すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

カテゴリ: 主婦や人妻の告白

私と夫は最近お腹のポッコリが気になり始めたので、二人でウォーキングでも始めようかと話していました。
たまたまお隣の奥さんとお茶しているときにその話をしたら、お隣のご夫婦もウォーキングを始めたかったらしく、話の流れで一緒に始める事になりました。

「平日は夜しか時間がないのに、この辺て割りと暗いし、近くの林道も暗くなると怖そうだからどうしようかと思ってたの」
【続きを読む】

結婚して2年目、今は27歳の主婦です。昨日、新宿の小田急百貨店で秋冬物の、お洋服を買いに出かけました。

 本当は6か月の赤ちゃんがいるのですが、お姑さんに預けて久しぶりの買い物で浮き浮きしていました。

「綾ちゃんじゃないのかよ~、その後どうしてるんだぁ、赤ちゃんが生まれたんだって、すごく奇麗になったなあ」と、前の課長で、もと彼だった今は41歳のMさんにお会いしました。
【続きを読む】

夫が長期の単身赴任で、会えるのは月に1、2回だけなんです。

私は34歳の専業主婦で、寂しくて、それに欲求不満で、つい出会い系サイトに登録してしまったんです。

最初は暇つぶしのつもりでしたが、実際に出会い系サイト経由でリアルに男性と会って、それでHまでするようになってしまったんです。
【続きを読む】

金曜日、久し振りに温泉旅館の社長さんから電話がありました、聞くと体調が悪く病院に入院してたそうです、でも退院してその日の内に電話がありました。約束は日曜日でした、でも、その日は主人も家にいる予定でしたので主人に相談してからお電話しますと言って、その夜主人に相談すると「お前、描いて貰いたいのやろ、人に見て貰いたいのやろ」と冷やかしと嫌みを混ぜた言い方をして「仕方が無いいいよ」 【続きを読む】

28歳の人妻です。私は元々セックスは好きだったんです。
主人と4年前に結婚し、人妻となってからは更に好きになったようです。

私が出会い系サイトに入ってしまったきっかけは、主人の期限付きながらの単身赴任でした。
2年目に家を購入しました。

私も働いていたし、どうせ2~3年で戻ってこれるというので、主人だけ赴任していったのです。
今でも主人は隔週で戻ってきてくれてますし、ちゃんとセックスもしてくれていますが、それだけでは物足りなかったのです。
【続きを読む】

彼に言われて告白します、でも彼の知らないことも書いてしまって。 ま、いいか。
私は華子28歳、結婚2年で子供はいません。 主人は2歳上で普通のサラリーマン、私は公務員です。二人とも出張や残業が多く、結婚後夕食はほとんど別々で、休みの日だけ私が食事を作ります。

夫婦のセックスも休みの日だけ月に2~3回ほどで、それも主人が求めてきたら応じて、主人が数分で果てて終わるというあっさりしたものです。
私には不満はありませんでした、と言うか元々セックスに興味はありませんでした。
【続きを読む】

36歳の主婦の千津江です。今日、娘の同級生のお父さんに抱かれました。お隣さんです。
よく立ち話しもしたりして好意を持っていました。

今度、コーヒーを飲みに行くよ・・・なんて冗談交じりで話をしていました。
家の主人とは正反対でとても優しい人です。
【続きを読む】

千鶴枝です。今日とんでもないことをしちゃいました。
娘の彼(Aくん)とセックスをしちゃったのです。どうしよう。

今日は、パートが休みだったからゆっくり家事をしていました。
お昼前の娘の彼(Aくん)が家に来ました。
【続きを読む】

私は行こうか行くまいか考えましたが、昨日聞かされた携帯に録音された『あのときの声』のことを思い出して、言うことを聞くしかないと思い、村上君に言われた通り綺麗にお化粧をして、よそ行きの服装に着替えて出かけました。

9時半過ぎに駅前に着くと、ロータリーの一番端に村上君の車が停まっていました。

村上君の家は相当裕福な家庭らしく、彼の愛車はかなり高価なスポーツタイプの外車です。

窓をノックすると助手席に乗るように指で合図する村上君。
【続きを読む】

私の名前は奈津子、42才の主婦です。

きっかけや理由はどうであれ、娘の恋人を奪ってしまった酷い母親です。

10才年上の主人は関西に単身赴任中で、今は20才の一人娘と東京近郊にある海の近くの町に住んでいます。

娘の名前は真奈美。

都内にある女子大の2年生で、村上君と言う同じ高校を卒業した22才の彼氏が居ました。
【続きを読む】

私は32歳になります主婦です。
子供達が小学校へ行くようになりましてから、時間に余裕が取れるようになりました。
それを切っ掛けにパートに出ることにしました。
そこで知り合った40歳の女性と意気投合してしまい、プライベートでも買い物へ行ったりなど数ヶ月後には、家族ぐるみのお付き合いにまで発展する関係になりました。
私達の子供がいることもあり、いつもは外が明るい時間帯でのお付き合いだったのです。
【続きを読む】

私は33歳で結婚してます。
でも昨日は、女友達と独身気分で遊んでました。
だって旦那は連休なのに出張で5日間も居ないんです。

若い服装の効果なのか、それともまだまだ私も捨てたものでもないからなのか、何度もナンパされました。
友達と2人で品定めしながら、逆ハーレム状態でついて行ったのは、どちらも21歳の大学生だという男の子2人でした。
【続きを読む】

私は22才でもう主婦です。
実はできちゃった結婚で1才になる娘がいます。
でも実はまだ元彼と縁が切れてなくて、たまに会ってはよくHをしています。

その元彼との話をします。
休みのときなどは旦那は実家の両親に娘を会わせるためによく連れて行きます。
そういう1人になるチャンスはなかなかないので、元彼に連絡を取ってしまうんです。
【続きを読む】

夫の潤一には因ってしまいます。愛情表現だと考えれば嬉しいんですが、とにかくスケベで、会社から帰るなり私のワレメをいつものぞきたがって毎日夕食も食べずにパンティずり下ろしてくるんですから。
そして、それが高じて、とうとうアダルトショップから膣鏡まで買ってきたんです。
「おい、由紀・・これが何か分かるか」帰ってくるなり、潤一は奇妙な器具を取り出しました。もちろん、私に分かるはずもありません。
【続きを読む】

「気がついてもらえなかったな……」
月曜日の朝、夫の浩介を送り出した後、玄関の姿見鏡を見ながら麻由香はため息を吐く。麻由香は姿見鏡の前でクルッと半周周り、自らの後ろ姿を確認する。うなじが隠れる程度のショートカットの黒髪が、一瞬ふわっと乱れた後、綺麗にまとまった。昨日美容室で10cm近くカットしたのに、結局夫は気がついてくれなかった……。
(もう、私に興味なくなっちゃったのかな?)
麻由香はその優しげな美しい顔に、憂いの色を漂わせている。いつもは菩薩のような穏やかな笑みを浮かべている彼女だが、今は眉間に軽くしわを寄せ、泣き出しそうな表情をしている。
【続きを読む】

このページのトップヘ