すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

    カテゴリ: 主婦や人妻の告白

    夫は海外に単身赴任していて、私は一人で日がな一日を過ごしています。

    夫とは結婚二年目の新婚の専業主婦の人妻です。

    まだ子供はいなく、夫も海外転勤で半年に一回程しか帰ってこなく、子作りする機会にもなかなかめぐりあえません。
    【続きを読む】

    曜日の午前中、時間通りに10時にマンションのチャイムが鳴った。
    私は32歳の主婦で、和子と言います、夫とは結婚3年目で付き合っていた期間を含めると10年近い長さになります。

    チャイムの主は山本という男で以前に私が勤めていた会社の人で夫ではありません、私のマンションを訪ねるのは今日で5度目です、昔の懐かしい話をしに来たりし ている訳ではありません・・・
    【続きを読む】

    女性誌などでも読者のSEX体験談が綴ってありますよね。  
    今まで私は、それをただ読んで楽しむだけだったんです。
    だって私みたいな平凡な主婦には、まるで別の世界のお話のようなんですもの。  

    一体、どうすれば、こんな体験できるのかしら…。なんて日々悶々としていたんです。
    【続きを読む】

    彼と最初に出会ったのは、3年前。家に遊びに来ていた高校生の頃。
    息子の友達で少年そのもの。彼は、美容師になる夢を持っていて、その頃から息子の髪も切ってくれていました。 

    息子は地方の大学に進学し、主人も3度目の単身赴任。月に2回程度しか戻ってこれない距離。 
    【続きを読む】

    夏になると、旦那の会社でテニス大会をするから私もペアで出場するようにと旦那が言い出しました。

    私はどうも話しが変だと思って、会社の同僚の奥さんに聞いてみると、旦那は同じ課の女子社員にペアを組もうと申し込んで、「奥さんとペアを組んで下さい」とやんわりと断られたそうでした。
    それであとに引けなくて私にペアを組もうと言い出したらしいのです。
    【続きを読む】

    文章が下手で申し訳ありませんが、最近の体験談をお話します。
    私たちは40台の夫婦です…今回、一人息子が野球部を卒業することになり、父兄会の役員で『1泊2日でお疲れ様会』を行った時の出来事をお話させて頂きます。

    出席者は…会長ご夫婦、副会長ご夫婦と会計の私たち夫婦の3組6名と監督さんの計7名でした…。
    【続きを読む】

    「じゃあ、先に入らさせてもらうよ」
    夫はそう言って、浴室に向かいました。長風呂の夫は、私の後でお風呂に入ることが多いのですが、今日は疲れているそうで、早く寝たいと言って先に入ることになりました。

    私は、キッチンで夕食の後片付けをしています。すると、後ろから息子のユウキが私に抱きついてきました。
    「母さん、いまのうちだよ。声出しちゃダメだからね」
    ユウキは、荒い呼吸をしながら私の部屋着のショートパンツに手をかけて引きずり降ろそうとします。
    【続きを読む】

    交通事故で夫の下肢がマヒ。それでも性欲だけは残り、仰向けの夫の上に私が跨り、必死で腰を動かし放精させています。
    動けない夫に代わり、私が激しく動いて夫の高揚を待ち、放精させるのが精いっぱい。本当に疲れます。

    夫はそれで大満足していますが、自分が女の嬉びを感じることなく疲れ果て終わります。
    【続きを読む】

    私は35才の専業主婦です。うちは夫の浮気が原因で半年以上セックスレスになっていました。

    それでも夫の浮気は続いていましたが三食昼寝付きのぬるま湯にドップリ浸かって生活力のない私には離婚する勇気もなく家庭内別居が続いていました。

    そんな時に暇つぶしで始めた出会い系サイトで23才のこうじ君と知り合いました。
    【続きを読む】

    「少し、やつれたかしら……」

    優良は、鏡に映る自分の顔をのぞきこんだ。

    夏の昼下がり、寝室の鏡台には、浴衣姿の優良が映っている。

    紺の浴衣をぱりっと着込み、長い髪はうしろにまとめあげられている。

    おろしたての浴衣の襟元からは、成熟した女の色気が立ち上ってくるようだ。
    【続きを読む】

    このページのトップヘ