すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

カテゴリ: 年下ロリとの体験談

僕が中学1年生、従姉妹M子が高校二年生でした。

夏休みや冬休みになると、泊りがけで遊びに行くのが習慣になっていて、その日も夏休みが始まってまもなく姉と二人で泊まりに行ったのです。

家に着いたのは確か昼過ぎでした。M子は部活で居ませんでした。しばらくは姉とM子の姉S子と三人でトランプやオセロをしていました。
【続きを読む】

俺は何度か経験済みなんだけど、処女は相手にしたことがなかった。
別にだからといって気にするわけでもなかったし、友達の話を聞いてる限り大変そうだったからまぁいいかなって思ってた。

そんな俺に年下の彼女ができた。
目がくりってしててかわいくて「妹」ってカンジの子。一見オドオドしててオクテそうなんだけど俺よりしっかりしている。エロい話にも冗談交じりで答えてくれる理想的な子だった。
【続きを読む】

俺は居酒屋の店長をしてます。
この前アルバイト募集で来た若い女の話です。

セリナって言う名前で、見た目が可愛いくておっぱいがでかいから採用したんだけど働き出したら最悪だった。
見た目がヤンキーっぽかったんだけど中身もヤンキーだった。
【続きを読む】

俺がまだ17歳のへたれヤンキーだった頃の話。
親友とまでは呼べないが、ちょくちょく遊んでる連れがいて、そいつの彼女がどっぷりレディースにハマってた。

ちなみに、俺(17歳)で一応フツメン、格好だけのへたれ。
連れはジュン(18歳)、まぁまぁ気合いの入ったヤンキーだけど族ではない。
【続きを読む】

中二の秋くらい、同級生とAV見たりいろいろした話。

学校の文化祭の企画で、土曜の昼過ぎに級長(女子)の家に、副級長の女子と自分(男子)に行った。
学校でやってもよかったんだけど、級長の親が法事か何かで土日いなかったから級長の家でやることになった。
校門で待ち合わせている時から、初めて同級生女子の家に入るのがすごくドキドキしてた。
【続きを読む】

ベッドの上に、黒髪の少女が四つん這いで自分でお尻を左右に広げ、アナルを剥き出しにしいてる。彼女は芽依、まだ2年生の女子校生だ。

私との出会いは、雨の日に傘を差しながら自転車に乗っていた彼女が、赤信号に気がつかず飛び出し、私の車の側面に激突したことがきっかけだった。自分が悪いと自覚していた彼女は、必死で私に謝ってきて、私はそれを巧みに利用して彼女を我が物にした。

彼女は、今時の女子校生という感じではなく、黒髪ノーメイク、真面目で地味な印象だった。そして、可愛らしさの欠片もない黒縁眼鏡をしていたので、余計に地味に見えていた。
【続きを読む】

ウチは、一応東京都だけど、郊外で田舎だ。なので、家も結構デカい。毎年、年末年始に母親の妹家族が遊びに来るのが定番になっている。もともと、この家が母方の実家で、おばあちゃんと同居しているせいだ。
叔母さん家族は、ウチと一緒で2人子供がいる。姉弟というパターンだ。ウチは、兄妹というパターンだ。昔からよく遊んだので、姉弟みたいに感じている。

賑やかな食事が終わり、子供部屋に4人で移動してゲームをしたりして遊日始めた。叔母さん家族が遊びに来るときは、妹は僕の部屋で寝起きし、妹の部屋に従姉弟達が寝起きする感じになる。今は、少しだけ広い僕の部屋で遊んでいた。
【続きを読む】

大学3年のときのサークル合宿の話。
出発前日の夜、暇な奴ら5、6人で酒や摘みなどを買ってきて、部室に置きに行ったんだ。
他のみんなは置いたらすぐに帰ったんだけど、俺は帰っても暇だし部室で漫画を読んでた。
5分ぐらいすると、帰ったと思ってた同学年の紗弥が突然戻ってきた。
【続きを読む】

もう5、6年前の話です。

当時、私は飲食店の店長をしていました。

その私が転職する事になり、お店の社員、アルバイトが送別会をしてくれました。

その時は、出席してくれた人と一通り連絡先等を交換して終わったのですが、後日、連絡先を交換した中で慶子というフェ◯スに通う女の子からメールが来ました。
【続きを読む】

俺はなみ達と遊ぶようになってから、なみに興味を持っていました。
「こんなな子がHしたらどんなになるのかな」って。

俺の彼女は結構大人っぽい感じで、Hしたら色っぽくなるなあって感じだったけど、童顔のなみからは色っぽくとかも想像できなかった。
【続きを読む】

自分の部屋でバトルロワイヤル系のオンラインゲームをしてたら、ノックもなしに妹が入ってきた。今はゲーム中だったから良かったけど、オナニーの最中だったら一大事だ。俺は高3で、妹は高1だ。ノックもなしに入ってくるような年頃の兄妹でもないと思う。
『ねぇ、聡一郎! ちょっと良い? 手伝って欲しいんだけど!』
妹の玲奈は、そう言うと強引に僕の手を握って引っ張り始める。
「ちょっ! 待った! あとラスト五人なんだよ! ちょっと待って!」
今日は、ゲーム開始直後にアサルトライフルやスナイパーライフルを拾えたこともあって、すでに5キルした上にまだ生き残ってる。最後まで行けるかと思って手に汗かいていたのに、玲奈はディスプレイの電源を切ってしまった。
【続きを読む】

このページのトップヘ