すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

カテゴリ: 野外・露出プレイ体験

僕の彼女はかなりのSで、デートなどで夜の公園のベンチに座ろうものなら、

語る事もほとんどなしに僕の下半身をジーパンの上から撫で続け、勃たせて楽しんでいるような子です。

彼女(22歳)はロリ系のギャルで、スタイルがやたら良い子なんですが、性格さえもう少し普通だったら…と思う感じです。
【続きを読む】

田舎に住んでるんだけど、深夜にビールとツマミを切らしたのでコンビニに行った時、人通りのない川沿いの道を歩いていたら露出カップルに出会った。
男は服を着てるんだけど、女の方は全裸。

「うおっ!?」と声をあげ、思わず少し立ち止まってしまった。
【続きを読む】

妻は加奈子36歳、私は忍35歳、子供は二人でごく普通の家族である。
子供も大きくなり小学生の為、最近のセックスが夜ではなく、
朝方に行う事が多くなってきた。それは夜であると妻の喘ぎ声が睡眠の浅い子供達を起こしてしまうからである。
【続きを読む】

池袋での話です。
今から10年以上前、俺はテレクラや出会い喫茶にハマっていた。
やり過ぎてホテルで普通にエッチするのも飽きて、興奮もしなくなってきてたから、野外プレイに挑戦してみた。

で、出会い喫茶で交渉してみるが、野外と言うと警戒されて大体断られる。
少しハードルを下げて、「手コキかフェラだけ」って言うとやっと交渉成立。
【続きを読む】

結婚前、時々ビジネスホテルに泊まった時の事。長期出張などの男性が多く泊まっているところで、仕事とホテルの往復で欲求不満の人が多いと聞いていたから。チェックインするときは私もキャリアウーマンを装ってスーツ姿。でも、スカートは見えるか見えないかスレスレの超ミニ。

その中はノーブラ・ノーパンでガーターストッキングを着用。バッグの中にはセクシーなランジェリーにバイブにコンドーム。スーツ姿のビジネスマンがフロントに何人書いて視線は下半身へ。見られている?と思うだけでオマンコが熱くなってきちゃって。
【続きを読む】

俺42歳、妻39歳の夫婦です。
妻がウォーキングを始めると言い出しました。
事務職という仕事柄、一日中座っている事が多い様で、運動不足解消だそうです。

妻「ねぇ!パパも一緒に歩こうよ」

俺「え~俺も歩くの?」

妻「いいじゃない!一人だと淋しいし薄暗いくなると怖いんだもん」
【続きを読む】

私は都合のいい女で、週末なのに彼に誘われることもなければ、デートもしてもらえなかった。
ある日、「彼女にドタキャンされたから」と映画に誘われた。

すごく嬉しかった。
帰りにお酒飲んで彼の家に。
【続きを読む】

27歳、由紀です。
デパートへ行き、露出オナニーしました。
適当な洋服を手に取り試着室へ・・・。
もちろん試着なんてする気はありません。
その時、もう足は震えドキドキが止まりませんでした。

試着室に入るとコートを脱ぎ、スカート、パンスト、そしてパンティを脱ぎ捨てました。
【続きを読む】

時計の針は1時を回ろうとしていました。
予定の90分はとっくに過ぎています。

おじさんはゆっくりとした動作で、あたしの足を片方ずつ開かせて、その間に膝をつきました。
そして、おまんこにかけてあるタオルの上の端を指先で軽く押さえながら、更に半分に細くしたんです。
両サイドから僅かにヘアーがはみ出しています。
置き鏡を見ると、タオルとおまんこの隙間からピラピラが少し見えていました。
そして、おじさんはあたしの両足首を持って膝を曲げさせ、M字にしたんです。
【続きを読む】

おじさんはしばらく、あたしの▼部分を凝視していました。
それもそのはずです・・・、薄目を開けて見てみると、紐を解いたせいで張っていた布が弛み、シースルーの▼部分の上からヘアーがはみ出していたんです。
解かれた紐・・・、はみ出しているヘアー・・・、そして前からも確認できるくらい広がったいやらしいシミ・・・。
おじさんはそれを凝視してどう思ったのか・・・。
おじさんの目を見て察しがつきました。
【続きを読む】

両手を重ねて、その上に横向きで顔を置き、目を閉じました。
今からはもう、指示メールに書いてあった4つの言葉しか使えません。
あたしは覚悟を決めました。
おじさんはあたしの横に膝をつき、首から肩のラインを両手を使い揉み始めました。

(あれ・・・?普通はタオルか何かを当てて、その上から揉むんじゃなかったけ・・・)

おじさんは慣れた手つきで直に揉んでいました。
【続きを読む】

このページのトップヘ