すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

カテゴリ: 年下や童貞との体験

私は高校で水泳部の顧問をしている女教師です。
年齢は33歳で結婚5年目になります。
まだ子供はいません。
夫は同じ学校の教師です。

私は若い頃からスポーツばかりしていて、周りの男の子も体育会系ばかりでした。
でも私はどちらかというと大人しい男の子が好きで、今の主人も文科系の人です。
【続きを読む】

数年前に知り合った2歳年下の男の子。
彼は一人暮らし。数ヶ月に一度遊びに行く位のつきあい。
でもあの日はなんだかいつもと違ってた。
二人で並んでソファにもたれてビデオを見てた。
二人とも夢中になって観ていたのだけれどふとした拍子に、彼の手が私の太ももに触れた。
「あ、ごめん…」と彼。
【続きを読む】

昔、勤務先の社員旅行であったエッチな体験談です。

その時に勤めていた会社は、社員数が300人位の会社でした。
男女の比率が6対4位で、男性の方が多いのですが、比較的女性も多い会社でした。
そんな会社なので、合コンと言う訳ではありませんが、週末には社内の違う部署の方と飲み会がある事がありました。

何回か飲み会を重ねていると、今年の新人の中に“童貞の巨根”がいるという噂を耳にしました。
私はそれを聞くと、ちょっとドキッとしてしまいました。
【続きを読む】

小学生の頃よく遊んだ空き地に隣り合わせて1軒の平屋かあった。

ボール遊びをしていると、ブロック塀を越えてその家に飛び込むことがしばしばあった。
その日もボールが飛び込んでしまい、取りに行った。

「すみません、ボール取らせてください」

いつもの様に声を掛け、木戸から入りボールを捜す。
【続きを読む】

そうね、今でも忘れられないわね。あの時のことは・・。町内のカラオケ教室の仲よしメンバーが集まって、五人で道後温泉に一泊旅行で行った時のことなんだけど。
五人とも四十代の後半で、矢沢さんは未亡人、池上さんは離婚シングルで、私と三木さんと横井さんは主婦って取り合わせ。言い出しっぺは池上さんと矢沢さんと言ったら、分かるでしょ。

そう、旅行といっても男をハントしてアバンチュールを楽しもうというつ、ちょっとあぶない旅行ってわけ。主婦連中も家庭というか、亭主にはいっばい不満があったし、それよりもやっばり五人とも五十を前にして、あせりみたいなものが心の底にはあったのね。
【続きを読む】

超田舎公立大学で四年間、アホみたいに陸上競技ばっかりやってたら、なぜか財閥系企業に就職。もちろん体力枠だけど田舎の家族は大喜び。回覧板に乗って村内放送くらいの大騒ぎ。陸上しか能のないスーパーバカの俺にとっても大満足。意気揚々と入社したら、始めの配属は本社から遠く離れた地方の支社。
【続きを読む】

彼女の名前は美香、27歳。

付き合って4年、4歳年下の彼女は僕にとっては可愛い恋人である。

中肉中背の彼女、美人かどうか微妙なところではあるが決してブスではなく、少し細身がかった身体にDカップの乳房はとても綺麗で僕を虜にしている。 【続きを読む】

大学に入った時、2歳年上の元家庭教師に筆下ろししてもらいました。
高校2年の冬から大学に合格するまで約1年面倒見てもらった人だけど、よく授業中に彼氏ののろけ話を聞いてたので特に興味は持っていなかった。
先生は小柄で子猫か子リス系のような感じで、俺と同じ歳や高校生と言っても絶対ばれない人w 【続きを読む】

あたしは22歳のOLです。
最近友達に借りたレディコミがきっかけで、レディコミにかなりハマってます。

今日、たまたま仕事が早く終わったので、お家に帰って久し振りにゆっくり時間を掛けてオナニーでもしようかな、と思って本屋に寄り道したの。
レディコミ立ち読みながら物色してたら、レジにいた学生っぽい男の子の店員さんがあたしをじろじろ見て来たの。
【続きを読む】

46才の兼業主婦です。
昨春、入社した高卒19才の男の子との事です。

私は今まで2~3回の浮気はありましたが全てが年上の方でした。
彼とは部署は違いますが机が近く何よりも入社当時より慕ってくれました。

私の一人息子は今は大学生で都会で一人暮らし。
彼も田舎の出で今は一人でアパートに住んでいます。

主人は仕事人間で帰りは遅くなる日が多く私は寂しさもあったかもしれません。
【続きを読む】

私は26才のOL兼主婦をやってます。
この間、引越しをしたんですが、前のマンションを出る前日に、ほとんど準備も終わったし、夫が出前を取ろうかって言い出したんです。
私も引越しの準備とかで疲れていたので、『いいねぇ、何食べようか』ってニコニコしながら聞き返しました。 【続きを読む】

このページのトップヘ