同じゼミ。
    図書館で偶然あったのがコトの始まりである。
    相手のスペックは、眼鏡・胸は普通・非処女・優等生といった感じの家庭教師みたいな女。
    ゼミは同じだが、男は男、女は女で話すので関わりはあまり無かった。
    その中でも、積極的に皆に話題を振ってくれる子で、名前はとりあえず『恭子』にする。
    【続きを読む】

    姪の遥が専門学校に通う為に、田舎から出てきて僕のマンションに同居しています。岡本玲ちゃんに似てるかな。

    僕ら夫婦は36歳会社員、妻31歳看護師で結婚9年目で子供はいないです。
    最初の方は、娘が出来たみたいで楽しく過ごしていたんですが、やっぱり、女として見るようになってしまいました。

    少しずつ彼女に触れたいという思いが出てきて、何かと理由をつけては妻に気付かれないように身体にタッチしていました。

    例えば「スタイルいいなぁ」と言って背中や肩に触れたり、遥の方がじゃれてきた時には、抱き締めて首筋に口をつけたり、あと妻が夜勤で居ない時とか、遥は背が低いので(150位です)よく甘えるように僕の前に座って後ろから抱き締めるようにしてテレビ見てたりしてましたし、マッサージと言って脚を触ったり...でも当然それで我慢できるはずもなくなってきていました。
    【続きを読む】

    僕は専門学校を卒業してから、あるメイク事務所に就職しました。
    そこでの仕事は、テレビや映画、雑誌、ビデオなどに出る出演者のメイクを担当します。

    僕はこの仕事がとても好きです。
    もともと綺麗な顔の人をメイクで、さらに綺麗にすることが出来るからです。
    でも、おかしなメイクをしてしまうと、とても怒られるので、やや緊張します・・・。
    【続きを読む】

    前から職場で気になっていた女性がいました。 
    彼女のスペックは32才既婚165-45位。ウエストも細く胸はGカップ。 
    顔も可愛いです。 

    【透けるような肌】と言う表現がピッタリな位、白い肌をしていました。 
    仲間内では、その容姿からナインワンとか、色白なところで白いモビルスーツとか呼ばれてます。
    【続きを読む】

    これは二十年ほど前の体験談です。

    当時の私は全国各地を回る大型トラックの運転手をしていました。 
    東北の田舎町で荷降ろしした後、国道沿いのコンビニに車を停めて仮眠していました。 
    夜中に誰かがトラックのドアをとノックする音で目を覚ましました。 
    ドアを開けると上下グレーのダボダボジャージを着た女の子が立っていました。 
    何事か私が聞くと、「すいません、東京まで乗せていってもらえませんか?」と女の子は言ってきました。 
    見た感じ十代前半の女の子、大きなバッグを持っているのを見て“家出少女”だと思いました。
    【続きを読む】

    ウチは、一応東京都だけど、郊外で田舎だ。なので、家も結構デカい。毎年、年末年始に母親の妹家族が遊びに来るのが定番になっている。もともと、この家が母方の実家で、おばあちゃんと同居しているせいだ。
    叔母さん家族は、ウチと一緒で2人子供がいる。姉弟というパターンだ。ウチは、兄妹というパターンだ。昔からよく遊んだので、姉弟みたいに感じている。

    賑やかな食事が終わり、子供部屋に4人で移動してゲームをしたりして遊日始めた。叔母さん家族が遊びに来るときは、妹は僕の部屋で寝起きし、妹の部屋に従姉弟達が寝起きする感じになる。今は、少しだけ広い僕の部屋で遊んでいた。
    【続きを読む】

    私は中年の独身男ですが、若者が集まるクラブで見かける生意気そうなギャルに目がありません。

    しかし容姿はチビで年齢もいっている私のような男は、そうそう相手にされるわけもなく・・。

    そんな私に先日、女神が微笑みました。

    明け方ちかくのクラブ店内。
    【続きを読む】

    37歳男の私と18歳の女の子奈津美との初対面の夜の出来事です。
    一旦帰宅し、着替えとシャワーを済ませ、エッチの森の掲示板に書き込んだ後、再び奈津美と会った。奈津美は昼とは違いTシャツにジーンズ姿。ラフな姿がかわいい。

    夜遅いので、コンビニで買い物を済ませてから早速ホテルに入る。チョット奮発して露天風呂まで付いているかなり広い部屋に入った。(って言うかそこしか空いていなかっただけだが)
    【続きを読む】

    去年の忘年会で後輩女を持ち帰ったわ。
    ちょっと小さめの入社2年目の後輩、お酒が弱いのに、みんなに勧められて無理して飲んで泥酔、それでも二次会のカラオケもついてきたけど、ソファで爆睡、帰る方向が一緒ってことで、俺が連れて帰ることになった。
    【続きを読む】

    医大生になり、初めての健康診断で学校に行きました。
    10年以上前になりますが、初めて女子高の検診を依頼された時は、前日の夜は興奮して、ろくに眠れませんでした。
    白衣や聴診器を何度も確認したり、色々イメージトレーニングをしたり、先輩からの助言でサポーターパンツとおむつ替りのナプキンを当てて検診に出掛けました。
    【続きを読む】

    このページのトップヘ