すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

    カテゴリ: 幼馴染みとの体験

    妻との馴れ初め話です。
    10年以上前、大学に進学して故郷のド田舎から上京しました。
    そして大学生活も終わり頃、就職を控えて久しぶりに故郷である寂れた村に帰郷した時のことです。

    その戻った先で久しぶりに再会したのが、当時中学2年生になっていた将来の嫁で、幼馴染の友子でした。

    【続きを読む】

    高校1年の時の話です。 
    当時、僕は幼なじみのレイコと半分付き合っている様な状態でした。 
    告白はしていなかったけど、しょっちゅうデートをしたり、お互いの部屋に行き来したり・・・。 
    少なくとも、僕は恋人だと思って接していたんです。 
    【続きを読む】

    よく飲みに行く女友達の『サユ』という女の子がいる。
    お互い彼氏彼女がいる時期でも2人きりで飲みに行くんだが、エッチな関係になった事はナッシング。
    でも、サユとは小、中と学校が一緒なのだが、ほとんど接点もなく、あまりしゃべった記憶もない。
    サユは学校では明るく活発な子であり、当時、可愛い系の美少女だった。
    【続きを読む】

    俺とトモコはいわゆる幼なじみという奴で、俺が小3の時に引っ越した先の隣の家に住んでいました。
    トモコの見た目は、広末をロングヘアーにした感じです。

    トモコの家は父子家庭で父親は郵便局員で時々帰りが遅いこともあり、その時はうちの親が家に呼んで一緒にご飯を食べたりすることもあり、逆に俺がトモコの家に行ってご飯をよばれたりすることもありました。
    【続きを読む】

    小4ぐらいの頃の話。
    近所の同級生(M子)と2人で、自宅からは少し離れたKさん(女)の家に遊びに行く事が多かった。
    Kさんは、理由はわからないけど母親がいなくて、おばあさんとお父さんと3人で住んでいました。
    年は私より3つ上の小学6年生。
    Mはモー娘の高橋愛に似てて、Kさんは大塚寧々に似ています。
    【続きを読む】

    俺の高3の時の青姦経験。
    しかも、脱ドーテイ(笑)

    俺にはさやかと健っていう幼馴染がいる。
    ちなみに俺の名前は高哉(仮名)。
    俺はガキの頃からさやかが好きで、以前ちょっとだけ付き合ったりもしたけど、なんかお互いに意識しすぎて1ヶ月でだめに。(初々しい中学時代)
    【続きを読む】

    隣の家には、幼稚園からずっと一緒だった幼馴染の佳帆がいた。
    佳帆は元SDN48の佐藤由加理に似た癒し系の顔で、細身だが胸も平均程度にはあり、男子からの人気もかなり高かった。
    俺の部屋の窓の1メートル向こう側に佳帆の部屋の窓があり、漫画やアニメでよくある窓越しで互いの部屋を行き来するという関係を、かれこれ10年以上続けていた。
    【続きを読む】

    25歳の社会人なんですが、昔からの銭湯好きな男です。
    最近の健康ランドとか色々な温泉施設があるのではなく、昔ながらの銭湯でお風呂に入るのが好きなんです。
    それで子供の時から通っていた実家の近くの銭湯でちょっとしたHな事件がありましたw

    そこは昔はオバチャンとオッチャンが番台をしてました。
    ちょっと事情がありまして実家に帰った時に久しぶりに行くと、俺が小学生1年の時に集団登校で一緒だった4歳上のお姉ちゃんが番台をしてました。
    【続きを読む】

    俺には妹、と言うか妹分がいる。
    家が2軒隣の向かいで、年が1つ違い。
    おまけにお互い1人っ子だったもんで、子供の頃から兄妹のように育った。
    (『妹分』と書くのがめんどいので以下、『妹』)

    小学校はもちろん、中学、高校の間も一緒に通学していた。
    俺は中学受験をして校区外の中高一貫校(男子校)に行ったが、そうしたら妹も中学受験をすると言い出し、相当な努力の末、最寄り駅が同じ女子校(地域トップの進学校。だが、近いためか部活や委員会で俺の通ってた学校と交流があった)に合格した。
    【続きを読む】

    5年ほど前の大学に入ってすぐの時、近所でよく行っている地方では有名な某ホームセンターから「ポイントカード会員様で500ポイント以上貯まっている方にクジを引いてもらい、豪華商品をプレゼントします」というハガキが来た。そのホームセンターは俺が高校生の時からたまに行っていて、大学入学時に必要なものを購入したりしたのでポイントが1,500ポイント(クジを3回引いたのでこれぐらい?)貯まっていたので学校が休みで暇な時にクジを引きに行った。 【続きを読む】

    俺とトモコはいわゆる幼馴染という奴で、俺が小3の時に引っ越した先の隣の家に住んでいました。

    トモコの見た目は、広末涼子をロングヘアーにした感じです。

    トモコの家は父子家庭で父親は郵便局員で時々帰りが遅いこともあり、その時はうちの親が家に呼んで一緒にご飯を食べたりすることがあったり、逆に俺がトモコの家に行ってご飯をよばれたりすることもありました。
    【続きを読む】

    このページのトップヘ