すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に人妻体験などの体験談を紹介します。本ブログはアフィリエイト広告を利用しています

カテゴリ: 女学生との体験談

この前の週末、友達カップルとスワッピングみたいになった。友達カップルの男の方は、俺の高校からの友人で秀夫と言う。親友と呼べる仲だ。秀夫の彼女は麻美ちゃん。大学で秀夫と出会って付き合い始めた。

秀夫はそれほど男前ではないが、もの凄く気の良い男で、誰でも好感を持つタイプだ。ずっとラグビーをやっていたので、ガタイはとにかくいい。麻美ちゃんは、秀夫と並んでいると子供に見えるくらい小柄で、ロリキャラという感じだ。胸もぺったんこで、ツインテールがよく似合う感じだ。でも、見た目に反して、けっこう毒舌で下ネタ好きなのが面白いなと思う。

そして俺は、まったく特徴のない脇役タイプの男だ。中肉中背で、なんでもそれなりに器用にこなす方だ。
最後に、俺の彼女の志保は、肩までの黒髪がとても綺麗で、眼鏡がよく似合う真面目な雰囲気の女の子だ。でも、真面目な雰囲気に似つかわしくない巨乳で、エッチが大好きという、男の願望を具現化したようなキャラだ。 
【続きを読む】

何年か前から、某音楽フェスで年越しするのが恒例になってるんだが、2年前のそのフェスで一人の女の子と仲良くなった。
その年は大学時代の友達と一緒に行ってたんだけど、年越しのタイミングで見たいアーティストがどうしてもお互い譲れずに、今回はばらばらに年越しすることになった。
【続きを読む】

結婚する前の20代半ばの話です。
当時彼女と結婚が決まり、お互いの両親への挨拶や式場選び、結納の日取りなど慌ただしくも楽しい日々を過ごしていました。
そんなある日、俺達は二人を出会わせてくれた親友Tを当時同棲していたアパートへ招き、結婚の報告をしてささやかだがお礼を兼ねた飲み会を開きました。  【続きを読む】

俺の大学時代の話。バイト先の友人鈴木と俺は同じ年でもあり特に仲がよく、良くつるんで遊んでた。大学一年の正月明け、新しいバイトが入ってきて、それが女子○生4人組。美幸と純子、美奈、真紀だった(皆仮名) 全員1年生で俺たちとは3歳違いだがこの頃の3歳違い、それも大学生と高校生ではかなり大人と子供、という感じだった。
【続きを読む】

中二の秋くらい、同級生とAV見たりいろいろした話。

学校の文化祭の企画で、土曜の昼過ぎに級長(女子)の家に、副級長の女子と自分(男子)に行った。
学校でやってもよかったんだけど、級長の親が法事か何かで土日いなかったから級長の家でやることになった。
校門で待ち合わせている時から、初めて同級生女子の家に入るのがすごくドキドキしてた。
【続きを読む】

5月16日
今日いつもの電車のドアより一個後ろに乗り、ドアの近くに立ったら、端っこの席に有名お嬢様学校の子が座っていた。
大好物の学校だけど、他に立ってる子もいないのでそこに居ると2つ先の駅で同じ学校の子が乗ってきて、友達らしく立っている自分とそのシートの間のすき間にこっちにお尻を擦りながら入ってきて話し始めた。
髪を縦巻きロールみたいにしていて流行のな○○嬢そのもの。
【続きを読む】

俺が女子高生の集団に性奴隷にされていた話をする。

当時俺は小学5年。
いとこの姉ちゃんと、その友人達数名は高校の2年だった。

最初は姉ちゃんと風呂に入ってて、チンコにイタズラされたところから。
最初は俺がふざけてて姉ちゃんのおっぱいを触ったりしてた。

姉ちゃんは「チンコに毛も生えてない癖になにやってんだー」とか一緒にふざけてた。
【続きを読む】

2月、うちの高校は修学旅行だった。
4泊5日の京都-奈良-広島の定番コースだが、そのうちで1発は彼女とハメたいと思っていた。

しかし、去年の修学旅行で上の学年が大問題を起こしたため、先生の見回りが強化され、なかなかチャンスがなく、悶々と最終日を迎えてしまった。

これが最後のチャンスだと思い、俺は6人部屋ではあるのだが、部屋に彼女を呼んでSEXをすることにした。もちろん、部屋の友達に出て行けとは言えないので、公開FACKとなることは彼女には伝えてあった。
【続きを読む】

先日、新宿のラブホ街へ夜の10時頃行ってみました。

女子高生が10名ぐらい、セーラー服を着てブラブラしています。

その一人に話しかけました。

「俺と援交するかい。幾らならOKだろうか」と聞くと、物凄く可愛い子で「一応2時間大2枚でなら」と言うんです。 【続きを読む】

大学時代のこと。
地方都市の高校の同じクラスの俺ら10数名は、同じ大都市の大学や専門学校に進学した。

俺の部屋は繁華街に近かったからつるんで遊んだあと、帰れなくなったやつをよく泊めたが、すぐみんな泊まっていくようになり、俺が遊びに参加しない日も夜中に襲撃されて、夜は男女かまわず大勢で過ごすのが日常茶飯事となった。
【続きを読む】

このページのトップヘ