すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

カテゴリ: 出会い系ナンパ

英会話の営業のねーちゃんとはヤッたことあるなぁ。 
大してすごい話でもないが、需要あるでしょうか? 

去年の秋のことでした。 
大学の学際に行った時に、校門のところに黄色の服を着たネーチャンが数人たっておりまして、いきなり話しかけられました。
【続きを読む】

ボクも女性といいことがしてみたくて、出会い系サイトに「割り切った交際相手募集。特に人妻さん希望」みたいな書き込みをしたところ、数人の方から返事がきました。

その中から「31歳の人妻です。主人とは何年もなくて欲求不満で、もう限界です。年上ですけど、何回も出来る人ならお願いしたいです」という方と何度かメールのやり取りをしてから会うことになりました。
【続きを読む】

旦那に全然かまってもらえない!とグチっている32歳の人妻を捕獲!メールでも旦那のグチが多い。
でも初めに写メを見てタイプだったから我慢して面接を申し込むと、難なくOKとの事。

旦那は週に3日くらいしか帰ってこないから泊まりでもイイ、と言われても、俺は帰りたい・・・
都内の某駅前で待ち合わせ、相手は会社の同僚と飲んでて、その後に俺と合流する予定。
【続きを読む】

先月、出会い系で知り合った29歳の人妻と普通にメル友ということでスタート。
しばらくすると、向こうから写メ交換を希望。こっちの写メを見て気に入ってもらえたらしく、面接決定。

某駅で待ち合わせ。向こうから「着いたよ~」とメール。近所のパチ屋で待機していた俺は、速攻で向かう。
すると…写メより3割増位のカワイイ人が!しかもミニのタイト!おまけに脚キレー!!

もう、完全に「落とすモード」に突入。とりあえず、近所のちょとオサレな居酒屋へ。
【続きを読む】

私は処女を中2で喪失しました。
当時の彼氏とエッチをしまくり、クリが非常に敏感で、すぐお漏らしをしてしまう体になりました。
家で普通にエッチ・・・も好きですが、少しアブノーマルなエッチが好きです。
エッチが大好きで、彼氏がいなくてもセフレは絶え間なくいる私ですが、22歳の時に1度ネットで出会った人とエッチしました。

ある日、暇なのでチャットをしていると・・・。

私「こんにちは~22歳です(^-^)」
【続きを読む】

私は結婚3年目の31歳の主婦です。
主人とはセックスしたい時期が微妙にずれていて、中々気持ちいいセックスができずにいます。

そんな悩みや仕事の悩みを相談したくて、出会い系サイトで相談相手を探していました。
肉体関係を望んでいたわけでなく、本当に悩みの相談をしたかったのです。
【続きを読む】

ネットで知り合った43歳の人妻。

正直、スタイルはいけているのだが、顔が好みではない。

しかし、知り合った当時、かなり飢えていた俺は、女のスタイルを堪能するかのように、スローセックスを実践してみた。

愛撫だけで約1時間半を掛けるのだが、面白いくらいに女が反応し、濃厚な愛撫だけで女は何度となく果てていく。
【続きを読む】

とある機械を入れる必要があり、何社かの機械を展示してるとこに行った。
まず出てきたのは受付のおばちゃん。
そこで書類に記入。
で、待っていると20代半ばくらいの巨乳おねーちゃんが。
どうやら説明はインストラクターであるおねーちゃんが行うらしい。
【続きを読む】

Yは年末に出会い系であった4X才。

さすがに肌年齢は若くないが、デザイナーをやっているとかでスリムでスタイリッシュだ。

独身のせいか見た目、しぐさはかわいらしいので、まあこういうセフレもいいかと。

エッチは情熱的だが、今まで3回くらい会っているが基本的に生入れ外だし。
【続きを読む】

「一度だけおもちゃを使ってみたいんです」というステキな投稿を発見。それも既婚者。

暇と性欲を持て余した人妻とおもちゃを使った変態プレイ・・。想像しただけで鼻血が出そうです。なので「おもちゃ使うの大得意!」とメール。実際はおもちゃは勝手に動いてくれるから得意も不得意もないけど、返信ゲット!
【続きを読む】

俺は、地方都市の工場で働く22歳だ。
田舎なので、社員寮の周辺にはパチンコ屋ぐらいしかなく、普段の休みはゲーム三昧。
今日は(気分転換のつもりで)寮の最寄駅に車を停め、電車とバスを乗り継いで、
とあるショッピングセンターにあるシネマコンプレックスに映画を見に行くところだ。
【続きを読む】

冬休み、友人たちと信州にスキーに行きました。

まだ21歳の学生なので、お金もなく安いバスツアーです。

スキーは初めてでしたがなんとか滑れるようになり、同じバスツアーの女子大生グループと仲良くなることもできました(彼女たちが一つ年上)。
【続きを読む】

このページのトップヘ