すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

カテゴリ: 人妻や主婦との体験

俺、バイク用にガレージ借りてるんですよ。 
一階がガレージ、二階が借家。 
で、二階には夫婦と子供が一人住んでるんです。 
奥さんは30歳前後、芸能人に例えると「緒川たまき」っぽい感じで、結構タイプです。  【続きを読む】

もう5年程前の話をします。
当時私は学生でした。友人数人で海水浴に向かったんです。

田舎の品疎な浜辺は、隠れプライベートビーチと言った感じでしょうか。
とは言え、全く人が来ない訳ではありません。
いつも数人の人が泳ぎに来ます。
【続きを読む】

ネットで知り合った43歳の人妻。

正直、スタイルはいけているのだが、顔が好みではない。

しかし、知り合った当時、かなり飢えていた俺は、女のスタイルを堪能するかのように、スローセックスを実践してみた。

愛撫だけで約1時間半を掛けるのだが、面白いくらいに女が反応し、濃厚な愛撫だけで女は何度となく果てていく。
【続きを読む】

節分の日に主婦(Rさん)と大人のオフ会しよって約束して待ち合わせました。

Rは島に住んでいるとのことで島民にばれるのを恐れて私の住んでいる本土の方に高速船でやって来ました。

写メでは顔の確認は出来ていたのですが、写メより若くてエロい顔をしていました。
【続きを読む】

会社帰りにパチンコ屋に寄った時の話。
その日は結構順調でスロットで1箱位出していた。

その隣で40歳位の主婦っぽい女の人が結構ハマっていた。
「うわ~、この人いくら突っ込んでんだろ。」と思いながら見ていた。

すると「お兄さん、3000円貸してくれない?必ず返すから!」と突然話しかけてきた。
【続きを読む】

僕には28才の姉がいます。
親元を離れて姉と一緒に住んでいました。
そんな姉も念願の玉の輿結婚が決まり、いよいよ念願の一人暮らしができると喜んでいました。
姉が新婚旅行で海外に行ってしまったある土曜の夜、姉と幼馴染みのA子さん(28才、既婚)が訪ねてきてくれました。
姉が留守中の僕の世話を頼んで言ってくれたとのことでした。
A子さんの家は近所のマンションの最上階で実はA子さんと仲の良い姉が、ここに住む事を決めていたのです。
【続きを読む】

2ヶ月前、出会い系で人妻と知り合った。
23歳の泉美という女の子。

援交だったので会うまでは数回SEXしたら終わりにしようと思っていたが、会ってみたらかなり可愛く、あどけない女の子だったので今でも関係は続いてる。

顔に似合わず処女喪失~今に至る5年間で30人とやったらしい…
今はセフレは俺だけと言っているがどうか分からない。
【続きを読む】

毎年、家族4人で年末年始を長野のホテルですごしていて、今年も同じように過ごす予定だった。長野に嫁のおばあちゃんが住んでいることもあり、何となく恒例行事みたいになっていた。

ただ、今年はホテルを変えてみた。いつもは、駅に近い便利なリゾートホテルを利用していたけど、今回は軽井沢の駅からはちょっと遠い、秘境のリゾートみたいなところにした。
【続きを読む】

嫁の明美と結婚して10年経った。今日は結婚記念日で、なおかつ子供が体操教室のキャンプでいないということもあり、二人きりで久しぶりにまともなフレンチレストランでも行こうと計画していた。
でも、数日前に近所の中の良い夫婦に声をかけられて、一緒に食事をすることになった。その夫婦は、もともと息子の体操教室で知り合った夫婦で、私達と歳も同じで、住んでいる所もごく近所という事もあって、すぐに家族ぐるみでの付き合いが始まった。
【続きを読む】

A子さんは33歳。専業主婦で1児のママだ。
170センチ近い長身のスラリとした美人。明るく気さくな性格で友達も多い。

ただ、話し好きが高じ「お喋り」の域に入ってるのが玉にキズ。

噂話にも目がない。学校や職場にいたら「人間拡声器」と言われるタイプだ。
確かに話は面白いんだが、1の話を10どころか30くらいに膨らませるのが得意。
【続きを読む】

3つ上の同郷の先輩が同じ会社の同じ職場に転職してきたのは、4年くらい前。
うちの会社は基本的には24時間シフト制の会社。
先輩は昔から、どちらかと言うと、弄られキャラと言うか、いじめられるようなキャラの先輩。

そして、複雑な関係になってしまったのだが、俺が先輩にとって上司にあたる立場になってしまった。
【続きを読む】

去年兄貴の嫁さん(36才)が足の怪我で入院しました。
退院して来たと思った矢先、今度は転倒して腕を骨折してしまったんです。

入院は避けられたのですが、義姉は恥ずかしいと半泣きで、旦那(兄)は単身赴任なので介護を私の妻に頼んでいます。
風呂に入れないので身体を妻に拭いて貰う程度でした。
【続きを読む】

このページのトップヘ