すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

カテゴリ: 女学生との体験談

これは俺が高校2年生だった時の話です
俺は好きな子(彼女ではない)Eと一緒に花火を見に行きました。
その帰り、田舎ですが、最近は変な人が多いので、
「家まで送って行くよ」と言い、Eの家まで送って行く事になりました。
Eはすっごい美人で、K川怜によく似ています。
【続きを読む】

大学の時なんだが、サークルの後輩の女の子1人と、俺ら3年3人で友人Aの家で飲み、ってシチュエーションがあった。 つか、本当は後輩の女の子2人の予定だったんだが、ブサイクな女の子の方が帰ったため途中からそういうシチュヘ。 ノリは良いけど「彼氏がいるから」って理由でデートとか誘っても絶対OKしてくれない子だったから、みんな諦めてたけど結構可愛いめ。 【続きを読む】

一昨年、33歳で結婚できました。

一生独身だと思っていた31歳の秋の土曜、爆走するトラックに煽られて自転車ごと車道に転倒しそうになった女子高校生をすんでのところで助けたのが縁でした。
子供の頃の吉木りさみたいな可愛い顔で、身長は150cm前半くらいに見えました。 【続きを読む】

これは二十年ほど前の体験談です。

当時の私は全国各地を回る大型トラックの運転手をしていました。 
東北の田舎町で荷降ろしした後、国道沿いのコンビニに車を停めて仮眠していました。 
夜中に誰かがトラックのドアをとノックする音で目を覚ましました。 
ドアを開けると上下グレーのダボダボジャージを着た女の子が立っていました。 
何事か私が聞くと、「すいません、東京まで乗せていってもらえませんか?」と女の子は言ってきました。 
見た感じ十代前半の女の子、大きなバッグを持っているのを見て“家出少女”だと思いました。
【続きを読む】

中学生の頃、僕は変態として学校では通っていた。
そんなある日僕は決心した。「盗撮するぞ」と。僕が通っていた学校ではプール用の
更衣室があって、そこで着替えるのが普通だった。
私学だったためカーテンで仕切られ個室になっていてシャワーが付いていた。
【続きを読む】

大学3年の夏に経験したトラウマ的な出来事です。

大学1年の時、バイト先(個別塾)で担当してた生徒(当時高1、16歳)にやたらアドレスを聞かれ、それから3ヶ月後には塾に内緒で付き合うようになってました。

都内三大バカ高(って自ら言ってました…)の生徒だった彼女は、ロリ顔で小柄(150弱)・細身体型の割に胸はそこそこあってC~Dありました。 【続きを読む】

これは大学時代の事。

俺は学業そっちのけでバイトをし、時間と金ができれば海外放浪をしていた。
ある秋休み、東欧への旅行を計画した。

ドイツから入り、オーストリア・チェコ・ハンガリー・ルーマニア・ポーランドを巡る計画だった。 【続きを読む】

何を見てもエロく感じるような中一の時、オレには特別な友達がいた。
名前は美咲、違う学区の同級生だった彼女はハッキリ言ってかなり可愛かった。
オレと美咲は塾で知り合った。

塾が終った後、一緒にコンビニでお喋りをしているうちに意気投合、話の内容はエロ話だった。
お互いにエロいコトには興味津々の年頃、二人はすぐにアブナイ関係になった。

オレの部屋は母屋から離れたプレハブ部屋、塾が休みの日、親に隠れてコッソリと美咲を部屋に呼んだ。
最初はお互いにエロ話から始まった、男女別に習う保健体育の内容もかなり違うことが判明。
【続きを読む】

絶対に他人には言えない秘密を暴露します。

4年前、俺は年上の女と結婚しました。
出会いは会社近くの定食屋。
バイトのくせにその店の看板娘みたいな人で、同僚たちも絶賛してた人でした。
年齢を聞くまで25歳ぐらいだと思ってたんだけど、実は34歳で俺より6つも年上。
ダメ元で名刺を渡したら連絡があって、何度か食事に行って告白。
会えば会うほど惚れちゃってた俺は、告白をした時、正直気絶するかと思った。
【続きを読む】

初めての書くんで不備があったらスマソ。

去年の5月の事。
大学1年生の後輩の女の子とカラオケでフェラしてもらった。 

彼女のことは「橋本」と苗字で呼んでいた。 
橋本は、ちょっとおとなしい感じの女の子だった。
いつも自信なさそうな表情をしていた。
背はそこそこ(160ちょっとくらい?)、色白で、スレンダーなスタイル。 
少し茶色のショートカットの髪型が似合っていてモデルっぽいっ子だなって最初は思った。
【続きを読む】

中3の夏休みのある日、俺は親友(卓也)の家に遊びに行った。
すると卓也の姉から、「家の用事で卓也は出かけてる」と言われた。
卓也の姉はナルミといい、大学1年で胸は大きく、可愛い感じの女性だ。
俺が帰ろうとしたらナルミさんが「そのうち帰ってくるから待ってたら?」と言って家に上げてくれた。
【続きを読む】

このページのトップヘ