すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

2018年04月

去年の夏、彼女の誕生日に合わせて3泊4日の旅行を企画しました。
そこは結構なリゾートエリアでたくさんのビーチやホテルがあり、少し安めのホテルを取りました。
あいにく泊まったホテルの前にはビーチが無いので、近くのビーチまで車に行って泳ごうとしたけど、入場料とかロッカーの値段が高い。
そこのビーチのホテルの宿泊者になりすまして駐車場に入り、タダで遊ぶことにしました。
【続きを読む】

大学のサークルで、新入生の有以を見かけた時、メチャクチャテンションが上がった。清楚な感じで、眉もいじっていないような太眉、少し田舎っぽい雰囲気だった。でも、俺の好みを絵に描いたら有以の顔になるんじゃないかな? と思うほどドストライクだった。

俺は、その日からかなり積極的に有以に近づこうとした。それは上手く行き、1週間もしないうちに二人でカフェに行ったりするようになった。そして1か月後には付き合い始めることが出来ていた。
【続きを読む】

少し前にかなりいい体験をしたので書いてみたいと思います。

簡単に俺のスペックから。。
トオルっていいます。

大学4年生で正直言って遊びまくってます(笑)
特に4年生になってからは授業もほとんどなかったので女遊びばっかりしてましたw
【続きを読む】

28歳の独身OLです。 
週に3~4回、美容と健康のためにプールで泳いでますが、そこで超カワイイ小学生をGETしちゃいました。 
ゴールデンウィーク中で、昼間のプールは空いていました。 
休憩時間にプールサイドで休んでいたら、隣に華奢な男の子が腰掛けました。 
【続きを読む】

友達の美樹に紹介されて、サークルに参加しました。
なんとセックスサークルなんです。

きっかけは、冗談。
美樹はふんわりのんびりした感じの大人しい子で、男の影も感じさせないんで、ちょっとからかうつもりでセックスの話題をしたんですよね。

「そういえばさあ、セックスのサークルってあるんだって」みたいな感じで。
【続きを読む】

仕事が大成功したので部下と6人で焼肉を食べに行きました。

生から焼酎に変わるころには、かなり出来上がり、部下のA子と寝る気分でした。

彼女はまだ25歳で、大学を卒業するまで処女でした。新入社員の歓迎会で、彼女と僕のマンションが近い事を知りました。
【続きを読む】

私たち夫婦が借りたマンションは妻の実家は目と鼻の先。
気がつくといつも妻の母(51歳)が来ている状態でした。
母娘とも顔立ちは良く似ているのですが、化粧が妻は今風というかギャル風というか品がないように思います。
その点義母のほうは顔がキリっとっするような化粧。 【続きを読む】

小六の時、お隣のお姉ちゃん(高校生くらいだったはず)の家に預けられた。

よく覚えてないが、何か用事で遅くなるからだったかな。

お姉ちゃんの親は母親しかおらず、しかも仕事で家に帰るのはいつも10時くらいだった。
【続きを読む】

今から6年前の、僕が中2の時の体験です。

ある日曜日に両親が出掛けましたので、6歳上の大学生の姉と2人家に居た時の事です。
朝10時頃、僕がリビングでテレビゲームやってると、姉がやって来て、僕が友達から借りて来た本を持って「この本、お前が買ったのか?」と僕の目の前に出した。
【続きを読む】

2017年度の売上ランキング更新!

2017年度 DMM 人妻系、寝取られ系同人作品ランキング
寝取られ系の同人作品(コミック、ゲーム)です。

2017年度 人妻・寝取られ動画ランキング DMM
妻が同窓会に行ったりする系の動画が人気です。

寝取られ系姉妹サイトオリジナル作品
ブロマガ以外のオリジナル作品も沢山あります。

オリジナルブロマガ作品一覧
寝取られ系のブロマガを書いています。

・寝取られ系の素人動画 FC2コンテンツマーケット
素人系の独特のイヤらしさと臨場感で、寝取られがリアルに感じられます。

・ブログ内の話を全面的に書き直して、アマゾンのKindleの電子書籍にしました。

高校1年の時の話です。

生理不順と冷え性が酷いので、お母さんに勧められて鍼とマッサージを受けるため鍼灸院に通っていました。
また、身長が175センチもあるので、学校の椅子が合わなかったり、バストがちょっと大きめだったりで、肩こり、腰痛もあり、私には鍼灸院はなくてはならないものでした。
【続きを読む】

大学の時、某進学塾でバイトをしてました。
俺レベルでもできた塾なので、素晴らしき塾だったと思う。
1年の時から2年間働いていて、時給も良かったし辞めたくなかったんですけどね。
就活と卒論の為に已む無く辞める事になりました。
【続きを読む】

前回の話

画面の中の嫁は、寝ている松田に覆いかぶさるようにしてキスをしている。積極的に、濃厚なキスを繰り返している。私は、さすがにショッキングな場面を見続けてしまったので、ある程度免疫のようなものが出来てしまったのか、激しい動揺はない。

嫁は、松田にキスをしながら指で乳首を触ったりしている。少しでも早く勃起させて、早くセックスしたいという感じだ。必死だなと言ってしまいそうなやり方だ。

「いや、さすがにまだ無理だって。回復させてよ」
松田が、少し困ったように言う。立て続けに射精して、さらに勃起するのはなかなか難しいと思う。まだ、始まってから30分も経っていないはずだ。
【続きを読む】

このページのトップヘ