すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

カテゴリ: 人妻や主婦との体験

ナンパした女と飲んでるから来いよと友達に誘われ、そこで佳奈と出会った。
佳奈も女友達に誘われてやって来たみたい。

どう見ても友達がナンパした女よりも佳奈の方がずっと可愛かった。
20歳でちょいロリ系の可愛らしい顔立ち。白い肌でちょいムチの体に、見るからにデカい巨乳。
【続きを読む】

俺が住んでるのは北陸地方。
バツイチになって、アパートに越してきたのは4年前。
そんな俺が住んでるアパートに、比較的に若い夫婦と子供の3人家族が引っ越してきたのは2年半くらい前の冬。
その時は、エッチな事が出来る関係になるとは全く思ってもいなかった。
【続きを読む】

俺は大学1年生。
こないだの夏休みに、俺は実家に帰って免許をとりに教習所に行っていた 。

初めのころは、高校の同級生と久々に会って喜んでいたが、皆は俺より早く通ってるのでどんどん卒業していき、すぐに会えなくなって退屈な日々がつづいていた。
【続きを読む】

前回の話

息子と行ったスキーで泊まった旅館は、秘境の隠れ宿みたいな宿だった。そして、そこでは私の人生において経験もしたことのないような官能的な時間が待っていた。

私は今、10歳も年下の景子ちゃんに正常位で繋がりながら、旅館の若女将にアナルに指を差し込まれている。こんな風に、一晩にして3人の女性と関係を持つなんて、当然のことながら経験はない。
私は、すでにもう何度も射精をしているのに、若女将のアナル責めの影響もあるのか、ガチガチに勃起したままだ。

そして、景子ちゃんが驚くほど整った美しい顔で私のことを見つめてくる。私の人生では、今までほとんど経験がないことだが、私のことが好きだという思いがこもった目で私を見つめてくれる。

 続きを読む

いつも行くパチンコ屋に『瀧澤 K美』という56才で小宮○子似の熟女がいる。

上から84・67・92の熟成に熟成を重ねて完熟した身体に脇毛と陰毛を生やしている。

全く処理をせず生やし始めたのは30代の半ばからだそうで、生やした理由は「変態でザーメンと小便が好きな変態女の証しに生やしている」と言っていた。 【続きを読む】

GW中、家の手伝いで買い物に行ったら偶然帰省していた裏のY子と合った。
幼馴染みで仲良かったが嫁いで行った以来連絡も取らず実に八年振りの再会だった。
「久し振り~。帰ってきていたんだ。久し振りだし話さない?」
と茶店に誘った。 【続きを読む】

俺がバイトするカフェに、人妻の加奈さんが入って来た。
専業主婦だと暇だから、暇つぶしでバイトを始めたみたいだった。
たまたまイケメンに生まれてきた俺は、遊びまくっていたし、やりまくっていた。
だけど、そんな俺の身の回りにいるすぐやらせる女達とは、まったく違う加奈さんに強烈に惹かれていった。 【続きを読む】

つい今まで俺の下に居た亜弥が、肉体を震わせ快楽の余韻に浸っている。 
目を閉じ、襲ってくる絶頂の余韻に何度も何度も身体を痙攣させている。 
後半試合開始から、俺は日本代表の動きに一喜一憂しながら亜弥を責めていたからだ。
最後の20分くらいはずっと亜弥の中に居続けていた。 
亜弥を責めながらも、心は日本戦に向いている為中々俺がイかない為だ。 【続きを読む】

去年の秋の話。ある日、生保レディーをしている人妻Aさんから携帯に電話がかかってきました。

A「もしもし、今何してます?」
俺「出張帰りの電車の中」
A「帰ってきたら食事でもしない?」
俺「いいっすよ。」
俺「じゃぁ、○田○○百貨店の前に19:00で」
A「わかった。じゃぁ、またね」 【続きを読む】

数年前のことです。
仕事で損失を出してしまい本社勤務から子会社の下請工場に左遷されることになってしまいました。クビじゃないだけましかと思い、気を取り直して出勤しましたが、工場ですることといえば、朝一番に来てラインの電気を入れ、一番最後に電気を消して帰るという、小学生でもできるような仕事だけでした。 【続きを読む】

ひとみさんとの関係は、今でも続いています。
ですが関係を続けていくにあたり、ひとみさんから僕に出された条件が3つありました。
①.ひとみさんの母乳が出る間だけ。
②.SEXは絶対ダメで、射精する時は手コキだけ。
③.ひとみさんの前では、僕はひとみさんの赤ちゃんになること。 【続きを読む】

前回の話

母の弟家族との、毎年恒例の別荘での1週間。すっかりとオトナになった愛花ちゃんと、衝撃的な初体験をしてしまった。それだけではなく、愛花ちゃんのママの千里さんとも関係を持ってしまった。

いつまでもおばさんにならない森高千里そっくりな愛花ちゃんママとのセックスは、愛花ちゃんとのセックスとはまったく違い、異様にエロかった。
千里さんとする直前に愛花ちゃんに二度も射精していたのに、立て続けにまた二回射精してしまうほど、千里さんはエロかった。

叔父さんがすぐ横で寝ているベッドの上で、たっぷりと千里さんの中に注いでしまい、罪悪感と焦りでドキドキしている僕のおちんちんを握ると、千里さんは、
『まだ出来そうね♡ 次はバックでいいかしら?』
と言った。そして千里さんは四つん這いになる。背中をのけ反らせ、腰を突き出すようにするので、毛のないツルツルのロリマンが丸見えになっている。薄暗い中でも、そこからあふれ出る白いものがよくわかる。

続きを読む 

このページのトップヘ