すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

カテゴリ: 寝取られ寝取り体験

姉妹サイトのオリジナル寝取られ体験談のご紹介です。
セックスが出来なくなった嫁が、オナホで抜いてくれるようになった本当の理由
性交痛でセックス出来なくなった妻……でも、大きなディルドでオナニーをしていた……。
温泉旅行で酔い潰れ、目が覚めたら妻が口移しで酒を飲まされていた
ご近所さんと行った温泉旅行で酔い潰れて寝てしまい、目が覚めたら妻が口移しで日本酒を飲まされていた……。
妻が追突事故を起こしたことで、ヤクザの真珠入に狂うことになりました
妻が追突事故を起こした相手はヤクザで、真珠入の巨根に狂わされ……
出張から3ヶ月ぶりに帰ると、嫁が優しく淫乱に変わっていた
長期の出張から久しぶりに帰ると、妻は今までに無いほどイヤらしくセックスを迫ってきて……
息子の上京をきっかけに、妻が若い恋人との交際を告白してきた
息子の大学進学で妻との二人暮らしに戻った途端、妻は息子の同級生と交際していると告白してきて……
お裾分けをもってくる隣の若妻さんに、丸めたティッシュを見つけられました
マンガみたいにお裾分けをもってくるお隣の若妻さんに、オナニーを知られてしまい……
子育ても落ち着いた妻が、前に働いていた会社でパートを始めた結果
妻がむかし勤めていた会社でパートを始めた結果、衝撃的すぎる事実を知りました……
【続きを読む】

某県庁の最上階の展望室で時間つぶしをしていました。
階下を眺めていると35歳ぐらいの主婦らしき人(4、5歳の子供を連れていたので・・・)が黒のスケスケワンピースで現れて椅子に座りました。
午前中の早い時間だったので、展望室には誰もいなく私も外を見ながら椅子に座って何気なく主婦を見ると、私のほうを向いて脚を開き黒のパンティを見せていました。
【続きを読む】

結婚して18年ほど経ち、息子が大学に行くために名古屋で一人暮らしを始めた。そのため嫁との二人暮らしに戻り、結果、昔みたいに二人で出かけることが増えた。
嫁のまさみは、今年41歳になった。私がまさみと出会ったのは、まさみが大学を出て医療器のメーカーの事務で働き出したばかりの頃だったので、その時と比べると歳を取ったなという感じはする。

でも、私の年の取り方よりも、まさみの年の取り方の方が緩やかな感じはする。私がおっさんになったのに比べ、まさみはまだまだ若々しくて良い女だと思う。
【続きを読む】

私は、45歳の公務員、妻は2歳年下の43歳、サキ(仮名)、子供は22歳の社会人と20歳の大学生がいる。子供は、都内の会社と大学に各々がアパートを借りて住んでいる。
私は、昨年夏から8年ぶりの単身赴任。自宅には、妻のサキが一人で暮らしている状況だ。

私の住まいに月1回、妻は訪れ洗濯や掃除をしてくれている。私も2ヶ月に1回は、自宅に帰るようにしているが、日常の疲労から夜の仕事は、半年に一回程度になってしまっていいた。
【続きを読む】

嫁のあやみと結婚して3年経ち、そろそろ子供を作ろうかと話していた。妻のあやみは、最近ではあまり珍しくないかもしれないが、ハーフの女性だ。
父親がイギリス人で、母親が日本人というパターンだ。初めて会ったとき、顔の小ささに驚いてしまった。一瞬、空間がゆがんでいるのかと思うくらいに小顔だった彼女。俺は、一目見た瞬間から好きになった。
でも、それは彼女の身の回りにいる男は全員そうだったんじゃないかな? と、思う。それくらいに、あやみは可愛い女の子だった。いわゆる、成功ハーフというやつだ。
【続きを読む】

