すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

カテゴリ: 女学生との体験談

俺、高2になってもまだ童貞で、連れのH話に着いていけなく、心狭い思いをずっと持ってた。
決断させたのは、Tの言った「お前、童貞だろ」と馬鹿にした言葉。
悪気はないのだろうけど。

中3の時に告られた、一つ下の美奈って子と出来るだろうか?と1ヶ月くらい考えてた。
【続きを読む】

学生の時、ヲタ系サークルでいつもつるんでた女子がいた。
名前は『リク』ってしとく。

同じ地方の出身で、好きなアニメやら声優やらでも気が合って、サシで飲んだり、頼まれてリクの作った同人作業の手伝いをしたりもしてた。
【続きを読む】

俺は中学の時、剣道部に所属していた。
運動部のほとんどが男女別だったが、剣道部だけはなぜか男女一緒だった。
実力的は平均的には男子の方が上だったが、女子に一人強い子がいた。
その子は小さい頃からやってて、一学年上の先輩でも勝てる人は僅かだった。
【続きを読む】

オリンピックを観ていたら大学時代のことを思い出したので聞いて欲しい。
俺は自分で言うのも何だが女にモテていた。
俺はナンパをした事がなく、女の方から告られて付き合うパターンがほとんどだった。
男の場合は彼氏のいる女に手を出すことは少ないと思うが、女の場合は俺に彼女がいることを知っているのに告ってくるパターンが多く、彼女がいる時の方がモテていた。
【続きを読む】

僕(ショウ)と彼女(レナ)は高3の頃から付き合って、かれこれ3年が経つ。
お互いに会おうとすることも少なくなり、エッチもマンネリ気味。
そろそろ別れの時期が来てるかなと思ってました。

それを大学のサークルの先輩に飲みながら相談していると、「じゃー俺のセックスフレンドと一回エッチしてみる?」と言われました。
【続きを読む】

一昨年、33歳で結婚できました。

一生独身だと思っていた31歳の秋の土曜、爆走するトラックに煽られて自転車ごと車道に転倒しそうになった女子高校生をすんでのところで助けたのが縁でした。
子供の頃の吉木りさみたいな可愛い顔で、身長は150cm前半くらいに見えました。 【続きを読む】

俺が大学4年になったときの話。
当時2年付き合っていた彼女がいて、彼女も同じ大学の同じ学部でした。
4年の卒業研究をするのに講座を選ぶのですが、彼女は俺と同じがいいと言うので同じ講座を選択しました。
講座には院生が4人と学部生6人の計10人と言う構成です。
【続きを読む】

会社の社長の娘としてしまった話です。
社長の家に何度か行った時に仲良くなり、時々遊んであげたりするようになりました。
すっかり懐いてくれて、社長も娘のお守りや遊びには私を呼ぶようになりました。
ある日、社長の娘さん(香奈ちゃん)に呼び出され、買い物に付き合うことになりました。
【続きを読む】

俺は男子校に通っていて、そこは部活も必須な所だったんだけど、2年の夏に先輩と喧嘩になり帰宅部所属になった。
文化祭の時にはすでに帰宅部で、でも一応学校的には文化系の部に所属してる事になってるんで、外を出歩くことも出来ずに、余分な机とかが詰め込んである教室で、音楽聞きながらジャンプ読んでた。
【続きを読む】

俺は同学年の連中よりも体格がひと回りデカいし、声が低くて顔も優しくはないし厳つい。

入学して早々、先輩等に勝手にDQN扱いされた俺は使用禁止にされている空教室に連れていかれ、

「調子乗ってんじゃねぇぞお前」

と囲まれてどつき回された。 【続きを読む】

俺が大学生の時だったが、なぜか我が家に入り浸る2つ下の後輩がいた。

その子は俺と同じ学年の奴が好きで、俺がそいつと一番仲良かったので相談に来ていたのだった。

俺を男ではなく、良きお兄ちゃんとしか彼女は見ていなかったみたいだった。

だから俺のチンコの気も知らず、平気で泊まっていったりもしていた。
【続きを読む】

大学の頃、一人暮らしをしてる文化住宅に男友達とその彼女が予告もなくやってきた。
結構夜遅くておれは晩飯を済ませ、AVでも見て一発抜こうと思ってるときだったので、ビデオデッキにはレンタル店で借りてきたエロビデオが入った状態だった。

二人は既に酔っており、かなりハイな状態。
楽しそうにいちゃついておれは出す物出せずやや不機嫌な状態だった。
【続きを読む】

僕は大学の3年生で、医学部の臨床検査を専攻しています。

医者ではなく、いわゆる保健学科というやつです。

僕の学年は1学年40人で、男子8人、女子32人の学年でした。

3年生になると研究室配属というものがあります。

これは2人ペアになって研究室に配属されて半年間、その研究室で勉強するというものです。
【続きを読む】

このページのトップヘ