すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

カテゴリ: 痴漢や覗き体験談

かなり美味しい体験をしたので報告する。

遠方への出張で始発の新幹線に乗るため、5時発の電車に乗った。
とても眠いが寝過したらヤバいので必死に起きていた。

2駅ほど行くと、高1くらいのなかなか可愛い女の子が乗ってきた。
もう席が埋まっていたので、座っている自分の斜め前に立ったのだが、彼女もよほど眠かったのか、電車が発車するや否や、足の間にカバンを置いて、吊り革も掴まず棒立ちで居眠りを始めた。
【続きを読む】

今年で20になる都内の大学生です。
先の1月に、大学の課題のためにとあるリサイタルに出かけることになりました。
普段は地味な格好なのですが、リサイタルということで少しくらいおしゃれしなきゃと、何年か前に妹に見繕ってもらった、私にとってはちょっと露出が大きい服を着ていきました。
【続きを読む】

相手は男っぽい性格の女友達。
その女友達は、男友達を泊めることに抵抗がないらしい。

それまでに数度泊まったことはあったが、肉体関係は無し。
下ネタを話すような間柄でもない。
その日もいつものように布団は別々に、横並びに寝た。
【続きを読む】

3年前、宴会のコンパニオンをしていました。

宴会の団体客のお酒の相手です。服装はちょっとぴったり目のスーツでした。

15人ほどの団体様で、コンパニオンは五人で行くことになっていました。

でもその日は、女の子があつまらなかったらしく、ランジェリー部門の女の子も交えて派遣される事になったんです…
【続きを読む】

うちの向いのアパートの2階の部屋に住む女は、いつも窓のカーテンを開けたままセックスするので丸見えだ。

いまもヤクザもんの男が来て、男の浅黒い肌のタトゥーの入った背中や腕がベッドの上で揺れているのが見える。

女はブルーのブラを取り上げられて、前後に揺れている。結合部分まで丸見えだ。
【続きを読む】

ある日、 漏れの隣の書棚を3人の女がかたづけていた。 
引っ越しで書棚の整理が後回しになっていたのだ。 

漏れは急ぎの仕事があって、机に向かっていたが、書棚に向かって作業している3人のしりが漏れの30センチくらいの位置で行ったり来たりしていた。 

脚立に上った女の尻の割れ目に食い込んだラインや、ミニスカからかすかに浮き出るPラインなどがイヤでも目に入ってくる。 
【続きを読む】

私はレズではないのですが、レズの子に迫られた体験談です。

高校の頃仲良くしていた女友達、よく一緒に電車で帰ってたのですが、ある日の帰りの駅で私はトイレに行きたくなりました。

すぐ戻るね!と急いでトイレに走ると、彼女も追って来て、なんと個室に入ってきたんです。
【続きを読む】

あれは俺が高2の頃だった。

な、結構年頃の時だろ?興奮するやろ、な?

姉は当時大学1年だったかな。
俺と姉はいつも素っ気無いけど、遊ぶときは遊ぶし、仲はいいほうだったな。
その日は親の結婚記念日で旅行に行っていて、家には俺と姉の二人きりだった。

正直その日までは「姉に欲情なんてありえねぇwwwwww」とか思ってた。
【続きを読む】

先日、私は初めて痴漢に遭いました。
地元の小さな公民館で映画を上映する企画があって、小学5年生の娘と一緒に公民館へ出掛けました。
前の席はシートが敷いてあり、中央から後ろは椅子が設置されていました。
既に満席だった中、壁際の一番後ろの席が1つ空いていたので娘を座らせ、私は椅子の後ろに立って見る事にしたんです。
【続きを読む】

茶道部の部室のカギを廊下で拾った俺は、
こっそり合鍵を作ったあと、なにくわぬ顔をして茶道部の顧問の先生に返却した。
「これ、廊下で拾いました。」
わざわざ合鍵を作ったのは、学校の中にこっそりくつろげる場所が欲しかったからだ。 【続きを読む】

中一の時の話だけど、電車通学していて勿論毎日ぎゅうぎゅう詰めの満員電車に乗って登下校していた。乗る駅の時点で日によっては一本ずらさなきゃいけないんで、なるべく楽なスペース探して乗り込んでいた。
ある日の帰り、車両の角に人一人入れそうなスペースが開いてるのを見付け強引に入り込むと中年リーマンが舌打ちをして後ろを向いた…『何だ?感じ悪いオヤヂだな…』と、思ったら足元にうずくまってる少女が居た…ランドセルだから小学生だろう…
【続きを読む】

大学への通学にいつも電車を使っています。
都内の大学なので当然ながら満員電車。

そしてある日、私はいつものように電車に乗ると、運悪く後ろに背の高い男の人が立ちました。
私は普通に音楽を聞いていたら、その男の人が私のお尻辺りを触って来ました。
【続きを読む】

このページのトップヘ