すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

カテゴリ: 処女との体験談

おじさんですが、処女をいただいてきました。

正直『痛いんじゃないか?』『早く終ったほうがいいのかな?』なんて考えて気を使ってしまい、相当な奮闘でした。

あるサイトの投稿を読んで、9月くらいにメールくれたのは中国地方の女子大生19歳でした。

『相談に乗って欲しい』とのことで返事してみると『陥没乳首で悩んでいる、こんな体でエッチできるのか?』ということでした。
【続きを読む】

仕事の帰りに地元の駅に着き改札口を出ようとした時、
 20代前後の女の子とぶつかり転びそうになりかけました。
 「ごめんね、大丈夫ですか?」
 「あっ いいえ、こちらこそすいません。」とその場を離れました。
【続きを読む】

細かい内容は覚えていないけど、ヒロインがヒーローのライバルと結ばれてしまうRPGゲームをして、その時にやたらと興奮したのが僕の寝取られ性癖の始まりだったと思う。それ以来、ジャンルを問わず、寝取られものをおかずにしてきた。最近では、”NTR使える寝取られサイト”や”凄く抜ける寝取られ体験談や萌えた体験談”と言った、寝取られ体験談系のサイトをよく見るようになっていた。AVやエロマンガもよく見るし、寝取られ系のゲームもするが、テキストだけの方が想像が広がるからだ。

そんな僕にも、やっと恋人が出来た。大学3年になるまで、一度も女性と交際したことがなかった僕だけど、やっと出来た恋人のすずは、僕にはもったいないような可愛らしい女の子だった。
【続きを読む】

数年前、個別指導塾で講師をやっていた頃(大学3年、20歳)のことです。
当時、英語&数学を担当していた生徒の1人に、真帆(高1、16歳)という子がいました。

彼女は、安倍麻美に似た小柄・ロリ系(151cm、Cカップ程)でかわいく、天真爛漫な感じで好感を持っていました。 【続きを読む】

俺は29歳の中小企業に勤務するサラリーマン。 
うちの部署は全員で6名おり、俺と定年間近の課長を除く他の4人は全て女性だった。
そのうちの一人が寿退社で空席が出来てしまった。その為、他の部署から小林(仮名)さんという女性が穴埋めとしてやってきた。  【続きを読む】

しょうもないバカな父親です。
じつは娘(中1)の友達と関係をもってしまいました。
自分は別にロリコンじゃないつもりですが、娘の友達で家によく遊びに来るKちゃんが居て、娘と同じ年なのに背は高くて、やけに大人びて胸が大きく異様にフェロモン出してる子です。 【続きを読む】

中2の時、おれは学校にアイドルの盗撮写真とか載ってる某雑誌を学校にもってってまわりのやつにみせてた。そんでなんか隣の女子がその本みせてって言ってきた。なんかスピードが好きらしいので見たいらしかった。
「いいけどエロいよこれ?」
っていったけど、「いいからいいから」とか言われたんで見せた。
【続きを読む】

俺が小5の時に小1だったミイちゃんに告られたのは、俺が中3のバレンタインデーだった。ミイちゃんは小5だった。

子供だったミイちゃんも小5になると可愛い女の子、俺が高1になってから付き合い始めた。

高1と小6のカップルってちょっと珍しいけど、小6のミイちゃんに女を感じて抱きしめてキスしたのがゴールデンウィーク、そして初めてセックスしたのが夏休みだった。
【続きを読む】

妹、マジ可愛いっす。すげえ恥ずかしがり屋で、目をギュッてつむって頬を赤く染めながら
「あっあっ、お兄…ちゃ…やっ、んんっ…」
って可愛い声で喘いでいるのを見るともう…裸で抱き合うだけでハンパなく気持ちいいです。もちろん挿入も。今まで付き合ってきた女とは全然違う…背徳感とか気持ちの問題もあるだろうけど身体が合うって実感してます。 【続きを読む】

こんにちは。
僕は25歳で今春から大阪の某市立中学で新米教師をしています。
身長が181cmで体重が68kgの細身で、職場に若い先生が少ないのもあって生徒にコクられたりもします。

聖職者とあって教え子に手を出すのはタブーだと思うんですが、元々ロリ気味な僕にとって毎日女子中学生と関わりがあるってのはちぃとキツいです。 【続きを読む】

今月の始めの話です。

俺とツレ(A)と(B)の三人で居酒屋で飲んでた時、座敷のほうがすげー騒がしかったんだ。 何だろーと思ってたらどうやら、高校の卒コンだったらしくて、かなり盛り上がってた。

俺達は懐かしい思い出を肴に呑んでたわけさ。で、ふと見ると、なっ!なんと女子校ではないか!?俺達はもう気になって気になって思い出所じゃない!とりあえず、選別って事でよぉーく見渡すと皆さんかなり酔っている模様で可愛い子もチラホラいた。
【続きを読む】

このページのトップヘ