すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

2018年03月

姉さん女房を寝取らせてをアマゾンの電子書籍のKindleで出版してみました。

この話は、ブロマガを始めた初期の頃の話で、これがきっかけで読者の方がもの凄く増えた話です。

ただ、電子書籍化するにあたり読み返すと、色々気になってしまい、結局半年以上かけて全面書き直しになりました。 今後も、継続して電子書籍化していくつもりですので、よろしくお願いします。

※Kindleは、専用の機器(Kindle)がなくても、スマホやタブレットで読むことが出来ます。
アプリを入れることで、専用機器みたいに便利に利用出来ます。
小説はもちろんのこと、成人コミックや、一般コミック、週刊アスキーなどの雑誌まで、私はこれで読むようになりました。

Kindleのアプリで読むと、異なる端末間でも、途中から読むことが出来て便利です。
通勤中に小説をスマホで読んでいて、帰宅後タブレットで読むという使い方の場合、スマホで読んだところから、タブレットで読むことが出来ます。
どこまで読んだっけ? がなくなるので、すごく便利です。

また、本がかさばることがなくなります。マンガなども、お気に入りを全巻タブレットで持ち運べます。

Kindleは、アンドロイド端末、iPhone端末、iPad、パソコンでも閲覧出来ます!

759 名前: なまえを挿れて。 投稿日: 2009/01/27(火) 15:35:20 ID:6g0MVjIgO
その日女は彼氏とデートで、家の前に迎えに来るのがわかってたんだが、敢えて家に行った。約束の時間の直前に後ろから捕まえて、服をずらして挿入。 
女も「もう来るから…」と言いつつ興奮して腰を押し付けてきた。
彼氏から到着の電話も繋がったまま出させ、「…ちょっと待ってて、」 
直後に思いっきり中出しし、そのまま出かけてもらった。 
【続きを読む】

先日、久しぶりに朝の常○線に乗った。我○子駅から乗ってきた女性を見てビックリ!数年前に世話になった先輩の奥さんだったのだ。
「あら!偶然ね。お仕事?」
「いや、今日は休暇で・・・。映画にでも行こうかなと・・・。奥さんは?」
「お買い物。上野まで」などと他愛もない会話をしているうちに、電車は停車し、乗客が一気になだれ込んできた。
【続きを読む】

先日、ネットで出会ったOLやってる人妻とホテルへ。
まだ20代後半で、かなりの美人だった。

最初は普通にエッチしたが、そのあと手だけ縛らせてもらい、再びゆっくり愛撫・・・。
まんぐり返しの体勢にして指を出し入れしてやると、堪えきれないような高い声を漏らす。
【続きを読む】

出会い系で出会った32歳の人妻のアヤはフェラチオ上手だった。
自分でもフェラチオの技術にはかなりの自信を持っているらしく、
「5分イかないで、我慢できたら、中出ししてもいいわよ。」
なんていうオイシイ賭けを持ちかけてきた。
【続きを読む】

夏休みでアルバイトに来た20歳の専門学校生は、どこかナヨッとした男だった。
優しい男で、俺にとても懐いて、バイトが終わってお別れする時に泣かれたから飲みに連れて行った。

「ボク、体は男なんですけど、心は女の子なんです・・・。女として、やっさんが好きなんです・・・」

俺はなぜか、この一回り年下の男が可愛く思えた。
【続きを読む】

私には1つ年上の彼氏がいました。

あるとき私が彼氏に「今日、圭くん(彼氏のあだ名)の家に遊びに行ってもいいかなぁ?」とメールで聞くとすぐに返事が来ました。

「おお!おいで~^^今日は友達も来てるから一緒にゲームでもしようぜー^^」というものでした。

その日は部活が終わっての帰りでしたので結構暗くなっていました。
【続きを読む】

私はあるフランチャイズチェーンの学習塾の室長を務めています。

事件は1年程前、アルバイト講師募集の広告に、ある女子大生が応募してきたことから始まります。彼女はグラビアアイドルのMに外見が良く似ていて、同じように巨乳です。
【続きを読む】

私には、アブノーマルなプレイをするための、いわゆる"セフレ"がいる。

ネットで知り合ったセフレの彼とは、月に1~2回の頻度で逢い、お互いの希望も踏まえ、いつも3時間程度のプレイを愉しんでいる。

つい先日、私達はアナルセックスに挑戦する事になった。
【続きを読む】

前回の話

嫁は、床に額をこすりつけるようにして土下座をしている。あの強気で男勝りな嫁が、ビンタされたのにキレることもなく土下座をし続けている……。私は、この目で見ていても信じられない気持ちだ。私の中の嫁のイメージは、ビンタなんかされれば拳で殴り返すようなイメージだ。

「オマエは、こらえ性のないだらしない牝犬だな」
田中さんは冷たい声でそう言うと、嫁の頭を踏み始めた。そんな事をされても、嫁は頭を上げない。それどころか、
『ごめんなさい。私は、こらえ性のないダメな牝犬です』
と、謝り始めてしまった。私は、正直に言って興奮しているし、爽快感に近いものも感じてしまっている。いつも私は尻に敷かれ、こき使われているので、妻がこんな目にあっているのにそう感じてしまうのかもしれない。
【続きを読む】

名古屋在住の双子の子持ちママで、25歳人妻綾香ママを”相方でかちん”とゲットした時の事。

俺の自宅の近隣にある団地住まいの綾香ママを初めて見た時から、俺の相方で通称”でかちん”と綾香ママの行動を監視しながらお近付きになるチャンスを狙ってました。

綾香ママの行動パターは、朝双子チャンを保育園に預けたら自宅で洗濯、お昼前には必ず外出。
【続きを読む】

俺は大学受験のとき、家庭教師がいた。

名前は佐織さんで、年は俺より3歳上。
美人で優しくて、佐織さんに付き合って欲しいとお願いしたこともあったが「大学に入ったらね」と、いつもはぐらかされていた。
【続きを読む】

ちょっと、前のことなんだけど・・・・。終電は大混雑状態で、後ろから、突き倒されるように、中のほうに流されていきました。

どうにか、つり革をキープすると、目の前には、みるからに泥酔状態のOLさんが横のババァもたれるように、眠っています。
【続きを読む】

このページのトップヘ