すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

カテゴリ: 近親体験談

僕の母さんは今年34歳になります。
1月16日が誕生日だったので、僕はプレゼントを買って帰りました。
親父が今は福岡にいるので、家には僕と妹の江美と母さんの3人だけです。

母さんはワインが好きなので、そんなに高くはないですが3千円のワインとケーキを買って帰りました。
高校に入るまではバイトできないので、じいちゃんに貰ったお年玉で買いました。
去年は親父がケーキを買って来たり、プレゼントをあげたりしてたので、今年は何も無いと思ってたらしくて、すげえ喜んでくれました。
【続きを読む】

物心ついた時には、両親は共働きで、私は6つ離れた兄の傍にいつもいました。

兄は頭も良くて、リーダー格で、運動神経も良くて、幼い頃の私にとっては物凄く自慢できる兄でした。

小学校4年生の時に初潮が来てしまった時も、たまたま遊びに来ていた、当時の兄の彼女と助けてくれたりもしました。

そんな兄が時折人が変わったようになるのは、私が小学校5年の夏休みの時でした。
【続きを読む】

従姉妹のヒロコちゃんは、僕より4歳年上で、お正月になると我が家にやってきた。ヒロコちゃんは、5人兄弟の長女で、4人の弟たちがいた。幼い頃は4人の弟たちが良い遊び相手で、女の子の遊びししか知らないヒロコちゃんはつまらないなと思っていた。だが、僕が小学校5年の頃から事情が変わってきた。 【続きを読む】

俺は、28歳の会社員。先週の土曜日、俺は、会社の飲み会に行っていた。3次会で行っていた店で、偶然、妻の妹の美江子に会った。美江子は24歳。小柄だが、凄くスタイルがよく、かわいいタイプ。
美江子も今日は、会社の飲み会だったそうで、以前、妻と美江子の旦那と美江子と俺の4人で飲みに来たことのある店なので、なんとなく寄ってみたのだそうだ。
【続きを読む】

同居している義母とHな関係になりました。
私は28歳のサラリーマンです。妻は25歳で、社内恋愛で昨年の3月に結婚しました。
義母は47歳ですが、見た目は40くらいです。同居するまでは、義母は同じ市内の一戸建て、私たち夫婦はアパートに暮らしていました。
今年1月に義父が交通事故で亡くなったので、私たち夫婦が一戸建ての方に移ることになりました。 

義父は私にすごく親切にしてくれていたので、亡くなったのはすごくショックでしたが、初めて会ったときから憧れていた義母と同居することになり、嬉しくなりました。
【続きを読む】

私が20歳、弟が15歳で、弟は高校受験の真っ最中の時。
私らは結構仲良くしとって、一緒に買い物なんかにも出歩くぐらいやった。

ちょうど夏の暑い夜、お風呂から部屋に帰る途中、夜中になっても部屋の電気が点いとったんで、「がんばっとんな~!!」なんて言いながら弟の部屋に入ってみた。
すると弟は、「お姉ちゃんこそ、こんな遅くまでなにしよん?」とか何気なく言い返しながら、机の引き出しになんか隠しよった。
【続きを読む】

俺は中1まで平気で姉貴と一緒にお風呂に入っていた。
姉貴は4つ上の女子高生(2年)だった。
その頃から、姉貴はおっぱいがでっかくなってきて、あそこには毛が生えていた。
もちろん俺には生えていなくて、皮も剥けてなかった。
でも勃起はしてた。
ちょっと性に目覚めてきた頃だった。
【続きを読む】

息子が社会人として生活が始まりました。
私もやっと静かな生活を送れるのかなと思いながらパートを続けていました。
夜中に帰ってきたり、酔ってきたりと一人前の大人になったのかなと感じながら食事の準備をしたり、早く結婚して欲しいと願う日が続きました。
珍しく仕事から早く帰ってきて部屋に閉じこもっている息子に晩ご飯の支度ができたので部屋に呼びに行きました。
【続きを読む】

めずらしく憂鬱そうな顔をした妹が、リビングでぼーっと天井を見ていた。 
妹は19歳、介護系の専門学校に今年から通い始めている。 
どちらかいえば、考えるより行動が先の妹が、考え込んでいるなんてかなり奇妙だ。 
「どうかした?」後ろから、ちょっと声をかけてみる。 
「あっ、兄ちゃん・・・・。」 妹は困ったなぁ、って顔をしていたけど、悲しげとかじゃない表情…。 
どうやら失恋したとか、そんな風ではない。 
安心して、相談に乗ってあげられそうだ。 
妹はちょっと一息あけて、こう言った。 
【続きを読む】

今、隣室で母が犯されています。
必死な母の声が聞こえてきますが俺にはどうする事も出来ません。

その原因は俺にあるのです。
悪い友人からの借金が返せなくなり、その代償と言うか・・利子代わりに母を提供する事に・・。
事情を知ったとは言え母が納得した訳じゃないのですが、この部屋に聞える母とあの男のやり取りから母の姿が想像できます。
【続きを読む】

このページのトップヘ