すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

2019年12月

横浜から東京行きの満員電車に乗ると、俺の前に窓の外を向いて立っている清楚な女子大生風の女性がいた。 
彼女は昨日もこの電車で見かけた。 
品川駅で下車し山手線の外回りに乗り換え五反田で降りたので、おそらく聖泉女子大に通っているのではないかと思った。 
【続きを読む】

うちの家庭は子供が出来てからは夫婦の寝室は別室。

うちの子供は夜泣きが激しくて私が寝不足で、仕事に影響がないように妻(明美・30)の計らいです。

土曜日は妻をゆっくり寝かせてあげる為に、私が赤ちゃんと一緒に寝るようにしています。

そんな優しい妻との夫婦の営みの合図は、部屋にこっそりと忍び込んでオッパイを2回揉むことが合図。
【続きを読む】

看護師はこの世の職業の中で一番エロいなんて言われますが、まさか自分も入院生活中にナースとエッチ出来るなんて夢にも思いませんでした。

あれは俺が足を骨折して入院を余儀なくされた時です。
入院当初は大部屋で、当然他の患者もいました。
【続きを読む】

とあるネットゲームに没頭していた頃の話。
俺のネームはルドルフ。

ある日、若葉というネームから、『ルドルフさん。◯◯の情報を流して欲しい・・・』との内容のメールが来ていた。
気持ちが悪いので、しばらくは無視してた。
【続きを読む】

その日は土曜日で休みだった。
私は四谷の行きつけの店で散髪をし、山手線で渋谷へ眼鏡を取りに行くところだったのだが、電車の中で携帯が鳴る。

「伝言聞いたんですけど・・・」

忘れた頃のリアクションだ。
テレクラで2週間ほど前にオープンにレスをつけた人から電話が掛かってきたのだ。

プロフィールは、『29歳で、OL、都内に一人暮らし、彼氏はいない。セックス自体も相性によって、感じるときと、感じないときがある』などというメッセージ。
【続きを読む】

妻の明美と結婚して3年経ち、僕は会社で係長になることが出来ました。そこそこ早い出世で、僕も妻も喜び、安心して子供を作ろうという話になりました。

そして、妻は子作りとは別で、頑張った僕にご褒美をくれると言い出しました。何が良い? 何をして欲しい? と、聞いてくる妻に、僕は3日ほど考えた結果、元カレとセックスをして欲しいと言ってしまいました。

僕は、中学から男子校だったこともあり、大学で明美と出会うまで女性と付き合ったことはおろか、まともにしゃべったことすらないような感じでした。
【続きを読む】

高1の時、俺のクラスの女子の中に、援交してる奴らが数人いて、平気で休み時間とかに、それを匂わす会話を仲間内でしていた。
 
俺はそれを盗み聞きしながら、欲望が膨らんでいった。
ドキドキして授業が手につかず、家に帰ると速攻オナニー。
童貞の俺には、あまりにも刺激の強い会話だった。
【続きを読む】

日本に来たばかりの30代後半の外人夫婦と居酒屋で偶然隣り合わせたのは2年半前。

相手は子供が居酒屋に来ていると思ってビックリしたそうですが、自分達が2人とも21才だと知ってからは相手のマンションに遊びに来ないか?と何度も誘われ、翌日は日曜だったので誘われるまま相手のマンションに行きました。
【続きを読む】

Iカップの人妻と出会い系で会ってセックスしました。
俺はとくに巨乳好きというわけじゃないんだけどIカップとなるとやはりすごく興奮する。これは男の性なのか。

出会い系で知り合ってメールをするようになった。
電話番号を交換してからしばらくして、急に「今から会えない?」と連絡が。
【続きを読む】

昨日、人妻デリヘルでコンパニオンの○実に中出ししてやりました。

路上待ち合わせで某駅前ロータリで待ち合わせ。
人妻デリに期待してなかったけど、逢うと、それはそれは美人さんでスタイルも良く、チンポはカチカチに。


俺の車に乗せ、5分ほどでホテルへIN。
部屋に入ると彼女は事務所への連絡やシャワーの準備をしていたが、その後ろ姿がたまらず襲いかかる。

ブラウスを剥ぎ取り、タイトの中に手をいれアソコをパンスト上から摩る。
【続きを読む】

『ちょっと、これはやりすぎなんじゃない?』
真希は、夫の雅俊にあきれたように言う。雅俊は、
「そうかな? これくらいしないと、アイツも反応しないんじゃない?」
と、少しバツが悪そうに言う。真希は、雅俊に渡されて身につけたTシャツを見ながら、
『だって、乳首丸わかりじゃない。それに、おへそ丸見えだし……』
と、言った。真希が身につけているTシャツは、ヘソが丸見えになるほど短く、乳首が透けて色までわかりそうなほど生地も薄い。
【続きを読む】

このページのトップヘ