すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

カテゴリ: 主婦や人妻の告白

「じゃあ、先に入らさせてもらうよ」
夫はそう言って、浴室に向かいました。長風呂の夫は、私の後でお風呂に入ることが多いのですが、今日は疲れているそうで、早く寝たいと言って先に入ることになりました。

私は、キッチンで夕食の後片付けをしています。すると、後ろから息子のユウキが私に抱きついてきました。
「母さん、いまのうちだよ。声出しちゃダメだからね」
ユウキは、荒い呼吸をしながら私の部屋着のショートパンツに手をかけて引きずり降ろそうとします。
【続きを読む】

頼子が久しぶりに深酒した。午後六時に始まった小学校の同窓会が二次会に流れ、三次会に付き合ったところまでは憶えている。でも、その後、どうやって家までたどり着いたのか殆ど憶えていなかった。それでも酒には強い方なので足取りはしっかりしている。
【続きを読む】

私は34歳の人妻で、ファミレスでバイトしています。子供が幼稚園に行っている間だけなので、主にランチタイムだけ働いています。駅からも住宅エリアからも近いそのお店は、規模も大きくてランチタイムはかなり忙しいです。

学生の頃にもファミレスでバイトしていたので、それなりに仕事は出来るつもりですが、若い子との体力の違いを感じるこの頃です。そして私には、夫には言えない秘密があります。それは、同じバイトの大学生の男の子と、不倫をしていることです。
【続きを読む】

高三の夏休み。親がいない日が一日あって、夜に一人で出かけたら、初めてナンパされた。断ったけど茶店でジュースだけ、って事で飲んだけど、暇だったから歩きながら話した。ホテル街の横の公園でキスされて(処女だったし彼氏いた事なかったから、ディープなキスにビックリした)ホテルへ。初めてだって話したら、キスと愛撫にたっぷり時間かけてくれて、体の力が抜けてきた。 【続きを読む】

財布を落してしまい、どうしても支払いに必要だった為、出会い系で助けを求めました。 知り合ったのは同じ30代の独身男。彼は私の必要なだけ支払うから、アナルプレイを希望しました。

昔、付き合った人とアナルの経験がありましたが、もう何年もしてなくて怖かったです。
【続きを読む】

始まりは、ほんのちょっとの勘違いからだった…「家庭を壊さない程度の付き合い」その言葉の意味を、お互いが取り違えた。職場の忘年会で二次会のカラオケが終わり、そろそろお開きか?そんな空気が流れていた。飲み散らかしたグラスを集めたり、本を揃えたりと、カラオケルームの片付けをしていた私は、いつの間にか置いてきぼりをくっていた。

気が付くと、コートを着かけている彼と二人きり…。
ちょっぴりどぎまぎして、そそくさとその場を去ろうとした。リモコンを手に持ち視線を落として、さりげなく彼のわきを通り過ぎる…はずだった。足元の視界に前から誰かの足が近づいてきた。そう認識した瞬間、私の唇がすくい上げられるように唇で持ち上げられた。彼の唇で…
【続きを読む】

貞淑な人妻だった(?)夏○はもう完全に僕の女になりました。
「貴方に夢中よ」といって僕のペニスにむしゃぶりついてきます。

以前セックスの最中に「もうどうなってもいい何人もの男に次々に犯されたい」と口走ったので、いつか3Pを実行したいと思っていましたが、ついにやりました。
【続きを読む】

最近、私は友人2人と温泉旅行に出かけて来ました。 
友人の千佳さんが旅行にでも行きたいね!と言い出したのが始まりです。 

私達3人は同い年で、子供が同級生だった事もあり、仲良くなりました。 
千佳さん31歳は、小学5年と3年のお子さんがいます。 
もう1人奈々子さんも31歳で、小学5年のお子さん、そして私も5年と4年の母です。

春休みに入った子供達を実家に預け、私達は2泊3日の旅行に行く計画を立てました。 
【続きを読む】

結婚20年の40代後半の人妻です。
世間から見れば円満な家庭生活と映るかもしれません。

最近では主人は私を一人の女とは見てはくれていない様子。
更には薄々ながら主人の影には女性がちらついています(但しこれは女としての私の感です)。
【続きを読む】

三十路の専業主婦ですが、私はパチンコにハマっているんです。
パチンコ歴は独身時代から。
友人と遊ぶあてがないとパチンコに通うようになっていました。

ある日、いつものように主人を送り出した後、ふとパチンコが頭をよぎりました。
ふらふらと駅前のパチンコ店へ。
一万円を換金して台に座るも直ぐに流れて、一万円、一万円と気が付けば財布がカラッポ。
【続きを読む】

  1年程前、夫の転勤が決まり子供も中◯入学を控えていた事もあって1人単身赴任する事になりました。 
結婚15年を迎える私達ですが、夫の性欲は衰える処か激しさを増す一方で、 私も夫の性欲に呑み込まれていました。 
そんな矢先に夫の単身赴任が決まり、夫は私の身体を求める様に、月に数回帰宅していたんですが、ある時、夫が翌日も仕事で帰れないと言う事で、お互い住んでいる中間地点(車で1時間半)の場所に広い公園があり、そこで待ち合わせる事になったんです。 
【続きを読む】

こんにちわ、主人四十代、私三十代の夫婦です。
主人は会社で『カメラ倶楽部』に席を置いています。
活動といっても、年に数回あるだけで、ほとんどが飲み会です。
倶楽部員は、主人を入れて、たったの五人だけ、部長は会社の専務さんです。
四十代は主人だけで、専務が六十歳、後は五十代後半です。
【続きを読む】

このページのトップヘ