すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

カテゴリ: 女学生との体験談

大学3年の夏に経験したトラウマ的な出来事です。

大学1年の時、バイト先(個別塾)で担当してた生徒(当時高1、16歳)にやたらアドレスを聞かれ、それから3ヶ月後には塾に内緒で付き合うようになってました。

都内三大バカ高(って自ら言ってました…)の生徒だった彼女は、ロリ顔で小柄(150弱)・細身体型の割に胸はそこそこあってC~Dありました。 【続きを読む】

GW地元を離れ、散歩がてらにウロウロしていたら女の子の二人組みに道を聞かれた。
二人とも白のミニスカにピンクのキャミ、上着はまあ違っていたが胸の谷間がちらっと見える、なんともソソル格好だ。
聞かれた場所まで教えるにはチト距離があったので一緒に付いていく事に。
道中話を聞くと18歳で最近仲良くなり、友情を深める旅行だそうだ。
【続きを読む】

前回の話

僕は、勃起しすぎて破裂しそうになっているペニスを、ズボンの上から掴んでしごき始めました。画面の中では、加奈子が歓喜の声をあげながら、手首と足首を連結された状態で四つん這いになっています。

『ご主人様、嬉しいです。やっと入れてもらえた』
加奈子は、あえぎ声をあげながら嬉しそうに言います。僕は、このとき電話を切って脳天気に翌日の加奈子とのセックスの事を考えていました。まさか、僕と通話中に生ペニスで貫かれているとは気がつかずに……。

【続きを読む】

高校の修学旅行の夜の話だ。
消灯後に窓から部屋を抜け出し、彼女のいる部屋へ。
廊下には、先生が見回りをしているので電気を消して、俺と女の子4人(彼女含む)はヒソヒソと、誰が誰に明日告白するとか、他愛のない話をウノをしながらずっとしていた。
【続きを読む】

高2のときの話。
吹奏楽部だった俺は、楽器庫の戸締り担当だった。
つまり、部員全員が楽器を片付け終わるまで俺は音楽室に残ってなければならなかった。
実際は遅くまで練習しているやつに鍵を託して帰っちゃったことはあるけど。
ある日、いつものようにみんなが楽器を片付けるのを待つ。
【続きを読む】

半年前のことですが、ずっとメル友だったエミと会うことになりました。

エミは、都内の女子○に通い、毎日部活に励んでいるちょっとエッチな女の 子です。

会う前に少し不安だったのは、エミに1年先輩の彼氏がいる事と、 ボク自信がオヤジなのでエミが引いちゃうかな?という事でした。

それをエミに告げると、

『じゃぁ、エッチなしでクンニだけして欲しいな。』 ということでした。
【続きを読む】

何年か前から、某音楽フェスで年越しするのが恒例になってるんだが、2年前のそのフェスで一人の女の子と仲良くなった。
その年は大学時代の友達と一緒に行ってたんだけど、年越しのタイミングで見たいアーティストがどうしてもお互い譲れずに、今回はばらばらに年越しすることになった。
【続きを読む】

この前、同じ学部のやつの誕生日会があって俺もそれに出ました。
メンバーは9人で、男4人、女5人だった。
そのメンバーの中で付き合っているやつがいて、男を『前田』、女を『ゆみか』としておきます。
誕生日会は近所の飲み屋であってそこそこ盛り上がりました。
【続きを読む】

若い性欲を、勃起を障子に突き刺す事で表現した芥川賞の話を聞いたことがある。

俺とAはそれをゲームにしていた。

5対5の飲み会を、マンションの1室にてセットする。

お酒を飲んで、エッチ話でも王様ゲームでもいいが、スケベOKなノリになってきたら…。
【続きを読む】

ゴールデンウィーク初日の午前9:30。
好天に恵まれた大型連休初日の強い陽射しが徹夜明けの私に容赦無く降り注いでいました。
前夜のテレクラのオールナイトコースが空振りに終わり、パチンコタワー開店まで空いたドトールで朝食&暇潰しを決め込むつもりだった私は、まだ人気もまばらな渋谷・道玄坂を上っていました。
【続きを読む】

今年の春の出来事を書きます。

俺(正和)、俺の彼女の恭子、俺と恭子の高校からの友達の夏美、俺の大学の友達の宏の4人で居酒屋に飲みに行ったときのことです。

(名前は全て仮名)

俺が夏美に宏を紹介してやろうということで4人で居酒屋で飲んでました。
【続きを読む】

元々化学部の部員がいなくて、中3の先輩と中1の俺と女の子の6人構成だったんだ。
2年生に上がると俺と彼女の2人だけになった。
仲がいいのもあって、放課後に化学実験室でお遊び実験したり、てきとうにだべったりしてたんだ。

ある日、化学実験室の器具を使ってご飯を作ろうって話になったんだ。
俺は包丁(と言っても家から持参したので小さいナイフ)で野菜を切っていた。 【続きを読む】

このページのトップヘ