すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

カテゴリ: 寝取られ寝取り体験

女房とは結婚してもう15年ほど経つ。とくになにも波風が立つようなこともなく、平穏無事に過ごしてきた。息子も中学生になり、部活や友人と遊ぶ時間が増え、休日に家族で遊びにいくこともめっきり減ってしまった。

すると、女房との時間が増えて、昔みたいにデートする機会が増えた。不思議なもので、今まで空気というか家族という感じだった女房を、再び女として見ることが出来るようになった。そして、すっかりとご無沙汰でセックスレスだったのが、週1〜2くらいでするようになった。すると、女房も昔みたいに甘えてくるようになったりで、昔みたいにラブラブな感じに戻っていった。
【続きを読む】

当時私が38才 妻が35才の超淫乱夫婦で とにかくセックスが大好きでいつもどんなセックスをしょうかと妻と二人で計画立てるような凄まじいセックス三昧の明け暮れでした。
後年 夫婦でスワップ、乱交パーティーはもとより夜の公園、映画館等あらゆる所に二人で出かけては男を誘って妻を犯させるようになった。 男の太くて長いチンポが妻の膣に出入りして 妻が喜悦の声を上げるのを側で見ると堪らなく興奮して我を忘れるほどの被虐の快感を得られたからです。
【続きを読む】

息子が大学進学のために上京し、妻と二人の生活に戻った翌日、妻からある告白をされた。それは、他に好きな男性がいると言うことと、その男性と交際をして5年経過していると言うことだった。
私は、妻が冗談を言っていると思って笑った。でも、彼女の告白は続き、これからは週の半分はその彼の家で過ごし、残りの半分を私と過ごす……。それは、そうしたいという希望ではなく、そうしますという報告のような形で宣言された。

私は、パニックになりながら話を続けた。あまりのことに怒る事も忘れ、状況把握しようと必死になる。
そして、私への愛がなくなったのかと質問した。妻は、私への愛情も変わっていないという。でも、それと同じくらいその男性のことも好きになってしまったそうだ……。私は、当然理解出来ないし納得出来るはずもない。
【続きを読む】

先週の金曜日、まだそんな遅くない時間仕事がらみの飲み会からの帰り、我が家の最寄の駅に降り立った時同じ電車から隣のマンションのMさんの奥さんが降りてきたんです。

30代半ばかな?スリムだけど良いスタイルで美人というよりチャーミングな感じ。
前々からちょっと気になっていた奥さんなんで、お酒も入っていた勢いで声かけたんです、
「Mさんの奥さんじゃないですか」って。
【続きを読む】

もう10年以上も前の話だが俺は田舎の小さな会社の工場で課長をしていた。

小さい会社とは言っても50人程度はいてそのほとんどは女性だ。

20代は少ないけど。30歳から50歳くらいまでがほとんどだった。

バツイチも少なくない。
【続きを読む】

嫁の明美と結婚して10年経った。今日は結婚記念日で、なおかつ子供が体操教室のキャンプでいないということもあり、二人きりで久しぶりにまともなフレンチレストランでも行こうと計画していた。
でも、数日前に近所の中の良い夫婦に声をかけられて、一緒に食事をすることになった。その夫婦は、もともと息子の体操教室で知り合った夫婦で、私達と歳も同じで、住んでいる所もごく近所という事もあって、すぐに家族ぐるみでの付き合いが始まった。
【続きを読む】

彼女のM子は、身長168cm、すらっとしていて美人顔です。
お尻が日本人離れしててボンッと張っているのです。

そんなM子と僕、M子の友人のEちゃん、その彼氏Tの4人で、温泉に行こうということになりました。
宿は予約したのですが、せっかくなのでチェックイン前に近くの共同浴場に行ってみることに。
そこは混浴でした。
M子もEちゃんもバスタオルを巻けばいっかと思っていたのですが、行ってみたら『バスタオル巻き禁止』の文字が。
【続きを読む】

息子の修学旅行にあわせ、家族ぐるみで仲良くしているご近所さんと温泉旅行に行く事になりました。高橋さん夫婦は、年齢も私たち夫婦と同じ38歳で、息子が幼稚園の時からの付き合いです。
子供達も含めて遊園地に行ったり旅行に行った事もありますが、子供達抜きでの旅行は初めてで、たまには羽を伸ばしたいなと思っていました。

ただ、出発直前、高橋さんの奥さんが体調を崩してしまい、キャンセルするにもキャンセル料がかかるタイミングだった事もあり、急遽共通の知り合いに声をかけ、前田さんのご主人が参加する事になりました。
【続きを読む】

私は地方住む主人の家に嫁いぎ2人の子供に恵まれ、幸せな家庭に恵まれてる平凡な主婦です

3年前に中学3年生の時の担任が退職するのに合わせて同窓会が行われました 
もちろん私も参加するために東京に里帰りすることに

中学時代から高校まで一緒だった仲の良かった女友達と合流し同窓会へ 
【続きを読む】

嫁の真奈美とは結婚して2年目だ。
とは言っても、学生時代から付き合っていたので、もう8年一緒にいる。
真奈美は俺より2つ年下で、真奈美が卒業した時には、俺はもう会社でも結構評価されていて、充分やっていけると思っていたので、すぐに結婚した。

子供もまだ作る気が無く、まだまだ恋人のようにラブラブな感じで過ごしている。

真奈美は、小西真奈美のようなおとなしい感じのルックスで、その可愛らしさに俺が一目惚れして、必死になってアタックして何とか彼女に出来た。
それからは、とくに喧嘩も浮気もなく、仲良く今日まで過ごしてきた。
【続きを読む】

昨夜、遠恋二年の麻子(仮名)が、他の男とセックスしてる最中に電話してきた。

俺、今日、鬱
当然、会わないままお別れ。

真面目な話、電話しながら彼氏に電話させるってエロビとか嫌いじゃなかったけどさ、分がやられるとものすげぇ鬱になるんだな。
気分が最悪だが少し書く。
【続きを読む】

前回の話

由紀恵は、僕の方を見ながら微笑んでいる。そして、スッと脚を拡げて、
『たっちゃん、早く来て。すぐに中に出してくれないと、負けちゃうよ。幸夫さんので妊娠しちゃうよ』
と、言ってきた。その表情は、上気したような感じになっていて、脚を拡げているのでアソコも丸見えだ。膣からは、幸夫の精液が流れ出てきている。他の男の精液をあふれさせながら微笑む由紀恵……。いつもの上品で清楚な雰囲気は、まるで感じない。

【続きを読む】

このページのトップヘ