すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

    カテゴリ: 野外・露出プレイ体験

    結婚前、時々ビジネスホテルに泊まった時の事。長期出張などの男性が多く泊まっているところで、仕事とホテルの往復で欲求不満の人が多いと聞いていたから。チェックインするときは私もキャリアウーマンを装ってスーツ姿。でも、スカートは見えるか見えないかスレスレの超ミニ。

    その中はノーブラ・ノーパンでガーターストッキングを着用。バッグの中にはセクシーなランジェリーにバイブにコンドーム。スーツ姿のビジネスマンがフロントに何人書いて視線は下半身へ。見られている?と思うだけでオマンコが熱くなってきちゃって。
    【続きを読む】

    会社が始まる前に倉庫でしました。
    その後、事務所で顔合わせるのがものすごく恥ずかしかった…。
    前日から彼と倉庫で待ち合わせをする約束をしていました。通勤電車の中でも
    「こんな朝早くに会社に行って、男とSEXする約束してるんだ私…」と
    思うとそれだけで恥ずかしくてひとり電車で真っ赤になってました。
    【続きを読む】

    ネットで知り合った、美樹と彼の最初のデートの時のことです・・・

    彼からの命令は

    『ショーツをつけないで待ち合わせの場所に来るように』ということでした

    ちゃんと洋服を着ているのに美樹のまんまんはづっと火照っていて、彼の顔を見たとたん抱きついてしまいました。
    【続きを読む】

    高校時代に水泳部に所属していた私は、毎年恒例の夏合宿に参加するため海近くの合宿所に3泊4日とまることになった。

    水泳部といっても男子4人、女子3人の小さな部だったけど。

    顧問の先生は夕方にみんなで食事をとると、買い物にでかけていった。
    【続きを読む】

    大学3年の頃に付き合ってた彼女(18歳、大1)と人気のない公園のベンチでいちゃついてた時のことです。

    金曜の夜、深夜1時過ぎ。
    学校帰りの彼女と待ち合わせて、映画&ボーリング&ご飯などしてたらすっかり遅くなってしまい、いつもの公園でいちゃつき始めた頃にはとうに人通りがなくなっていました。
    【続きを読む】

    夏になると、旦那の会社でテニス大会をするから私もペアで出場するようにと旦那が言い出しました。

    私はどうも話しが変だと思って、会社の同僚の奥さんに聞いてみると、旦那は同じ課の女子社員にペアを組もうと申し込んで、「奥さんとペアを組んで下さい」とやんわりと断られたそうでした。
    それであとに引けなくて私にペアを組もうと言い出したらしいのです。
    【続きを読む】

    池袋での話です。
    今から10年以上前、俺はテレクラや出会い喫茶にハマっていた。
    やり過ぎてホテルで普通にエッチするのも飽きて、興奮もしなくなってきてたから、野外プレイに挑戦してみた。

    で、出会い喫茶で交渉してみるが、野外と言うと警戒されて大体断られる。
    少しハードルを下げて、「手コキかフェラだけ」って言うとやっと交渉成立。
    【続きを読む】

    その日は金曜かなんかで、朝まで友達と飲んでたのよ。
    それで友達と別れて、帰りの電車を待つ為に駅のホームでフラフラになりながらボーッと電車を待っていた。
    電車を待ちながら、その日はせっかくの休日だったから、本当は散歩したりパチンコ行ったりしたかったんだけど、このまま行けば完全に二日酔だからダメだなとか思ってうんざりしてたんだ。
    【続きを読む】

    妻は加奈子36歳、私は忍35歳、子供は二人でごく普通の家族である。
    子供も大きくなり小学生の為、最近のセックスが夜ではなく、
    朝方に行う事が多くなってきた。それは夜であると妻の喘ぎ声が睡眠の浅い子供達を起こしてしまうからである。
    【続きを読む】

    小西真奈美似のデリヘル嬢と、カラオケボックスで見つかりそうになりながらも、しっかり中出しをした後日談です。

    あの後、彼女はグァムへ向けて飛び立ちましたが、帰ってきたらまた逢おうねと、電話番号とメールアドレスをゲットしました。
    【続きを読む】

    僕の彼女はかなりのSで、デートなどで夜の公園のベンチに座ろうものなら、

    語る事もほとんどなしに僕の下半身をジーパンの上から撫で続け、勃たせて楽しんでいるような子です。

    彼女(22歳)はロリ系のギャルで、スタイルがやたら良い子なんですが、性格さえもう少し普通だったら…と思う感じです。
    【続きを読む】

    このページのトップヘ