すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

カテゴリ: 女学生との体験談

あまり大きな声では言えませんが、僕には露出性癖というか、少しアブノーマルな性癖があります。と言っても、ハードなことをするわけではなく、女子校の通学路の脇に車を止め、こっそりとズボンの中に手を突っ込んでオナニーをするという程度の話です。
人にバレたらヤバいなと思いながらも、どうしてもこのオナニーがやめられず、今日もいつもの場所で車を停めていました。すぐ横の歩道を、寒いのに生足を出しながら歩く女子校生達……。
その太ももを見ながらするオナニーは、野外というスリルもあってか快感が強いです。下手したら、女性とするセックスよりもよほど気持ち良いかもしれません。
【続きを読む】

プールの授業が終った後でした。
一緒によく悪さをしていた友人のSが、「いいもの見せてやるからちょっと来いよ」と言うので体育用具室へ行きました。

S「ビビるなよ」

そう言ってSがポケットから取り出したのは、ひと目ですぐに女子の物と分かる薄いピンクのパンティーでした。
【続きを読む】

先日、22歳の女の子ひとみに中出しをしました。

彼女はおっぱいがとても大きくて、色白の専門学校性。

生理の周期を聞いていたらちょうど危険日でした。

私もその前一週間ほどセックスはむろんオナニーもしていなくて、精液は溜まりまくり。

これはラッキー!中出ししまくるしかないと話を聞いているうちに、股間が膨らみました。
【続きを読む】

高1の頃、部内でグループから孤立気味だった女の子に優しく接して近づいて、童貞も貰って頂いて中出しもさせてもらえました。

その子の特徴としては、可愛い系の顔で目がパッチリしてて、全然ギャルではないんだけど元の肌が浅黒い上に巨乳、という女の子。
【続きを読む】

自分は音楽をやってて、先輩のバンドでベースが抜けて、ライブ1週間前に自分がサポートで入ることになった。

音楽的にはメロコアみたいな感じかなあ。

んで無事にライブも終了し、打ち上げで飲みに行くことに。
そん時、バンドメンバーの彼女やら友達やらが参加して、全員で20人以上集まってたのかなあ。

その中に21歳の女子大生、桜子が自分の隣に座った。
【続きを読む】

大学時代にバスケット愛好サークルに入っていた。
1年の時だが、試合で相手のファウルを喰らい転倒、腰を強打して痛めてしまった。
軽い捻挫のような症状で、3~4日安静にしてれば良くなるという事で、一人暮らしのアパートで静養する事に。

その時、マネージャーの3年生の先輩が付き添ってアパートまで来てくれた。
【続きを読む】

これは20年程前、私が高校生の頃昔話です。
私の通っていた学校はガラの悪さでは有名な私立の高校で、特に女子のガラの悪さは有名で、不良が多いため女番もおり、不良女子の一部はレディースに入っているのもいました。

当時は、女番(スケバン)ブーム真っ盛りで、女子のスカートは長く、特に不良達のスカート丈は足首までありました。

ある日、女番達に一人の男子が体育館にある用具室に連れて行かれました。それはM君という体の小さな気の弱いいじめられっこの典型のような男子で、いつも女番グループにいじめられていました。
【続きを読む】

隣の家には、幼稚園からずっと一緒だった幼馴染の佳帆がいた。
佳帆は元SDN48の佐藤由加理に似た癒し系の顔で、細身だが胸も平均程度にはあり、男子からの人気もかなり高かった。
俺の部屋の窓の1メートル向こう側に佳帆の部屋の窓があり、漫画やアニメでよくある窓越しで互いの部屋を行き来するという関係を、かれこれ10年以上続けていた。
【続きを読む】

家庭教師してた女の子(中学生)の話なんだが、許してくれい。
当時、俺は大学生。
この子は結構カワイイ子で、家に行って勉強教えながらも、発育途上のカラダが気になって仕方がなかった。
ある時、「先生の家に行ってみたい」と言うので、最初はあまり深く考えず、「よーし、おいで」って感じで呼んでみた。
【続きを読む】

ある日、急にバイト先の人間が3人も辞めてしまった。
そんな訳で、2週間連続でバイトに出る事になった。
最初は嫌だったが店長が頼み込んで来たので最終的には了承した。

もちろん、その月のバイト代は多かったが、その代わりエッチはずっとお預け。
その2週間はイライラとムラムラがやまなかった。
【続きを読む】

俺の高校時代、最も男子から人気のあった女子、堀さん。
毎日ブラウスが肌蹴てて、ブラが普通に見える。
スカートもかなり短くて、鏡の前に座って化粧してる時なんかパンツが丸見え。
だけど、そんなのお構いなしの女子だった。
見せたがりだったんだと思う。
【続きを読む】

このページのトップヘ