すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

2016年12月

私は発育が良くて10歳で生理が始まって、小6で身長は160センチを超えてて、ブラもEカップのを着けてた。

だから、ランドセルも黄色い帽子も全く似合わない子だった。

うちは母子家庭で市営団地の5階に住んでて、向かいの家も母子家庭で、専門学校に行ってるお兄ちゃんと中学生のお姉ちゃんがいた。
【続きを読む】

以前アメリカに留学してたときの話です。

その当時、まだアメリカに行って日も浅く、学生ができるバイトなんてそうそう転がってないので、友達の紹介で5歳の女の子のベビーシッターを始めました。

奥さんも旦那さんもいい人で、タダ飯だし、子供を寝かしつけてからは学校の宿題をしたりして、二人の帰りを待ってました。
【続きを読む】

私は東京の某出版関係で働いている23歳のOLです。
私の出身は東京だったのですが、高校時代から関西の方に興味があったことから、大阪の北部にある関◯大学に行くことにしました。
将来マスコミ方面に進みたかったので社会学部に入学したのですが、今日は学生時代の悲惨な体験を告白したいと思います。
【続きを読む】

昨年末に、人妻のエッチ友達と分かれて以来横浜のデリヘルを使っていました。

人見知りなせいか、相手を都度変えるのは苦手でいつも決まった女の子。

はじめて会ったとき、オプションに「ゴックンOK」とあっのたで冗談まじりに「ゴックンできるの?」と聞くと「してほしいの?」と小悪魔的に笑う表情がとてもイヤらしい彼女でした。

以来、いつも最後はゴックンで終わる日々。

わざわざ 自分の顔の前で 聞こえるように音を鳴らしながら「ゴクッ」と精子を飲み干す彼女です。
【続きを読む】

今年で結婚25周年を迎える。私は50歳、妻の眞澄は51歳。

記念に1泊で温泉旅行に行くことにした。
夕方にチェックインし、7:00頃からホテルバイキングの夕食。温泉が評判のこのホテルは週末でかなり混み合っていた。

私と妻は美味しい食事に舌鼓を打ちながら、仲睦まじくしていると、どうも他のお客の視線が気になります。
【続きを読む】

22歳で専業主婦をしている兄嫁は何故かいつも黒いエプロンをしている。 
 それにミニスカートが好きなもんだから細身の体とあいまってエロイ事この上ない。 
 高校への推薦入学も決まり暇をもてあましている童貞野郎の僕には目の毒でしかない。 
 兄嫁の美香さんは色白美人で身長が高く、スタイルがとてもいい。 
【続きを読む】

大学4年の時、暇過ぎて家庭教師のバイトを始めた。
教えてたのは中学2年生の男の子で、これがまたデキの悪い子だった。
大学にあった家庭教師募集の貼り紙を見て電話したんだけど、決め手はお母さんの美人さだった。
マジで美人で、息子が言うには33歳だとか。
【続きを読む】

あれは10月の旅行のある日だった。

会社の上司が奢ってくれるという事で初めてソープ&童貞卒業のフラグがたった。

行くと決まると会社中で噂になり、童貞がばれて(恐らく皆知っていたと思うが)上司には鼻で笑われ、後輩には「頑張ってください(プッ童貞かこいつと思っているのが丸見え)

女上司には「楽しんで来い!」と一喝。

マジでこのブス殺したくなったわwwwwwww
【続きを読む】

みゆきちゃんは、私達が中2になって、私と同じクラスになって友達になってからの思い出話を色々してくれた。
みゆきちゃんはレズとかそんな感覚は無いんだけど、私に一目惚れみたいなのをしちゃったそうです。
私の気を引きたくて色々と優しくしてくれた意味がわかった。 
【続きを読む】

大学時代の話なんで、もう20年近く前の話なんですが・・。
高校時代からバンド組んでた仲間(Vo)の彼女なんですが、まあ、顔ごく普通だったんですけど、なんつーか、体つきってゆーかとにかく全体のフォルムがめちゃエロい子だったんですよ。

で、練習のときとかライブの時とかに会うじゃないですか。
【続きを読む】

バイトの後輩とスク水Hした話を。

相手は19歳大学生、見た目はAKBの峯岸みなみを整えた感じ(以下みなみ)
俺は21歳大学生で、バイト先でみなみと出会った。
(みなみは彼氏有り)
帰り方向同じだったんで一緒に帰るようになって帰り道に食事したり、バイトまで一緒に漫喫で時間潰すような仲に。 【続きを読む】

27歳で独身の時
会社に出入している生保レディー(推定30歳)既婚

契約する事にして契約日に印鑑忘れて「明日持ってくるから」と言うと
「今晩、お部屋に印鑑もらいに行っちゃだめですか?」と言われて
「来るのは別にかまわないよ」と住所を教えたら夜の9時過ぎくらいに本当に来た。
【続きを読む】

このページのトップヘ