すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

カテゴリ: 寝取られ寝取り体験

20歳の時、3年くらい付き合っていた彼女が、留学先から帰ってきて向こうで外人とできていたのが発覚。
彼女はいわゆる可愛いタイプでそこらへんが外人にヒットしたんだろうとおもた。
何で発覚したかというとSEXの感じが違ったので彼女と一緒に留学した俺とも仲良かった彼女の友達をさりげなく酔わせて聞き出すことに成功。
【続きを読む】

私は38歳、妻の沙織27歳、長女の真奈美3歳の3人家族です。28歳のときに当時大学1年だった沙織と付き合うようになり、3年後、彼女の卒業を待ってめでたくゴールインしたのは今から6年前。

結婚して2年後には長女の真奈美を授かり昨年には念願のマイホームを購入して、まさに順風満々の生活でした。
【続きを読む】

まだ結婚はしてないんですが彼女がいます。その彼女が他人とHしているところを、どうしても見たかったんです。ある週末、彼女(由香)と僕(亮)、そして高校時代からの悪友(浩二)と三人で飲みに行きました。それが始めてというわけではなく、それまで何回か三人で飲んだり遊んだりしたことがありました。
【続きを読む】

嫁の優子は35歳で、俺は37歳、結婚して12年経つ。
明るい性格で、可愛らしい顔の優子は俺の自慢の嫁だ。

150cmと小柄だが、カップで言うとFもある胸は、どんな服を着ていても主張しすぎていて、他の男が見ているんじゃないかと気になって仕方ない。

ルックスは、芸能人で言うと安めぐみを少し痩せさせた感じだ。


小学生の息子が受験をすることになったので、家庭教師をつけることになった。
最初は女性の家庭教師にしようと思っていたのだが、専業主婦で俺以外との男性との接点が全くない嫁に、多少は刺激になるかと思って男子大学生にしようと思った。

嫁は、普段家にいるときはメイクもほとんどせずに、ジャージみたいな部屋着を着ている。髪も自分で切ったりするくらい、おしゃれというか、女らしさと縁遠くなっていた。
週に2日も男子大学生が自宅に来るならば、そういったところも改善されると思ったのもある。

続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2014/05/19(月)23:39:24 ID:O5RepZwg4
夏休みが明けて、いつものように幼馴染みのキミと並んで歩いていた時のことだった。
彼女はおなかをさすり、あっけらかんと言い放つ。
幼馴染「彼氏と花火大会の帰りにエッチしたんだよ」
【続きを読む】

前回のお話

嫁の希とのセックスに、正直少し飽きてしまっていた僕は、寝取られ系のサイトをよく見るようになっていた。
思い切って希に打ち明けたら、軽蔑はされたが、なぜかカップル喫茶に行くことになった。そこで知り合った常連夫妻に、色々なことを教えてもらい、少し過激な行動も取ってみた。

希は口では強がっていたが、かなり刺激を受けていたみたいだった。

そして、そのたった一度のカップル喫茶での経験が、ふたたび僕らのセックスを燃え上がらせてくれた。
今までの少し飽きてきた感じが消え失せて、毎日セックスをするようになった。そして、お約束のように、僕が希を言葉責めするようになっていた。

今日も、希に目隠しをした状態で責めながら、
「ほら、希……次に行ったときは、あの童貞くん達にこうやって舐められるんだよ」
と、照れくさいと思いながらも言葉責めをしていた。どうしても、恥ずかしいというか、照れくさいと思ってしまって、ぎこちない言葉責めだけど、希は物凄く反応してくれる。明るめの茶色の髪に、ウェーブがかかった髪型で少しギャルっぽい希だけど、言葉責めしているときは凄く可愛らしくなる。
いつもの、少しがさつと言うか、ちょっと元ヤンが入っているような感じの希ではなくなる。

続きを読む

前回のお話

偶然に街で再会した、大学時代のサークルの先輩。嫁の麻衣の元カレでもある拓先輩との再会は、僕にとって最悪な日々の始まりになった。


もともと、麻衣と付き合い始めたときから、僕は二番でも良いと言う約束だった。麻衣には、心の中にずっと拓先輩がいると宣言されていた。それでもかまわないという約束で始まった交際だった。

そして念願叶って麻衣と結婚し、子供も作ろうと言っていた矢先だった。

麻衣は今、拓先輩と日常的に会っている。会っているだけではなく、デートして、肉体関係まで結んでしまっている。僕が、麻衣自身の気持ちをハッキリさせるためにそうしろと言って始まったことなのだけど、それは僕にとって地獄だった。

その上、僕はよりによって拓先輩の奧さんのアリーさんと、ドロドロの淫らなセックスをする関係になってしまっていた。


続きを読む

友人と食事をし、まだ時間もあったで行きつけの焼酎バーで飲むことにし、3人でお店に向かいました。
お店に着くと先客が1名おり、マスターと仲良くしゃべっていました。
友人2人は自分たちがコーチをしている少年野球の話で盛り上がり、私は一人浮いた形で飲んでいました。
【続きを読む】

このページのトップヘ