すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

カテゴリ: OLや働く女性の告白

叔父さんの葬式で富山まで行き、お通夜の晩にそこのお寺の坊さんにナンパされて、性交の快感をたっぷりと味わいました。

彼の陰茎は弓削道鏡並みで、物凄いすりこぎみたいな男根でした。
弓削道鏡とは大阪の八尾市の生まれで、その時の女帝である孝兼天皇に取り入って、その馬並みの男根を使って誑かしたといわれていますが、いまだに真相は解らないとか。
【続きを読む】

これは、去年の12月、同じ大学の親友と2人で東京に遊びに行った時の話です。

その時、私はある地方の音楽大学の4年生でした。

宿泊は、共通の友達で、東京の大学に行ってる子のところへ泊めてもらうことにしていたんです。

東京についた日の夜、一緒に行った親友と二人で、繁華街を歩いていると、二人連れの男の子たちに声をかけられました。

二人共、東京の有名大学の4年生で、私たちと同い年でした。

一人の人が私の好みで、一目見た時から気に入りました。
【続きを読む】

アメリカ人のJとセフレになってから、初めてのクリスマス。
当時私は彼がいなかったので、特に予定もなく、Jからクリスマスに会わないかと誘われたのでOKしました。
恋人のためのクリスマスという概念は外国にはないのですが、長年日本に住んでいるからかその感覚がなんとなくわかっているようでした。
【続きを読む】

バイト(ちょっとやばい会社)してるとこの飲み会に参加。

社長がやたらとからんできた。
普段から嫌らしい事ばかり言ってくるけどお酒がはいるとさらにひどい。
耳元で「欲情する」とか「やりたいとか」言ってくるし。

ワンマンで仕事はできるけど、誰も逆らえない感じの人。
【続きを読む】

私は大企業に勤めるOLです。
毎年、女子社員の間で密かに男子社員人気投票を行っているのですが、その中で人気ランキング1位の平井先輩と奇跡的に付き合うようになりました。
俳優の坂口憲二に似ていて、とにかくかっこいいのです。
【続きを読む】

私が二十代の頃に働いていた会社に、違う部署でしたが、リストラ候補の窓際族のおじさん(苗字は確か藤井さん)がいました。
昔は仕事が出来て、部下にも優しくて、面白い上司だったと聞きましたが、今は見る影もありません。
奥さんとも離婚したみたいで、いつもヨレヨレのスーツで身だしなみにも気を遣ってない様子でした。
【続きを読む】

今年も彼氏は正月も仕事だったから、新年って気がしないさみしー正月だったよ。

でも、クリスマスはちょっと早めにできて、優しい彼氏からプレゼントとラブレターはしっかりもらったけどね。

仕事命な彼だけど、ごめんね、と言いながら、ちゃんと私に気遣いしてくれる。

大好き。

って、そっちじゃないや。

【続きを読む】

私は地方に住む普通のOL(24)です。
ここに貼付けるような話ではないのですが、忘れかけているこの話を誰かに読んでほしくて書きます。

文章の構成力が乏しくて読んでいる方には不快な思いをさせてしまうかもしれません。
その時はごめんなさい。あと前振り長くてごめんなさい。

これは高校生から社会人になるまでつきあっていた彼の話です。
高校に入ったばかりの時、新しく遠方から通っているという女の子と親しくなりました。
クラスの中でも目立って元気のいい子で、あっというまにみんなの人気者になっていました。
【続きを読む】

私の職場は残業が多く、最近はほぼ毎日のように終電ギリギリまで仕事をしていました。

その週は特にハードワークで、週末だった事もあって私の疲れはピークに達していました。

何とか仕事を終え終電に間に合ったものの寝過ごしてしまい、自宅の最寄り駅とは程遠い終点まで行ってしまいました。
【続きを読む】

出張で関空へ行く途中の、JRの中で痴漢に合いました。以前、地下鉄で押しつけ痴漢に合い、鉄道警察へ連れて行かれた経験があり・・やはり自分にも非があるような気分で・・最近はミニも履かずパンツのみの服装が多かったから。油断?してたのかな。 【続きを読む】

課の表彰祝いの飲み会の後、路菜と一緒に最寄りの駅まで歩きました。
途中のオープンテラスに、2年前に定年退職した課長の中川さんが座っていました。

私が2度の不妊治療で、時々会社を休んだり、長時間トイレに行っていたり、それに、2度の育休してお世話になった課長です。
【続きを読む】

25歳の独身女性です 
ずっと憧れていて、でも実際には怖くて出来なかった 
だから妄想の中だけで終わってしまうものだと私自身が思っていました 
でも一昨日の夜、はじめて体験してきました 
どこかに私の記録を残そうと思い投稿しました 【続きを読む】

このページのトップヘ