すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

カテゴリ: レイプや輪姦体験

俺がまだ17歳のへたれヤンキーだった頃の話。
親友とまでは呼べないが、ちょくちょく遊んでる連れがいて、そいつの彼女がどっぷりレディースにハマってた。

ちなみに、俺(17歳)で一応フツメン、格好だけのへたれ。
連れはジュン(18歳)、まぁまぁ気合いの入ったヤンキーだけど族ではない。
【続きを読む】

俺は居酒屋の店長をしてます。
この前アルバイト募集で来た若い女の話です。

セリナって言う名前で、見た目が可愛いくておっぱいがでかいから採用したんだけど働き出したら最悪だった。
見た目がヤンキーっぽかったんだけど中身もヤンキーだった。
【続きを読む】

以前、レディースに所属していたが、万引き、恐喝なども行なうグループであったため、脱会申し出た。
脱会するには、やはり、焼き入れという集団暴行を受けることに。

建築途中で中断した、建築事務所のプレハブ小屋に連れていかれた。
現場のロープで手を縛られ、その先は屋根に通し、吊るされる感じで縛られ。
【続きを読む】

3年ほど前になりますが
恥ずかしながらヌードモデルの仕事をしていた事があります。

有名な雑誌でもエロ本でもなくちょっとしたアングラ系サークルがありそのサークルの出す同人誌みたいな物のモデルでした。

元々は知り合いの紹介で始めたのですが有難い事に他のお仕事の紹介も頂いて有頂天になっていました。
【続きを読む】

こっちへ来てお酌しろよ。
おれおれ、お前ももっと飲めよ。
(前から狙っていたゆぅを酔わせ、社内旅行で犯ってしまうつもりだ)

は、はい…
(お酒に弱いゆぅだが、先輩に言われると断れず)
(加減も無しに飲んでしまう)

せんぱ、い…もう、むりですよぉ…
もう無理か。
【続きを読む】

3年ほど前になりますが
恥ずかしながらヌードモデルの仕事をしていた事があります。

有名な雑誌でもエロ本でもなくちょっとしたアングラ系サークルがありそのサークルの出す同人誌みたいな物のモデルでした。

元々は知り合いの紹介で始めたのですが有難い事に他のお仕事の紹介も頂いて有頂天になっていました。
【続きを読む】

これは、最近起きた出来事で、内緒話です。

夫と結婚し2年が過ぎました。

まだ、子供も出来ない状態です。

夫:37歳/私:25歳専業主婦(由香)/義父:60歳 嘱託社員

夫と結婚して、2人で暮らしたかったんですが、義父も1人(義母は別れた)で淋しいだろうと、一緒に住むことになりました。
【続きを読む】

スペックは簡単に、俺 大学生 男 将来は警察官志望相手 自称フリーター 女 メンヘラ幸薄そうな、柴咲コウ似 二十四歳出会いはバイト先だったんです。当時は春休み真っ最中だったので、バイトを二つ掛け持ちしてました。一つは、ゲームセンターのスタッフ。もう一つは、警備員でした。 【続きを読む】

大学の時、何か勘違いした俺女系がいた。

男前なセリフを好んで言うくせに、下ネタには拒否反応示すヤツで、俺とは何となく心の友的に接してきてた。

俺は飾りもの的なテンションに違和感を覚えながら、まー他人事だからと放っといた。

そしたらある日の夜中に突然押しかけてきて、飲んでて終電逃したから泊めろって。
【続きを読む】

私は17歳の高校生で、処女でした。
男の人のものを直接見たこともなく、下品な話も全然しません。

でもオナニーは毎日のようにやっていて、そのネタは大体痴漢やレイプのAVで、女の人が嫌がりながらも感じさせられてる姿を見て私も感じ、イっていました。
【続きを読む】

今は大きな満足感と征服感に感動しつつも、少しの罪悪感を感じている。
さかのぼる事、半年前。男の羨望と蔑みを受ける事をした。
私は今の会社に入社して10余年、同期の坂田とは共に係長を任されている。
私たちの上司は、部長と支店長の2人だけ、しかも2人とも出張が多い為、実質我が営業所を動かしているのは私と坂田という事になっている。
【続きを読む】

大学生になったばかりの5月、ゴールデンウィーク中に何かいいバイトはないかと探していました。

すると、友達(女)からパチンコ屋さんを勧められて、話を聞いた限りでは楽そうだったので面接を受ける事にしました。

面接中はすぐに終わって無事にバイトが決定!
友達のアドバイスの元、すぐに一人で受付ができる程になりました。
【続きを読む】

私のイタズラを超えた体験談を1つ。
私はある資材会社の社員で、出張所の責任者として福山という所に1人で出向してきた。
根付けば社員を増員する予定であった。
事務所もたちまち雑居ビルの1室に構え、経費削減に努めていた。 【続きを読む】

このページのトップヘ