すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

    2017年03月

    隣に最愛の人がお疲れの中まどろんでいる。
    つい先ほど私の女性器奥深くに温かな精液をたっぷりと注ぎこんでくれた。
    私も彼自身をピクッピクッとしっかりと包み込みながら至福の時を味わった。

    地方の高校を卒業し都内の大学に進学した。
    付き合っていた彼も都内の大学に進学しデートを楽しんだ。
    【続きを読む】

    嫁の真奈美とは結婚して2年目だ。
    とは言っても、学生時代から付き合っていたので、もう8年一緒にいる。
    真奈美は俺より2つ年下で、真奈美が卒業した時には、俺はもう会社でも結構評価されていて、充分やっていけると思っていたので、すぐに結婚した。

    子供もまだ作る気が無く、まだまだ恋人のようにラブラブな感じで過ごしている。

    真奈美は、小西真奈美のようなおとなしい感じのルックスで、その可愛らしさに俺が一目惚れして、必死になってアタックして何とか彼女に出来た。
    それからは、とくに喧嘩も浮気もなく、仲良く今日まで過ごしてきた。
    【続きを読む】

    こんにちは、愛子です。
    26歳主婦です。

    私には結婚前から付き合っているセフレS君がいて、結婚後も切れないでいます。
    高校時代のクラスメイトです。
    彼は水曜日が休みです。
    だから、私は水曜日になると主人を送り出して、彼のマンションに出かけます。
    この日は夕方までずっと一緒です。
    【続きを読む】

    隣のご主人が不慮の事故で亡くなって一年。
    男の出入りもなく奥さんは貞操を守り続けている様子でした。
    まだまだ女盛り、一人で悶々とする日もあるだろうと節操のないことを考えていた時でした。
    玄関のチャイムがなり出てみると隣の奥さんでした。
    「すみません。今、お時間ありますか?実は台所の電気が切れてしまい困っているんです。変えて頂けませんか?」
    「お安いご用です。替えの電球はありますか?すぐにいきますね。」
    「ありがとうございます。よろしくお願いします。」
    【続きを読む】

    嫁と結婚して10年ほど経ち、子供も小学生になった。
    一つ年上の嫁は、サバサバした性格と男勝りな性格もあって、米倉涼子っぽい感じだ。
    もっとも、あれほどの美人ではないのだけど、俺には過ぎた嫁だと思っている。

    体育系の大学で陸上部だった嫁は、今でも細見に見える体の割に筋肉もあり、けっこう良いスタイルだ。
    【続きを読む】

    高校からの友人で、達也という男がいる。彼はまだ結婚していないせいか、本当に学生の頃のままという見た目をしている。私が比較的早めに結婚し、子供も出来た事もあるせいか、老けてしまったのとは真逆の感じだ。

    私の子供がまだ赤ちゃんの頃は、彼も少し遠ざかった事があったが、ある程度子供に手がかからなくなってきた最近では、また昔のように家に遊びに来る事も増えた。嫁の心美も、普段の子育てや家事でなかなか他人と話をする事も少ないので、達也が遊びに来ると本当に楽しそうな笑顔を見せる。
    【続きを読む】

    264 名前: えっちな18禁さん [sage] 投稿日: 2009/08/13(木) 03:06:05 ID:V5EjRbBW0
    ちょっと変態っぽいけどこんな話でよけりゃ置いてくよ。 

    去年、かなり仕事が立て込んでた時期があった。 
    毎日残業で休日出勤も珍しくなく、社員全員がどたばたと仕事をしていた。 
    【続きを読む】

    数年前の話です。 
    会社に4~5つほど年下の、私好みの男の子が入社してきました。
    趣味の面で話が合う子だったので、どんどん親しくなりました。 

    当時私には彼氏がいましたが、もともと一緒に遊ぶ友達は男の子が多かったので、 その子と遊ぶ事を咎められたりはしませんでした。 
    【続きを読む】

    大学のサークルで、新入生の有以を見かけた時、メチャクチャテンションが上がった。清楚な感じで、眉もいじっていないような太眉、少し田舎っぽい雰囲気だった。でも、俺の好みを絵に描いたら有以の顔になるんじゃないかな? と思うほどドストライクだった。

    俺は、その日からかなり積極的に有以に近づこうとした。それは上手く行き、1週間もしないうちに二人でカフェに行ったりするようになった。そして1か月後には付き合い始めることが出来ていた。
    【続きを読む】

    このページのトップヘ