すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

2019年02月

前回の話

目隠しをされたまま自らアナルを拡げている女の子は、確かに自分のことを加奈子と言いました。僕は、まさか……と、急に胃が重くなる感じになっていました。
女の子のアナルは、ぽっかりと穴が開いたように拡がっていて、とてもまともな状態には見えない状態です。男性は、
「だいぶ拡がってきたな。高校入る前までに、なんとか拳もイケそうだな」
と、言います。僕は、女の子がまだ中学生という事と、拳が入るという言葉に驚きました。そして同時に、これが加奈子のはずがない……そう思いました。
【続きを読む】

こんにちは。
亜由美です。
今、オナニーしちゃいました。

なんだかここ数日とてもエッチな気分が続いています。
通勤途中にぼーっと駅のホームで電車が来るのを待っている時とかも、彼とのエッチの事を考えたり、オナニーの事を考えたりしてしまいます。
とにかくどうも思考がエッチな方へエッチな方へ向かってしまうのです。
【続きを読む】

職場同期の元カノのM子。
旦那が一週間研修の隙に相手宅に泊まりこんで、通勤。
ベッドはもちろん、玄関、キッチン、バス、トイレ、バルコニーまで、部屋のあらゆる場所で。

食堂でそのM子に会ったら別の元カノ(既婚子持ち)のKも一緒で、二人して小さく手を振ってきた。
Kは9月の連休うちに泊まりにきてた。
どう説明してきたのかはわからないが。
三日間食事以外は部屋から出ずに抱きあってた。
【続きを読む】

俺が小3、姉が小6の時に、夏休みの午前中、家には誰もいなく、2人で押し入れの中で遊んでいました。

その時、姉が突然、「おっぱい揉んで!」と言って裸になりました。
俺は余りの事に理解できず暫く考え込みましたが、少し冷静になると大好きな姉のおっぱいが目の前にある事で興奮して、仰向けに寝ている姉のおっぱいを揉み出しました。
今考えるとB~Cカップくらい?

俺は調子に乗って、「今度はお尻がイイ!」と言って、姉をうつ伏せにしてお尻を鷲掴みにしました。
【続きを読む】

部屋の真ん中、小さな雛段の上に妻が座っている。
一糸纏わぬ裸で。
そしてその妻の周りを、私を含めて10人あまりが取り囲んでいる。
そのほとんどが男性で、女性も少しいる。
妻はその裸身を四方八方から見られている。
隠すことは許されない。
見せるために・・・見られるために全裸でそこに座っている。
妻はヌードモデル。
【続きを読む】

大学生の頃、友達というか、ノートをコピーさせたりレポートを代わりに書いてあげたりしてた、単に都合のいい男だった関係の女の子がいた。
顔も可愛くて巨乳でムッチリした感じで、大学でもモテモテだった。

もちろん彼氏もいたわけだが、それとは別に「ご主人様もいる」と俺だけに教えてくれた。
童貞の俺は、そんなん聞かされても知らんがなとドギマギするだけだった。
ある日、電話がかかってきた。
【続きを読む】

風俗情報見てたら、なんと中学時代の同じクラスの女の子らしき写真が。
口元を隠してて小さい写真だったが特徴のある目元ですぐ判った。 

その頃、可愛い顔して巨乳だったので、よくもててた。
当時、その顔と巨乳を想像し、たびたびイかせて貰ってた・・


早速店に電話して出勤日を聞いて有給取って行きました。
はやる気持ちを押さえながら・・。
【続きを読む】

俺(24歳)は、その日は彼女と遊ぶ予定があって、夜から合流して家で呑むことになった。
コンビニでお酒を買って帰ろうとコンビニに寄ると、小学校からの友達のA(25歳)がいた。

俺「おう!何してんの?」

A「暇だから女の子でもナンパしようかなってw」

Aは高校の時から結構チャラくて有名で、今はボーイの仕事をしていた。

俺「そうなんだw」

A「お前は何してんの?」
【続きを読む】

隣に最愛の人がお疲れの中まどろんでいる。
つい先ほど私の女性器奥深くに温かな精液をたっぷりと注ぎこんでくれた。
私も彼自身をピクッピクッとしっかりと包み込みながら至福の時を味わった。

地方の高校を卒業し都内の大学に進学した。
付き合っていた彼も都内の大学に進学しデートを楽しんだ。
【続きを読む】

私には、アブノーマルなプレイをするための、いわゆる"セフレ"がいる。

ネットで知り合ったセフレの彼とは、月に1~2回の頻度で逢い、お互いの希望も踏まえ、いつも3時間程度のプレイを愉しんでいる。

つい先日、私達はアナルセックスに挑戦する事になった。
【続きを読む】

あの日、いつも通りに、食事を終えてお客さんの車で店に向かう途中、突然進行方向を変えたと思ったら、車はラブホテルの駐車場に。

「ねえ…やろうよ…」と客。
その日はどうしても同伴したかった私は、なんとかして2時間ヤらずに過ごして、
「遅刻しちゃうからまた今度☆」
とでも言って店に向かってしまおうと、その時点では目論んでた。
【続きを読む】

私はあるフランチャイズチェーンの学習塾の室長を務めています。

事件は1年程前、アルバイト講師募集の広告に、ある女子大生が応募してきたことから始まります。彼女はグラビアアイドルのMに外見が良く似ていて、同じように巨乳です。
【続きを読む】

私には1つ年上の彼氏がいました。

あるとき私が彼氏に「今日、圭くん(彼氏のあだ名)の家に遊びに行ってもいいかなぁ?」とメールで聞くとすぐに返事が来ました。

「おお!おいで~^^今日は友達も来てるから一緒にゲームでもしようぜー^^」というものでした。

その日は部活が終わっての帰りでしたので結構暗くなっていました。
【続きを読む】

このページのトップヘ