すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

カテゴリ: OLや働く女性との体験

一人暮らしで28歳の彼女の部屋に行った時に事件が起きた。
白ワインと缶チューハイと、途中エロ店でよく売っている媚薬を購入。
狂ったようにヤリまくる予定だった。

TVを見ながら飯食ってると、彼女の会社の元先輩A子(既婚・30代)から彼女の携帯にTEL。
どうやら彼女がひとりだと思ってワインを持って部屋に来るという。
【続きを読む】

22才大学生です。高校までは機械体操やってましたが、大学入ってからは、普通の軟弱サークルだけです。
今年の夏休みから、体操の先輩の紹介で、ホームセンターでバイトを始めました今は楽しくてやめられません。

何が楽しいって仕事じゃなく、一緒に働いてるパートの主婦のみなさんです。
夏休み終わりの打ち上げの帰りに1人目とヤッて以来、週1ペースで20代から48まで、中学生みたいなガリガリから激ポチャまで食いました。
お気に入りは2人。

26才の麻奈さんは新婚だけどダンナが単身赴任中。援交世代でヤリまくってたせいか、欲求不満。
【続きを読む】

俺の彼女は、社内では付き合っている事は秘密にしている。
24歳、事務員 アヤです。(俺は27歳)
ある日、会社の先輩でもあるアキラさんから飲み会に誘われました。
アキラさんは30歳で既婚、奥さんはやはり同じ会社の32歳ですが、社内で、いや俺が今まで見た女性ではNo.1に綺麗な人です。
【続きを読む】

私は都内の小さな輸入雑貨の卸業者の営業をしています。
30代になったばかりですが、まだ結婚はしていません。

先日、港区の倉庫に在庫調査に行った時、別の業者の女性と出会い、妙に気が合い意気投合しました。
近々お酒でも飲もうとの約束をして、携帯電話の番号を交換してその日は別れたのですが、次の日の朝、早速彼女から電話があったのです。

「あなたは気が弱そうだから、私から連絡しないと駄目かと思った」というのが彼女の第一声。
【続きを読む】

私は27歳サラリーマンです。
会社の2つ歳上の先輩の美香さんに憧れていました。
少し勝ち気でセクシーでした。
巨乳を想像させる胸の膨らみとタイトミニから伸びるストッキング越しの脚線美は私のズリネタでした。

ある日、美香さんと同期の男性の先輩と飲みに行き、美香の話になりました。
【続きを読む】

俺は29歳で5つ下の妻がいる。
結婚したのは1年半前で子供はまだいない。
結婚してから妻は家の近くの某デパートでパートとして勤務していた。
半年くらいたった頃から不定期ではあるが職場の友人を連れてくるようになった。
24歳だったせいもあり、友人も20~24歳くらいの子ばかりだった。
【続きを読む】

俺が中2の時の話。
古文の蛭川先生に放課後呼び出された。

「鮫島くん、あなた五段活用のテスト全然出来てなかったじゃない。これから追試するから来なさい」

(やっべ、部活に遅れちゃうな。でもしょうがないか・・・)

10分後、俺は担任でもある蛭川先生がいる2階の担任室に向かった。
【続きを読む】

某高級クラブで働く彼女(24歳)との体験を書きます。
宮地真緒似の彼女なので、以下『真緒』と呼びます。

真緒とは高校時代の後輩として大学生の頃からよく遊んでいた。
当時高校生の真緒の家で飲んでいると、酔った彼女から告白されその場で付き合うことに。
処女だったという事もあり、初めからド淫乱に仕込みました。
【続きを読む】

自分(35歳=妻子あり)は、会社ではいろいろな権限のある立場にいるのだが、今年春に入ってきた新卒のコ(短大卒、22歳)を出張に連れて行った。

いろいろな経験をさせて社員育成をするという目的で。

(このコは◯HKのアナウンサーの神田◯花にスタイル顔とも似ているので、仮に“神田”とします。)
出張先での仕事も無事に終わり、次の日は祝日だったので、ゆっくり帰ることにしていたため、宿泊先のホテルにチェクイン。
【続きを読む】

この間、男4女4で朝三時まで飲んだ後、女友達を一人送っていくことになった。

女友達は結構酔ってて、車内では「彼氏がいなくて寂しい寂しい」って言ってた。

俺は、寂しいって言ってる友達が可愛くなってきて信号待ちの時軽くキスした。

びっくりしてたけど嫌ではなさそうだった。

その反応を見た俺は川沿いに車を止めてキスしたり、色んな話をした。
【続きを読む】

はじめまして!これは俺が去年体験した話です。

たまに痛いとこもありますが、許してください><;ひまな人は読んでね♪

俺は音楽大学に通っているので人数もかなり少数で、大学の先生にも顔や名前を覚えられているんですよ。

ましてや男なんてマジ少なすぎって感じなんで。
【続きを読む】

31歳のサラリーマンですが、7歳も年下で、堀北真希似の超可愛いS級な彼女がいるんです。
付き合って5年になりますが、この超可愛い彼女はとても清楚で性格も人懐こく、他の男にちょっかい出されることが多いです。
そんな彼女がいることはある意味非常に幸せなことなのかもしれませんが、その反動からか、私には妙な性癖ができてしまいました。
【続きを読む】

ある日、 漏れの隣の書棚を3人の女がかたづけていた。 
引っ越しで書棚の整理が後回しになっていたのだ。 

漏れは急ぎの仕事があって、机に向かっていたが、書棚に向かって作業している3人のしりが漏れの30センチくらいの位置で行ったり来たりしていた。 

脚立に上った女の尻の割れ目に食い込んだラインや、ミニスカからかすかに浮き出るPラインなどがイヤでも目に入ってくる。 
【続きを読む】

新卒就職後1年余り、24歳の頃。
思い出しながら書いている。

担当地域への営業出張があり、何度か先輩・上司と訪れてしばし、1人で担当させてもらえるようになってからのことだ。

そのホテルは俺の常宿だった。
なぜ、決して要領の良くない俺が同期の中でも早いうちに、地域担当を単独で受け持てたのかといえば、その地方が俺の育った場所であり、そのぶん土地勘で長けていて、まあ地の利みたいなものが有効だったからだ。
【続きを読む】

俺は18歳の時から4年間、大阪の某百貨店の洋食屋の厨房でコックをして働いてました。
そして俺が20歳の時にホール店長として当時35歳独身の女の人が本社から転勤してきました。
顔は国生さゆり似で、その人はいかにもキャリアウーマンで本社の信頼も厚くて、実績もあります。 【続きを読む】

このページのトップヘ