すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

カテゴリ: OLや働く女性との体験

オレの部下の前田さん(仮名)は、二重まぶたで唇のぽってりしたなかなかの美人さんで、32歳の年齢相応の女性らしい、色っぽいむっちりとした豊満な身体をしていた。 ただし、仕事ができて、しかもどちらかと言えばクールで、軽口をたたかないわけではないけど、下ネタなんてとんでもないという感じの人だと思っていた。 【続きを読む】

おらがやってる設計事務所に営業のオバハンがやって来た。
事務所、って言ってもおらが所長で事務のアネさんが一人だけw
アネさんは結婚しており、まあそちらとの話しも多少はあるんだが、それはまずおいとく。

営業のオバハンは証券会社の外交だった。
最近は普通のサラリーマンも皆ネット取引するせいか、昔ながらにMMFや投信などを営業で買ってもらえることは少ないようである。

しかし、オバハンである。
話し方と言い、見た目と言い、オバハンである。
【続きを読む】

いつもの駅で降りると改札の前でふらふら歩く女。

会社帰りに飲んで来たんだろうなぁと一瞬で分かるいかにもOLな格好をしてる。
髪はロング…だけど、ちょっと乱れてたかな。 

「あぶねっすよ。」といいながら体を支える。むにって感じが伝わる。 
『あ…』と一言言って頭を軽く下げて拒否しない。 
【続きを読む】

759 名前: なまえを挿れて。 投稿日: 2009/01/27(火) 15:35:20 ID:6g0MVjIgO
その日女は彼氏とデートで、家の前に迎えに来るのがわかってたんだが、敢えて家に行った。約束の時間の直前に後ろから捕まえて、服をずらして挿入。 
女も「もう来るから…」と言いつつ興奮して腰を押し付けてきた。
彼氏から到着の電話も繋がったまま出させ、「…ちょっと待ってて、」 
直後に思いっきり中出しし、そのまま出かけてもらった。 
【続きを読む】

ちょっと、前のことなんだけど・・・・。終電は大混雑状態で、後ろから、突き倒されるように、中のほうに流されていきました。

どうにか、つり革をキープすると、目の前には、みるからに泥酔状態のOLさんが横のババァもたれるように、眠っています。
【続きを読む】

私は23歳のOLです。親友とは、中学と高校の同級生です。
私の彼氏と親友の彼氏も仲が良くて、お互いのアパートでお酒を飲んだりして楽しむ間柄です。

彼女(親友)のアパートで鍋パーティーをした時の事です。
彼女が珍しくが酔っぱらってしまい、彼氏とキスを始めたんです。
私はキャーキャー言いながら、はやし立てていたんですけどぉ、そのうちに、彼氏のズボンのベルトを外してチンチンを引っ張り出したんです!マジって感じでした。
【続きを読む】

俺31歳 彼女22歳の時だった。

休みの日の午後、彼女が「ご飯作ってあげる」と言って家にやってきた。

前のデートの時も家に来てくれて、帰りしなの初キスの後、彼女をバス停迄送っていく間彼女がしなだれかかるようにして腕を組んできていたので、今日はチャンスがあれば最後まで行けるかもしれないと思っていた。

二人で料理を作って(と言っても殆ど彼女がやっていたがw)食べた。

その後も雑談やビデオを観てすごした。 
冬の昼は短く辺りも薄暗くなりかけてた頃、お互い絨毯の上に直に座って話をしている時に彼女を抱き寄せた。
【続きを読む】

いつもよく行くススキノのバーに飲みに行った時。当時ススキノでバイトしてて仕事帰りにいつも一人で行く馴染みの店だった。

もう時間は午前3時を回っている。いつものようにカウンターに座る俺。隣には年の頃20代後半と思われる綺麗系のお姉さまが2人で飲んでる。
【続きを読む】

俺が二十歳の頃。デザイン学校を卒業して、一年ブラブラし、ある会社に就職した。

企画物のグッズや小物の制作会社で、オープニングスタッフを募集してるとか何とか。

そこで面接して、あっさり決まった。

20~23歳くらいの同じような歳の連中が集まった。
【続きを読む】

お互いかなり酔って会社の後輩(♀)とホテルへいった時の話。

身長は低い(150ぐらい)だが胸は大きくて可愛い。
しかし、やや強引に誘ったせいか、相手は乗り気ではない感じ。

ホテルの部屋へ入ったものの相手はちょっと落ち着かない。
【続きを読む】

いつもの駅で降りると改札の前でふらふら歩く女。

会社帰りに飲んで来たんだろうなぁと一瞬で分かるいかにもOLな格好をしてる。
髪はロング…だけど、ちょっと乱れてたかな。 

「あぶねっすよ。」といいながら体を支える。むにって感じが伝わる。 
『あ…』と一言言って頭を軽く下げて拒否しない。 
【続きを読む】

このページのトップヘ