すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

カテゴリ: 痴漢や覗き体験談

かなり美味しい体験をしたので報告する。

遠方への出張で始発の新幹線に乗るため、5時発の電車に乗った。
とても眠いが寝過したらヤバいので必死に起きていた。

2駅ほど行くと、高1くらいのなかなか可愛い女の子が乗ってきた。
もう席が埋まっていたので、座っている自分の斜め前に立ったのだが、彼女もよほど眠かったのか、電車が発車するや否や、足の間にカバンを置いて、吊り革も掴まず棒立ちで居眠りを始めた。
【続きを読む】

今週もまた、痴漢に遭いました・・・。
電車に乗る度に、痴漢を待ってる自分が恐い・・・。
痴漢の二人組みに毎日・・・ではないけど、定期的に痴漢されてます。

最近暖かくなってきたし、痴漢を待ついやらしい気持ちもあり、パンストを履かないで通勤電車に乗ってました。
いつもと同じ満員電車。
【続きを読む】

半年前、妻の綾(34歳)が仕事を始めました。
息子も中学生になり手が掛らなくなった事が一番の理由だったと思います。
高校卒業後、数年OLをしていた妻でしたが、結婚・出産で仕事を辞めて専業主婦をしている妻。
今さら仕事が出来るんだろうか?
すぐに音を上げるだろうと思っていました。
【続きを読む】

中学2年の時、僕の母親が病気で入院していたとき、隣のおばさん(45才位)が家事の手伝いに毎日来てくれていた。
僕が学校から帰宅すると、いつでも既におばさんが留守の家に上がりこんでいて、決まって洗濯物を畳んでいる所だった。
当時の僕は朝から晩までイヤラシイ妄想ばっかり浮かべてる様なエロガキだったので、家の中におばさんと僕の2人だけという、その状況だけで滅茶苦茶興奮した。

そしてそれを常に夜のオカズにしていた。
そんなある日、確かまだ夕方の4時位だったと思うけど、居間で仕事をしているおばさんに僕は、「ちょっと学校で汗かいてきたんで風呂入ります」と言って風呂場へ行こうとした。
【続きを読む】

私は、ある体験からノイローゼ気味になってしまいました。
もう10年近くカウンセリングを受けてます。
あまり改善の兆しが無いせいか、カウンセラーの方から
「その体験を誰かに思い切って公言してみるのも、改善のきっかけになる場合がある。」
と言われて、でも知り合いに言いたくないし、この場をお借りしようと思いました。
【続きを読む】

昨年の夏、俺は大好きな某アイドルのライブを観に行くことになった。
そのアイドルは6人組で、ここ最近人気が出始めたとはいえ既に大きなライブ会場を満員にするだけの人気はあった。

ライブ当日、当たり前だがアイドルのライブに来るのはほとんどが男で、しかもキモいオタクのようなやつばかりだ。
俺はチケットの順番が来たので会場に入ると、一階の一番後ろのブロックだった。
ライブハウスなのでもちろん椅子などはなく、オールスタンディングである。
【続きを読む】

勤めていたガソリンスタンドが閉店すると、よく店のアルバイトたちと裏の事務所で酒を飲んでいた。
その日も高校生バイトのタカシとリカコを誘って飲んだ。
お調子者のタカシはガンガン飲んでいたが、リカコは酒に弱くすぐにダウンした。

するとタカシが、「ねぇ、コバさん。ちょっとイタズラしちゃいましょうよ」とオレを誘ってきた。

タカシはソファーで寝ているリカコに近づくと、スタンドの制服のポロシャツの襟元をペロッと捲った。
【続きを読む】

俺が小学校の時の話なんだけど、プールの時間は教室で着替えてからプールに行く事になってたんだよね。

記憶が曖昧だけど、更衣室がずっと工事中だったんだよ。
んで、夏なんて毎日プールの時間があって、俺は水泳なんて嫌いだったんだけど、着替える時間はもちろん大好きだったよ。

5年生位になるとそれなりに発達してる娘もいたりしてさ。もちろん、女の子は絶対に見えないような、すごい難しそうな水着の脱ぎ方とか着方とかしててなかなか見えないんだけどね。
【続きを読む】

ある日、 漏れの隣の書棚を3人の女がかたづけていた。 
引っ越しで書棚の整理が後回しになっていたのだ。 

漏れは急ぎの仕事があって、机に向かっていたが、書棚に向かって作業している3人のしりが漏れの30センチくらいの位置で行ったり来たりしていた。 

脚立に上った女の尻の割れ目に食い込んだラインや、ミニスカからかすかに浮き出るPラインなどがイヤでも目に入ってくる。 
【続きを読む】

私はレズではないのですが、レズの子に迫られた体験談です。

高校の頃仲良くしていた女友達、よく一緒に電車で帰ってたのですが、ある日の帰りの駅で私はトイレに行きたくなりました。

すぐ戻るね!と急いでトイレに走ると、彼女も追って来て、なんと個室に入ってきたんです。
【続きを読む】

私が、母を意識しだしたのは オナニーを覚えたばかりのころからです。
 その当時のオナネタは、洗濯機の中の母の下着がもっぱらの上物で、パンティのあの部分の匂いを嗅いでは、、母の厭らしいオマンコを想像しながらペニスを扱き上げて果てていました。
【続きを読む】

私は、27歳にして離婚しました。

子供は、8歳と6歳の男の子と女の子で2人共私が親権を取って実家に戻り会社に通勤しています。

離婚しても、元旦那より営業所の責任者の為給料は良くて実家暮らしになったので以前より経済的に良くなり、子供達も両親が見てくれるので、仕事が遅くなっても安心して子供達の為に仕事に専念出来ていました。 【続きを読む】

このページのトップヘ