すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

カテゴリ: 年上女性との体験談

564 名前: 563 投稿日: 03/09/03 23:23 ID:7tOla4e/

中2の時の担任が、当時のオイラにはもう!って感じの人だった 
席替えの時にちょっとでも側にいたくて一番前を選んだほどに好きだった。 
6月、クラス対抗の「大縄飛び大会」が開かれることとなり、放課後に練習することとなった。 
565 名前: 563 投稿日: 03/09/03 23:24 ID:7tOla4e/
【続きを読む】

会社の上司なんだけど、国立卒で32才独身。気は強いがスタイル抜群の美人で仕事も出来る。仕事は建築不動産で俺とチームを組んでいる為、いろいろな場面に出くわしていたがその日は・・・。

とある開発の仕事で地方の物件を視察、上司はいつもスーツに膝上のスカート姿、坂道を登りながら後ろから付き添いスレンダーながらムチっとした尻を眺め朝から目が覚めた感じだった。

そしてその日は宿に泊る事になっており早めに宿につく。勿論部屋は別なんだが、夕食後に形ばかりの打ち合せをし後は風呂入ってマータリ。

小一時間しただろうか、上司から電話で酒を飲もうと誘われる、俺は付き合いも長いため何度か二人で酒を飲んだこともある。
【続きを読む】

高校3年の時、推薦入試で先に進学先が決まった俺は気楽に、それでもちゃんと卒業まで学校へ通っていた。
卒業式の前、皆、受験でほとんど学校には来ていなくて、その日の教室は俺の他に同じく進学先が決まっていた4、5人だけだった。

副担任の玲子先生は大学を出て3年ほどの現国の先生で、「大学に入ったらどんなことをしたい?」などと気楽な話をしていた。
【続きを読む】

うちのおふくろが亡くなって、何かと世話をしてくれる近所のおばさんがいたんだ。
おばさんも未亡人で、娘がふたり。それも中学、高校のときの部活の先輩。
おふくろが亡くなったのが、オレが23のときで、
来年の就職を決めて間もないころだったし、
弟たちも数年もすれば社会に出る時期だった。
【続きを読む】

僕が過ちを犯した話です。

当時僕は大学生で21歳で二つ下の恭子という彼女がいました。

僕は恭子のことが大好きで、学校を卒業して仕事に就いたら結婚も考えてました。

夏休みを利用して旅行へ行こうということになり、海はよく一緒に行っていたので、今回は北陸へ観光へ行くことにしました。
【続きを読む】

昨夜、会社の飲み会で、最後30代前半の独身女性社員と方向が一緒なんで、タクシーで一緒に帰ることに。
そしたら途中で彼女、意識喪失状態。ちょっとやばいんで、彼女のマンションまで送っていった。
30代といってもスタイル抜群で若手男子社員の憧れのまと、みたいな人で、綺麗な人。
ドキドキしながら肩をかついで(おっぱいが当たってちょっと勃起)、6階の彼女の部屋へ。
ソファーへ寝かせて帰ろうと思ったら、彼女、フローリングへゲロー! 
【続きを読む】

中1の頃にオナニーを覚えたんだが、『やり過ぎると身長が伸びない』という間違った情報を耳にして不安になったので、夏休みに入ってからオナニーは我慢する事にした。

1週間くらい経った頃、都会の大学に行ってる近所のお姉さんが帰省してきた。
ウチの姉ちゃんと仲良しなので、昔からちょくちょく家に遊びに来る。
ついこないだまで田舎くさい地味な女子高生だったのに、下着みたいな薄着でヘソも脚も見せまくりだった。
【続きを読む】

「あ~、またやっちまった」
俺は何時も終わった後にそう思っている。

今はこんなことしている場合じゃないのに・・・。

一浪して今年こそはと思っているのだが、ベランダには叔母の下着が干され、叔母の目を盗んでは、そっとその下着で一物を包み日に3回のペースで自慰にふけっていた。
【続きを読む】

僕は勉強ばっかりしていて女の子と遊んだ事がありませんでした。結構名の知れた大学に進んだけれど、女の子とお友達にはなれても親密にはなれませんでした。早くセックスを体験したいと思いつつ、なかなか叶わず気付けば4年生になっていました。
長男の僕は、地元企業では一番有名な会社にUターン就職しました。  【続きを読む】

このページのトップヘ