すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

カテゴリ: 年上女性との体験談

中・高・大と水泳ばかりやっていたが、大学2年の春にバイクで事故ってしまい、微妙に脚に障害が残ってしまい(といってもごくごく軽くひきずるくらいなんだけどね)筋力もなかなか戻らず、クラブもつまらなくなってやめてしまった。

部活の後輩だった彼女ともうまくいかなくなってしまい、下宿でゴロゴロしたり、ほとんど日雇いのバイトをしたりのグータラ生活になってしまった。

ただ、10年以上毎日アホみたいに泳いでいたので、体が動かしたくて仕方がなく、引越しのバイトや家電配送のバイトを狂ったようにしていた。

そんなある日、下宿の近くのゴルフの打ちっぱなし場に、「バイト募集」の紙が張ってあるのを見つけた。
【続きを読む】

今から20年ほど前の話です。
当時、僕(隼人)が大学2年生で20歳の時、同い年で同じ学部で仲良くなった彼女(美紀)と付き合っていました。
お互い話も合うし、趣味も一緒で仲良くしていました。
身体の相性も良く(とは言っても、お互いそれほど経験があったわけではないですが)、会うたびにエッチもしていました。
でも、密かに僕の中で気になっていたのが美紀の母親である美沙さん(当時43歳)でした。
【続きを読む】

僕は21歳の学生で、2歳年上の従姉がいます。

顔は超美人とは言えないものの、昔からテニスをやっていて、肩にかかるかどうかくらいの髪の、わり活発な明るいタイプでなかなか可愛い系の顔の、前から少しだけ気にはなっていた存在ではありました。

その従姉は、車で30分くらいのところに住んでいて、小さい頃から月に一度くらい、うちに遊びに来てました。 

そして、大人になった今でも、叔父・叔母と一緒に、たまに、本家である、うちにご飯を食べに来たりしていました。
【続きを読む】

僕の高校入学に合わせて引っ越しをしました。
うちは4人家族で、当時、父親52歳、母親48歳、兄23歳、僕15歳。
父親は家から通勤、兄も勤めていて通勤時間が掛かる為、社員寮に入って週末だけ家に帰る事になりました。
引っ越す前は自分の部屋が無かったのですが、新しい家では、自分の部屋が持てました。
建て売り住宅街で、周りは同じ様な家が建ち並んでいました。
僕の部屋は二階で、窓の外は2メートル離れた隣の家。
二階には小さな窓があるだけで、一階からはカーテンを開いても、部屋の中まで覗かれる心配もありません。
【続きを読む】

同居している義母とHな関係になりました。
私は28歳のサラリーマンです。妻は25歳で、社内恋愛で昨年の3月に結婚しました。
義母は47歳ですが、見た目は40くらいです。同居するまでは、義母は同じ市内の一戸建て、私たち夫婦はアパートに暮らしていました。
今年1月に義父が交通事故で亡くなったので、私たち夫婦が一戸建ての方に移ることになりました。 

義父は私にすごく親切にしてくれていたので、亡くなったのはすごくショックでしたが、初めて会ったときから憧れていた義母と同居することになり、嬉しくなりました。
【続きを読む】

俺は、28歳の会社員。先週の土曜日、俺は、会社の飲み会に行っていた。3次会で行っていた店で、偶然、妻の妹の美江子に会った。美江子は24歳。小柄だが、凄くスタイルがよく、かわいいタイプ。
美江子も今日は、会社の飲み会だったそうで、以前、妻と美江子の旦那と美江子と俺の4人で飲みに来たことのある店なので、なんとなく寄ってみたのだそうだ。
【続きを読む】

僕の住んでいた所の近くには温泉街があった。
そこのある旅館で、僕は高校時代アルバイトで働いていた。

そんなある日、そろそろ仕事を終えて帰ろうとしていた夜の九時頃、人気のなくなったロビーで、この旅館に宿泊していた若い女性に声を掛けられた。

目的も判らぬまま、僕はそのお姉さんに誘われ旅館の裏庭へと連れ込まれてしまった。
【続きを読む】

俺は奥手で初体験は大学3年の時、21才だった。相手は46才独身で、国家公務員のキャリアだった。

あるワークショップで出会い討議した。彼女は頭が切れてとても敵わなかった。

負けたくなくて、彼女の部屋にお邪魔して議論を重ねるうち、体も重ねるようになった。
【続きを読む】

隣の県まで隼に乗ってブラッとツーリングに出た。別に目的があったわけではない。
唯何となく。公園が目に付いたので、タバコ休憩をしようと思ってバイクを停めた。
ベンチに座りタバコを吸ってたら奥からライダーの格好をした女の子が歩いてきた。
そういえばSUZUKIのVoltyが停まってたな。
【続きを読む】

僕の名前はS。
高校を卒業して専門学校に通ってます。
高校時代に起きたエッチな出来事を少しだけ話そうと思います。

高校時代、僕は卓球部だった。
あまり強くはなかったけど、ほどほどに頑張っていたと思う。
卓球部にはT(仮名)という中学の頃から仲が良かった友達もいた。
【続きを読む】

僕の母とリカちゃんの母は仲良くて、僕とリカちゃんが同級生ということもあり
家族ぐるみで中学生のとき、よくお食事したり旅行で留守のときは気にかけたりしているくらい仲良くしてました。

ある日、リカちゃんの母から電話がかかってきました。
家には、僕1人だったので、電話に出ました。

『もしもし、ゴウくん?』
『はい、そうです。リカちゃんのお母さんですね。』
【続きを読む】

俺が高校2年生の時に新任教師としてやってきた国語の吉野先生(仮名)
バレーボールでインターハイに出たというスポーツ好きな、特別美人というわけじゃなかったけど素朴な感じの人でした。

年が5,6歳も上だし、そもそも先生なので付き合いたいとかいう感情は最初は無かったのね。
でも授業なんかで話してみると天然ボケで可愛らしいところが凄く魅力的で、初めての相手はこんな人だったらいいなってボーッと考えてました。 

で、そんなこと考え始めちゃうと毎日変なことばかり考えるようになって、授業中も透けブラとか下着のラインとかそんなのばかり見てました。
【続きを読む】

会社の上司なんだけど、国立卒で32才独身。気は強いがスタイル抜群の美人で仕事も出来る。仕事は建築不動産で俺とチームを組んでいる為、いろいろな場面に出くわしていたがその日は・・・。

とある開発の仕事で地方の物件を視察、上司はいつもスーツに膝上のスカート姿、坂道を登りながら後ろから付き添いスレンダーながらムチっとした尻を眺め朝から目が覚めた感じだった。

そしてその日は宿に泊る事になっており早めに宿につく。勿論部屋は別なんだが、夕食後に形ばかりの打ち合せをし後は風呂入ってマータリ。

小一時間しただろうか、上司から電話で酒を飲もうと誘われる、俺は付き合いも長いため何度か二人で酒を飲んだこともある。
【続きを読む】

数年前の話だが、俺が就職して2年目27歳、職場唯一の同僚は未亡人44歳、高校生の息子有りの熟女とお互いに快楽を貪るようにエッチした。

話の始まりは俺が仕事で大きなミスをして罰として、ある地方の出張所に飛ばされたことから始まります。当時俺には一つ下の子と大学時代から同棲していたが地方に飛ばされてからギクシャクして別れた。

凄くエロい例で例えるなら小池栄子だな。大学時代はH研究にはまっていた。そんな彼女にふられるわ、知らない土地にとばされるでかなり辛かった。
【続きを読む】

このページのトップヘ