以前からSWや3Pに興味があり、いつ妻を誘ってみようかと迷っていました。

そしてとうとう勇気を出して妻にSWサイトを見せて反応を見ました。

妻は私以上に興奮して興味を持ちました。
妻は26歳で小柄ですがけっこうクラマーでおとなしく可愛いタイプです。
【続きを読む】

今、私の目の前で、嫁が目隠しをした状態でベッドの上に座っている。
32歳の嫁がセーラー服を着て、髪をツインテールにしている。

これが、二人のセックスでのプレイだったら良いのだけど、そうではない、、、

嫁の横には、バスローブを着た男が立っている。
男は、嫁の昔の知り合いだ。
40歳半ばくらいで、かなり大きな会社を経営している人物だそうだ。
【続きを読む】

○○は今主婦兼たまにお仕事って生活のせいか…。
ヒマで…。だからこんなHな人になったのかも…(いや結婚前からなんですけどね…)
なんて思いながらちぇみーさんのHPを眺めてます。
今日かなかなさんのを見てて私もまた…と思いメールしました。
これもまた、なかなか回りの人には言えずにいたので、聞いてやってください。
【続きを読む】

「え? デート? そんなのダメに決まってるじゃん」
俺は、妻の麻衣子に慌てて言った。
『し、しないよ! しないに決まってるじゃん。ただ、そんなこと言われたって報告だよ』
麻衣子は、慌てて説明をする。俺は、その言葉にホッとした。麻衣子がパートしているファミレスは、大学生や高校生のバイトも多い。そんなバイトの高校生の男の子に、デートしてくれと言われたらしい。

俺は、てっきりデートをするという話だと思ってしまって、軽くパニクってしまった感じだ。
「麻衣子が人妻だって、知らないの?」
俺は、そんな質問をする。
【続きを読む】

私(真知子)は44歳で設計事務所でパートをしています。
主人は46歳の会社員です。
主人がセックスの度に私を挑発していたように所長の松本さんを受け入れてしまいました。
主人の海外出張をいいことに松本さんの誘惑にのり金曜は明るくなるまでラブホで女の悦びを教え込まれたのでした。
【続きを読む】

私は、身長182cm。スポーツは万能で筋肉質。体重は、当時72kgだった。
女性にはもてるほうで、流し眼で何度か誘惑されたが、好みの女性以外は無視した。

筆下しは、22歳。相手は、3つ年上の先輩だった。
深夜、彼女をマンションの部屋まで送って行った。いつもはそこでお別れのはずが、部屋に入るように促された。

それまで女性の一人部屋には入ったことはなかったので躊躇ったが
「どうぞ、遠慮しないで」と言われて、内心もうドキドキ。
【続きを読む】

前回の話

妻は、私の目を見つめたまま、敏夫のペニスを入れたいと言いました。カップがズレたブラからは、妻の胸がはみ出てしまっていて、乳首も露出しています。なまじブラを全部外しているよりもイヤラシく見えます。さっきまで楽しく三人でワインを飲んでいたのに、一気に卑猥な空気に満たされているような感じがします。

「じゃあ、もう入れてみる?」
敏夫が、軽いノリで聞きます。ズボンとパンツを少し下ろしただけの彼は、ほぼ着衣のままです。でも、むき出しになっているペニスは圧倒されるほど大きく、妻の唾液で濡れて光っています。
【続きを読む】

酔っ払った友だちの彼女の女子大生に手コキしてもらった。
先日、友達の部屋で、友達とその彼女と3人で飲んだ。
3人とも大学で同じ専攻のクラスメイト。
終電逃したので泊めてもらったんだが、ベロベロに酔っ払った2人はソファでいちゃいちゃし始めた。
初めは、指を舐める、キスするくらいだったのだが、だんだん服の上から胸を揉む、ズボンの上から彼女に股間を触らせる、という風にエスカレートしていった。
【続きを読む】

保険の代理店を経営していますが、お客さんに頼まれて、外国からのお客さんを1ヶ月ほど預かることになりました。普通ならそんな面倒なことは引き受けませんが、ウチの売り上げの3割を占める会社の社長の頼みで、断ることもできませんでした。

『あら、別に良いじゃない。私もしばらく英語でしゃべってなかったから、嬉しいわ』
学生時代に留学経験のある嫁は、意外にも嫌がりませんでした。そして、タオルや布団なんかを用意したり、その日に備えました。息子が大学で東京に行ってしまったので、二年ほど嫁との二人暮らしでした。ですので、私も少しは楽しみな部分もありましたが、社長さんが連れてきたそのお客さんを見て、一瞬言葉につまってしまいました。
【続きを読む】

このページのトップヘ