すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

カテゴリ: 処女との体験談

僕は人見知りっていうか、対人でちょっとおどおどしたところがあって、いじめとかはなかったのですが、親しい友人以外は話することもなくて、ごく限られたグループの中でだけ楽しい時間を過ごしていました。
見た目で暗い感じとかでは無かったので、大人しい奴くらいの印象だったと思います。
仲良しグループは僕以外に男子3人と、女子4人で、放課後の教室で話したり、休日に遊びに行ったりしてました。

夏休み前のある日の放課後、トイレに行こうとしたら、女子トイレにヤンキーの3年生3人と一緒に入る、仲間の一人のN子が見えました。
不思議な組み合わせだったので、ちょっと気にしつつも僕は男子トイレで用を足し、トイレから出たところで、N子の悲鳴のような声を聞いてしまいました。
【続きを読む】

おじさんですが、処女をいただいてきました。
正直『痛いんじゃないか?』『早く終ったほうがいいのかな?』なんて考えて気を使ってしまい、相当な奮闘でした。

あるサイトの投稿を読んで、9月くらいにメールくれたのは中国地方の女子大生19歳でした。
【続きを読む】

バーで既にフラフラしていた女を捕獲。
テキーラ追加で一気にお持ち帰り。

ソファー上でワインで止めを指す。美保は大学に入ったばかりらしい。
携帯の操作は盗み見ていたのでしっかりとマナーモードに。

脱がしにかかると抵抗してくる。俺にしっかりと抱きついてきた。
また寝静まったところでベッドに運ぶ。ベッド場で再びすやすや。 
【続きを読む】

接客業の俺がカウンターで短大生・高子(18歳)を受け持つ。
若い女性には特に親切丁寧な案内をしていた。

2度目の接客の時、高校の教師になっている俺の同級生が来店。
俺の昼食時間に合わせランチを食べる約束をしていた。
【続きを読む】

従妹の美由紀は俺より3歳年下。
家は近くでちょくちょく遊びに来ていたこともあって、兄妹のような存在だった。
俺は都内の大学に進学、家から通うよりもアパートを借りた方が安上がりな為、1人暮らしを始めた。
大学1年のゴールデンウィーク。
特に家に帰る必要もなく、まだキャンパス内での友人も少ない時期だ。
【続きを読む】

大学に入ってすぐ飲み会で知り合った女と軽いノリで付き合った。
名前は沙織で金髪ギャル。今時の感じだ。
付き合ってすぐ望って子を紹介された。
望は沙織と同じ女子校出身らしいが沙織と正反対で大人しそうなお嬢様な感じで正直かなり可愛い。 【続きを読む】

僕とマリーの出会いは小6の時。
クラスメイトは日本育ちとはいえ金髪巨乳の北欧美少女。
男友達は喜んだが、僕はそんな事には関係はなかった。

ひたすら勉強をしていたからだである。
我が家は下流で、しかも僕の成績は下から数えるとすぐであるから、成績が悪くても入れる私立校などにはいけない。
最終学歴が中卒なのは避けたく、猛勉強をしていた。
【続きを読む】

今年のお盆に嫁の実家に行った時のこと。

夜に俺と嫁と義理の妹(専門学校に入ったばかりで顔は普通だがスリム巨乳)の3人で離れになってる妹の部屋で飲んでた。

昼間嫁の両親やら親戚やらの挨拶なんかで疲れてた俺に、義理の妹が気をつかって肩なんか揉んでくれてた。

そうやって世間話してるとそのうち彼氏がいないとかの話になって下ネタを交えながら楽しく話してた。

すると何を思ったか嫁が妹に「あんた処女なんだから勉強のために見ておきなさい」なんて言って俺に襲い掛かってきた。
【続きを読む】

先日、新宿のラブホ街へ夜の10時頃行ってみました。

女子高生が10名ぐらい、セーラー服を着てブラブラしています。

その一人に話しかけました。

「俺と援交するかい。幾らならOKだろうか」と聞くと、物凄く可愛い子で「一応2時間大2枚でなら」と言うんです。 【続きを読む】

俺の6歳下の妹のロストバージンの話です。 
相手は兄貴の俺。妹とやってしまった兄貴です。つい2週間前の話。リアルに記憶に残ってる。全部覚えてる。 
処女膜突き破った感触も、妹が痛がって泣いたのも、出血してたのも。妹の中に中に射精した瞬間に妹が俺を見つめたのも。そのあと微笑んで俺に抱き着いたのも。 
【続きを読む】

デジカメが普及しだしたけれど、まだネットはISDNだった15~16年前、大学生活も後半の頃の話です。
卒業した先輩が、伝言Dでコネを持ってたJCやJKを引き継いでセフレにしていました。
本命の彼氏がいる子との浮気セックスや、その子を介して新しい生娘を紹介してもらって処女ゲットしたりとか、当時の破廉恥な行いを記録したPCカードとコンパクトフラッシュを実家の私の部屋から見つけて、懐かしく見返しました。  【続きを読む】

このページのトップヘ