すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

カテゴリ: 女学生との体験談

小、中、高と同じクラスだったミキは凄かった。
小学校4年くらいから明らかに他の女子より膨らんでいるのがわかった。
俺は家が近かったのもあり、ミキと仲が良く、マラソンの時は一緒に走った。
横を見ると、この世の物とは思えないほどブルンブルン揺れているミキの胸
俺はずっと勃起しながらマラソンしてた。
【続きを読む】

当時僕は小作にある会社で設計の仕事をしていました。
小作は一応東京にも関わらず、駅周辺から少し歩くとすぐに田んぼだらけの田舎でした。
駅の周辺もそこまで発展しているわけではなく、
毎朝通勤時には決まったコンビニで飲み物等の買い物をしてから、
20分程歩いて工場へと通っていました。
【続きを読む】

僕が大学時代に住んでいたのは地方の政令指定都市。
写メがまだなかったころなので6年前くらいのことです。
当時僕は20歳で童貞だった。
出会い系で知り合った女子高校生と、しばらくはPCやスマホのメールで3ヶ月くらいやりとりをしていた。
【続きを読む】

北海道在住の自分は子供の頃、大の鉄道ファンで、幼少期にはよく鉄道見学をしたり、プラレールやスーパーレールなどの玩具で遊んだり、鉄道関連の書籍を読んだり、写真を撮影したりしていた。

特に幼稚園時代には近くの大工場の引き込み線の踏切で貨物列車の入れ換えに狂喜していて、踏切警手のおじさんたちの名物にもなっていた。
【続きを読む】

兄が地方の国立大に入学して、それまで受験勉強に使っていた部屋が空いたので僕が使うことになりました。
うちの親が所有している3階建ての雑居ビルの3階で、1階と2階は賃貸で倉庫のような使われ方をしていたと思います。
【続きを読む】

大学時代のこと。
地方都市の高校の同じクラスの俺ら10数名は、同じ大都市の大学や専門学校に進学した。

俺の部屋は繁華街に近かったからつるんで遊んだあと、帰れなくなったやつをよく泊めたが、すぐみんな泊まっていくようになり、俺が遊びに参加しない日も夜中に襲撃されて、夜は男女かまわず大勢で過ごすのが日常茶飯事となった。
【続きを読む】

もう5、6年前の話です。

当時、私は飲食店の店長をしていました。

その私が転職する事になり、お店の社員、アルバイトが送別会をしてくれました。

その時は、出席してくれた人と一通り連絡先等を交換して終わったのですが、後日、連絡先を交換した中で慶子というフェ◯スに通う女の子からメールが来ました。
【続きを読む】

俺はなみ達と遊ぶようになってから、なみに興味を持っていました。
「こんなな子がHしたらどんなになるのかな」って。

俺の彼女は結構大人っぽい感じで、Hしたら色っぽくなるなあって感じだったけど、童顔のなみからは色っぽくとかも想像できなかった。
【続きを読む】

あれは高三の夏休みが終わってすぐの出来事だった。

俺はなんと学級委員に選ばれてしまった。

ペアを組む英子は見るからに委員長タイプの子で、 真面目で物静かな子でした。

夏休みが終わったあとに改選された各委の人たちの名前を、 大判用紙に書いて掲示するのが、 最初の学級委員としての仕事だった 俺はサッカー部、英子は陸上部で部活をしていたので、 部活が終わったあとにその仕事をすることになった。
【続きを読む】

このページのトップヘ