すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

    カテゴリ: 寝取られ寝取り体験

    嫁の真奈美とは結婚して2年目だ。
    とは言っても、学生時代から付き合っていたので、もう8年一緒にいる。
    真奈美は俺より2つ年下で、真奈美が卒業した時には、俺はもう会社でも結構評価されていて、充分やっていけると思っていたので、すぐに結婚した。

    子供もまだ作る気が無く、まだまだ恋人のようにラブラブな感じで過ごしている。

    真奈美は、小西真奈美のようなおとなしい感じのルックスで、その可愛らしさに俺が一目惚れして、必死になってアタックして何とか彼女に出来た。
    それからは、とくに喧嘩も浮気もなく、仲良く今日まで過ごしてきた。
    【続きを読む】

    34歳主婦です。
    今年で8歳になる娘と夫と、幸せに暮らしていました。
    現在妊娠しています。でも、主人の子ではありません。
    不倫関係にある夫の上司の子供です。

     きっかけは、泥酔した夫が終電に乗り遅れた上司と一緒に我が家に帰ってきた日のことでした。
    珍しく酩酊状態だった夫は、上司の面倒を私に任せると、
    寝室に行ってさっさと眠ってしまいました。
    【続きを読む】

    32歳の結婚4年目です。今年の夏前から働き始めたバイト先は、若い子がたくさんいます。女の子は大学生や専門学校の子達が多くて、10代の子が2人、20代の子が4人、30代は私ともう一人です。男の子はみんな学生さんで、店長が40代の他はみんな20歳前後の子達です。
    バイト先でよく飲み会に誘われるけど、年齢の事もあって避けていました。
    【続きを読む】

    前回の話

    私は、自分が射精してしまったことに驚いてしまった。私は、元カレがさとみに挿入をしてからは、完全に固まってしまってしごいてすらいなかった。それなのに、パンツの中に思いっきり射精をしてしまった……。

    「俺の形に戻ったらダメじゃん」
    元カレはさとみにそんな事を言う。でも、腰の動きは止まっていない。リズミカルに、そして複雑な動きを続けている。
    『う、うん。でも、覚えてた……。文也はどう?』
    「覚えてるに決まってるって。ほら、さとみが一番好きなのはここでしょ?」
    『うぅああっ! ダメぇ、そこダメっ、気持ち良いっ、イヤァ』
    【続きを読む】

    主人の友人Tさんと私がそんな関係になったのは、出張中の主人に代わって知り合いのお通夜に私が参列したのがきっかけでした。

    参列後、知人数名で食事をする事になり、その席でTさんと一緒になりました。

    Tさんは主人の友人だという事もあって、私はTさんの隣に座り、Tさんから主人との昔話を色々と聞いていました。
    【続きを読む】

    私と妻は高校の同級生で、二十歳の時に海で偶然再会し、妻の水着姿を見て高校の時には気付かなかった大きな胸と、海には不釣合いな白い肌に目が眩んで交際を申し込みました。

    同級生だったと言ってもクラスが一緒になった事は無く、隣のクラスに可愛い娘がいると思っていた程度で性格については何も知らなかったので、結局は可愛い顔からは想像出来ないようなセクシーな身体に惹かれて交際を始めた事になるのですが、いざ付き合ってみると凄く優しくて、性格も可愛い女だったので私が離れられなくなり、大学在学中にプロポーズして、就職するとすぐに結婚しました。
    【続きを読む】

    デカい声じゃ言えないけど、俺は金貸しみたいな事をしている。と言っても、手広くやってるわけじゃなくて、パチンコ屋でそこそこ顔見知りになった主婦に貸すという、闇金まがいのやり方だ。

    始めたきっかけは、顔見知りになった主婦に、援交みたいなことを持ちかけられた事だ。その時の彼女は、朝からGAROに熱くなり、10万以上溶かして泣きついてきた。俺は、すぐにOKを出し、その足でホテルに行って5万渡した。5万は多すぎると思われるだろうけど、俺は逆に10万勝っていたし、その主婦はかなりの上玉だったからだ。
    【続きを読む】

    幼稚園の保護者の関係は意外に酒池肉林で不倫だらけだったりします。

    当方も幼稚園ママとエッチした訳ですが。

    最初は幼稚園行事の打ち上げで、父母と先生達で飲む機会がありました。

    いつも挨拶位しか交わさぬママさんとも仲良くなり意気投合して、3次会にはみんなバラバラになり、僕とH美さんとS子さんにY先生の4人で居酒屋の掘りコタツの席に座りました。
    【続きを読む】

    彼女のM子は、身長168cm、すらっとしていて美人顔です。
    お尻が日本人離れしててボンッと張っているのです。

    そんなM子と僕、M子の友人のEちゃん、その彼氏Tの4人で、温泉に行こうということになりました。
    宿は予約したのですが、せっかくなのでチェックイン前に近くの共同浴場に行ってみることに。
    そこは混浴でした。
    M子もEちゃんもバスタオルを巻けばいっかと思っていたのですが、行ってみたら『バスタオル巻き禁止』の文字が。
    【続きを読む】

    先日の会社の仲間と自宅で飲み会をした時の話です。
    独身の仲間達とは普段家族ぐるみで付き合いがあるくらい仲良くて、家内は紅一点の存在(笑)
    仲間達からも「はるちゃん」
    と呼ばれ可愛がられています。

    ある日、仲間の1人から提案がありました。
    【続きを読む】

    兄貴が単身赴任のとき、兄嫁と二人で飲んでた。
    アルコールが入ってそこそこ話し込んでくると、やはり下ネタの話になる。

    俺「お義姉さん、女盛りなのに寂しくないですか?」

    義姉「康司(俺)さんこそ、今彼女と喧嘩中でしょう?アッチの処理はどうしてるのかな?」

    屈託なく笑って返えす義姉。
    【続きを読む】

    長期の休業には必ず面談を行います。
    この年齢になると、だんだんと同年齢かもっと若い母親が増えてきます。
    ほとんどの保護者は異性を感じることはないのですが、ある日の午前中に面談をした母親は何故か異性を感じました。
    その母親はY子と言い、38才で身長168CMでスタイルも良く、16才の子供がいるとは思えない、一見若く見える母親です。
    その日もいつものように仕事帰りに晩酌のつまみでも調達しようとスーパーマーケットへ寄り、レジにならび支払いをしようと金を出すと、なんとY子ではないか!
    【続きを読む】

    このページのトップヘ