すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

2017年10月

はじめまして。私は二十歳の大学生です。
高校1年生の時、当時大学生の家庭教師がいました。
いつもさりげなくボディタッチしてきたり、私は胸が小さいのですが(ちょうどBカップぐらい)
服の上から胸を見て「くみちゃんのおっぱいってかわいいよね」とかセクハラ発言をしょっちゅうしていました。
【続きを読む】

まあ24日は昼過ぎから彼女と一緒にいたわけだ
そりゃもう普通の幸せなクリスマスイブを過ごしてたよ
で、晩ご飯はまずシャンメリーを開けてケンタッキーのチキンを食べたり彼女が作ってくれたビーフシチューを食べてたわけだ
【続きを読む】

これは現在20歳の都内大学生の私が、高校2年生の時のお話です。 

 私は中学の頃から急激におっぱいが成長し、高校の時点で既にGカップありました。自分で言うのもなんですが、顔はかなり柔和な感じの、どちらかというと童顔系でしたので、ありがたいことにかなりモテました。
【続きを読む】

俺は大阪でサラリーマンを辞めて一時期、塾の講師をやってた。
そん時の生徒の一人、お父さんが出張がちでお母さんは上品な家庭の子、中学三年生を受け持った。
数学が苦手で、夏休み前はレベル低い学校しか選べなかったけれど熱心に特訓してみごと上位の女子高に合格した。
【続きを読む】

今から十年ほど前、俺が25歳で精力はあるが、ガキのようにがっついていなかったのでそこそこ遊べた頃の話。

すすきのになじみの大変雰囲気の良いバーがあり、週2~3回は行っていた。
その日も俺はマスターと2人、まったりと酒を飲みながら話をしていた。  
【続きを読む】

もう40年も前になる話です。 
隣の奥さんとの出来事で実は隣家は母の従弟の家で、私が子供の頃に親類という事もあり、私の父が土地を購入した際に、安かったので母の従弟に紹介したと記憶している。 
同じ時期に家を建てて、母の従弟はそこに嫁さんを迎えたのでした。 【続きを読む】

結婚する前の20代半ばの話です。
当時彼女と結婚が決まり、お互いの両親への挨拶や式場選び、結納の日取りなど慌ただしくも楽しい日々を過ごしていました。
そんなある日、俺達は二人を出会わせてくれた親友Tを当時同棲していたアパートへ招き、結婚の報告をしてささやかだがお礼を兼ねた飲み会を開きました。  【続きを読む】

私は43歳の未婚の男です。
30歳の時、交通事故で車椅子生活になってしまいました。
膝から下が動きません。
通勤、仕事は電動車椅子で移動してます。
こんな体だから付き合ってくれる女性もなく、ましてやセックスしたくても風俗に行けるわけもないですし。
3ヶ月前から、妹の由香里と同居になりました。
【続きを読む】

先週末、仕事の失敗から上司に怒鳴られて落ち込んでいたので、悪友を誘い呑みに出かけました。
上司の愚痴を肴にテンションも上がり久しぶりに酔っ払ってしまった夜でした。

3人千鳥足で裏道を歩いてると、ラブホテルから1人の男性が出てきた、女でも買ったのかなとすれ違いざまに顔を見るとどこかで見た事がある男性でしたが、思い出せず足早に暗闇に消えていきました。
誰だったかな?と考えながら歩き出すと、今度は女性が1人で出てきて横道に俯きかげんに歩いていきました。

彼女が出てきたとき車のライトに照らされた女性の顔には見覚えがあった。
あっ、今度は瞬間的に思い出した。
【続きを読む】

出張に行ってきました。
博多から在来線の特急に乗りかえて、とある地方都市へ。
その帰り、博多までの特急の車中での事です。

僕の席は窓側で、隣は空席。
通路を挟んで反対側の席には、2才ぐらいの男の子を連れたお母さんと、お婆ちゃんの3人組。

お母さんは、サマードレスと言うのでしょうか、真っ黒で簡単な作りのミニのワンピース。
【続きを読む】

私(幸恵:45歳)は義父(68歳)に犯されました。 
夫(45歳)は土建業で営業課長をしており、出張も多く休日も会社に出る事が多かったんです。 
息子(22歳)は大学に進学と同時に家を出て1人暮らしをしています。 
そんな訳で、家には義父と私の2人で過ごす事が多かったんです。  【続きを読む】

俺の職場にはカメラ好きな2つ年上の先輩がいる。 
休日は色々な場所に出掛け写真を撮ったりしているらしく、時には素人女性に声を掛け写真を撮らせて貰ったり、イベントコンパニオンを撮ったりするらしい。
以前、見せて貰った写真も綺麗な女性で、結局女好きだ! 【続きを読む】

この世間で、所謂単身赴任という辞令を甘んじて受けた方々は、一体何人おられるのでしょう。
私もその一人で、妻と息子を残し、今こうして未だ慣れない土地にてこのサイトを拝見しております。
管理職として支店長の椅子が確保されてはいても、其処は地方都市の一角、正直左遷と言えます。 【続きを読む】

このページのトップヘ