すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

カテゴリ: 男同士の体験

今週末に体験した事を書きます。

金曜日、仕事が休みだったので一日中、女装をして鏡の前に立っていました。

でも、ずっと女装をしているとまた何かしたくなってきました。

そこで、ずいぶん前から知っていた夜に同性愛者が集まるという公園に行ってみようと思いました。
【続きを読む】

夏休みでアルバイトに来た20歳の専門学校生は、どこかナヨッとした男だった。
優しい男で、俺にとても懐いて、バイトが終わってお別れする時に泣かれたから飲みに連れて行った。

「ボク、体は男なんですけど、心は女の子なんです・・・。女として、やっさんが好きなんです・・・」

俺はなぜか、この一回り年下の男が可愛く思えた。
【続きを読む】

事件は昨日の夕方。
切らしちゃった化粧品があったから、それを買うついでに散歩しようと思った。
往復で1時間くらいだからちょうどいい運動になると思った。

いつもよく行く薬局に向かったんだけど、その近くにアダルトショップがあって、その薬局に行く時はいつも立ち寄ってた。
【続きを読む】

街で見かけた女子高生がとても可愛かったので、思わず後をつけました。女優の広瀬すずに似た完璧な美少女で、セーラー服に黒いタイツ、革靴という、男がそそられるスタイルでした。スカートは短めで、程よい濃さの黒いタイツに包まれた脚が、惜しげもなく晒されています。 【続きを読む】

夏休みでアルバイトに来た20歳の専門学校生は、どこかナヨッとした男だった。
優しい男で、俺にとても懐いて、バイトが終わってお別れする時に泣かれたから飲みに連れて行った。

「ボク、体は男なんですけど、心は女の子なんです・・・。女として、やっさんが好きなんです・・・」

俺はなぜか、この一回り年下の男が可愛く思えた。
【続きを読む】

事の発端は、単なる好奇心からだった。

高一だった俺は、エロ動画で観たアナルオナニーに興味を持った。

普通のオナニーよりも気持ち良いという経験談を読んで、軽い気持ちでアナルオナニーを始めた。

最初の頃は全く気持ち良く感じる事はなかったが、ネットで色んな方法を調べて試している内に、俺はアナルオナニーのコツを掴んだ。
【続きを読む】

今はあまり流行らないだろうが、昭和の終わり頃、俺は大学生活を下宿で過ごした。
そこは小さな町工場で、昔は住み込みの職工の部屋だったが、みんな結婚して独立したので『睦荘』という下宿を始めたと聞いた。
睦荘の部屋は6畳一間で4部屋あり、1年生から4年生が各4人だった。
町工場の二代目の大家夫婦は40代で、一風変わった性癖の持ち主。
【続きを読む】

午後のシティホテルの一室。
薄暗い部屋、眼を凝らすと、小さいスタンドがベッドの上の女体。
愛しい妻の白い裸体、形の良い胸、腹、Wの形にされた脚が浮き上がり微かに見えます。
妻の下腹部には男の顔が埋められたまま、被虐性と嫉妬心、卑猥な想いが、自分のM性の性癖をかき立てます。
【続きを読む】

大学一年のとき、越してきたアパートの隣の部屋に住む涼香さんというOLさんと仲良くなった。涼香さんは僕より8歳年上の27才で、とても綺麗なお姉さんだった。
僕は、恥ずかしながら当時童貞で、綺麗な涼香さんと話すとき顔が赤くなっていた。

5月の連休のときである。ついに童貞を卒業するときがきた。
が、相手は涼香さんではなかった。
涼香さんの知り合いで真紀子さんと言う38歳のおばさんだった。
【続きを読む】

とりあえずスペック。
俺:学生、フツメン、服ヲタ、童貞、非処女。
彼女:アパレル系勤務、冨永愛をムチムチボインにした感じ。

ちなみに自分がゲイと自覚したのは中学の頃。
部活の先輩が好きで、告白したらOK貰えて高校まで付き合ってた。
大学までは彼氏ナシ。
大学入ってからゲイバーに入り浸ってた。
経験人数は4人。
【続きを読む】

このページのトップヘ