すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

カテゴリ: 年下や童貞との体験

私45歳の主婦です!実は去年の春頃息子の友達マル君(当時17歳)が遊びに来たんですけど息子は用事があって留守してたんです!マル君は帰ろうとしたんですけどせっかく遊びに来たのに返す訳いかないし二時間位で帰って来るからと引き留めて上がらせたんです。

リビングのソファに座らせてコーヒーと紅茶かジュースとどっちがいい?と聞いたら「あっ・はい・コーヒーをください!」と・・はにかんだように顔を赤らめて言うのです^^。それで私とマル君二人分のコーヒーとクッキーをおぼんに乗せてソファーに持って行きマル君の正面に座った時タイトスカートを穿いてたんですけど、下着が見えたみたいなんです!
【続きを読む】

数年前の話です。 
会社に4~5つほど年下の、私好みの男の子が入社してきました。
趣味の面で話が合う子だったので、どんどん親しくなりました。 

当時私には彼氏がいましたが、もともと一緒に遊ぶ友達は男の子が多かったので、 その子と遊ぶ事を咎められたりはしませんでした。 
【続きを読む】

私には、サイトで出会った5つ年下の『セックスフレンド』○○がいる。
彼氏は、その時々で変わるけれど、○○とはもう年7もセックスフレンドとしてずっと続いている。

お互い彼氏や彼女に夢中な時は、半年位い平気で連絡もしないけれど、何故か「逢いたい」タイミングが合うので今まで続いているみたい。普通は、月に2~3回あって彼の家でSexしている。
【続きを読む】

彼と最初に出会ったのは、3年前。家に遊びに来ていた高校生の頃。
息子の友達で少年そのもの。彼は、美容師になる夢を持っていて、その頃から息子の髪も切ってくれていました。 

息子は地方の大学に進学し、主人も3度目の単身赴任。月に2回程度しか戻ってこれない距離。 
【続きを読む】

中学のころ通っていた塾のアルバイトの先生は、近所のお姉さんだった。

ちなみに、塾に行く事になったのはそのお姉さんの親とうちの親が親しかった事と、お姉さんが某国立大に行くほどの優等生だったから。
近所のお姉さんと言っても、挨拶ぐらいしかしないからほとんど面識はなかったし、眼鏡がお堅い感じで少し怖く近寄りがたい感じがしていた。
【続きを読む】

私は25歳の女性で、アパレル関係のお店の店長をしています。

スタッフはほとんどが女性ですが、1人だけ男性を雇うようにしています。

接客は女性でやるので、男性は業者やチェーン店から届いた商品をお店に運んで並べたり、チェーン店に商品を届けたり、掃除など力仕事を中心としたどちらかと言うと雑用係です。
【続きを読む】

俺が中3の頃のエチーな話だがしてもいいか?
1月の終わり頃に1つ下の結構可愛い後輩から告られたわけだ。
その後輩は入学してから俺に一目惚れして、この2年間ずっと俺のことが好きだったらしい。
その証拠に彼女が入学して間もない頃に、俺と同じ部活の男の後輩が
「○○先輩のこと好きな子がいる」
と言って彼女がいるところに俺を呼んで彼女に挨拶をさせたからだ。
【続きを読む】

数年前の年末の事。
私は当時、あるスーパーのテナントの洋服屋さんに勤めてました。
普段テナント組は、スーパーの直営組の人とはあまり親しくなかったんです。
が、その年は直営組の主任さんが、「年末の閉店後、忘年会と親睦会を兼ねて合同で飲み会をやります」と企画。
【続きを読む】

地方都市でバレエ教室を開いている真理子と申します。生徒は10代から30代の女性が大半ですが、男性生徒も少数います。バレエのレッスン着は女子は黒いレオタードと白か薄いピンクのバレエタイツ、バレエシューズが主流ですが、男子は白いTシャツと黒いタイツ、バレエシューズが基本です。 【続きを読む】

主人の会社に入った19歳の子が両指と手首を骨折し、洗濯や食事の手伝いで1ヶ月ほどその子のアパートに行ってました。
両手が使えないのはかなり大変なようで、食事や掃除と洗濯もしました。
3日目くらいにお風呂にも入れないとのことで「身体を拭いてあげますね」と拭いてあげました。
【続きを読む】

今、23歳OLです。
去年大学を出て入社1年目のいわゆる新入社員です。

その日、私は会社が終わりヘトヘトになって満員電車に乗り込みました。
しばらくスマホを触っていると、触るか触らないかぐらいのサワサワした感じでお尻を触ってくる人がいて、初めてだったのでびっくりして言おうか言わないか迷ったんですが、恥ずかしくて言えず、その日はそのまま帰りました。
【続きを読む】

私は今まで肉体関係のあった人は、年上か同年代が圧倒的に多くて、年下だとしても精々一歳位で年下の感覚がない人ばかりでした。

その私が、唯一と言って良い程の年下の男の子にナンパされた話です。
結婚し、投稿カメラマンさんとの体験もした後での事で、久し振りに東京に出て町で買い物をしてた時です。 【続きを読む】

私はショウ君の反応を窺いつつ、最初は慎重に動作を行っていました。しかしショウ君の熱くて脈 
打つペニスの感触を中で感じながら、私はとても冷静さを終始保ち続ける事が出来なくなっていました。衝動に駆られるがまま、自然と私の腰の動きは激しくなっていました。 
「ああ・・・ショウ君、いい・・・!」 
 歓喜の声を上げ激しく腰を振る私に対し、ショウ君は完全に圧倒された様子で私達の結合部分に見開いた眼が釘付けとなっていました。 
【続きを読む】

このページのトップヘ