すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

2016年12月

俺は同学年の連中よりも体格がひと回りデカいし、声が低くて顔も優しくはないし厳つい。

入学して早々、先輩等に勝手にDQN扱いされた俺は使用禁止にされている空教室に連れていかれ、

「調子乗ってんじゃねぇぞお前」

と囲まれてどつき回された。 【続きを読む】

まもなく40歳になる私が、大学の卒業論文を作成するにあたって、日本国内では入手出来ない資料や情報を集めるため、中国の首都である北京市に行った先で出会った現地の女性との体験談です。

当時の私の語学力は乏しく、その日は通訳の人を雇って、北京市の西側に位置する『盧溝橋』と『抗日戦争記念館』を訪れた後、それまでの日であちこちと歩き回っていた事もあり、通訳の人に、お勧めの大浴場があるホテルを紹介してもらった。
【続きを読む】

今年の元旦に妹のノリと姫初めをしてしまい、その後は妹とセックスを繰り返した。 
そして、賃貸マンションを借り、妹と同居を開始してもうじき3週間になる。 
まるで新婚夫婦みたいな感じになってしまって、このままでは実質兄妹の近親相姦夫婦になってしまいそうな状態だ。
【続きを読む】

友人と友人の彼女と、その友達の計4人で飲んだ後、友人のアパートに泊まる事になった。
あまり酒が強くない俺は、部屋に入るとそのまま眠りに就いてしまった。

夜中に目覚めると、みんな寝静まっていた。
友人はベッドで、彼女の友達はソファーの上で、俺は床で雑魚寝していた。
【続きを読む】

私は結婚して長男が誕生したのを機に仕事を辞め、主婦業に専念していました。
子供を預けられるようになってから働きたくて、二年程前から市内の歯科医の受付を週に三回程度始めました。
それと同じく週に三回くらいフィットネスクラブで運動して身体を鍛えている毎日です。

いくら子供がいて年齢を重ねてきても女性としての美は失いたくない。
【続きを読む】

私達の関係(不倫)は、12年ぐらい続いていますが、彼と別れようと思ったことは一度もありません。

私は、農家の一人娘で27歳のときに親戚と親が決めた今の主人(当時35歳)を養子ということで半ば強引に結婚しました。

主人は、学歴はなく言葉の訛りが強く、口数が少なく、田んぼや畑仕事ばかりしている人で、家を守ることだけで結婚しましたので本当の愛というものに何となくあこがれていました。
【続きを読む】

23歳でFカップのK子は、山田優を少しポッチャリさせた美形で爆乳のダイナマイトボディ。
援助目的で出会いましたが、体の相性が良かったのか?
1回だけのはずが、次に逢う約束をしてセフレ関係になりました。
お金を渡したのは最初の1回だけで、2回目以降は週1ペースで、居酒屋で飲んでからラブホでエッチするのを続けていました。
【続きを読む】

以前から妻を友達に抱かせたいという願望があり、その気持ちは友達の方には話してありました。
もちろん友達の方はOKで、後は妻をどう口説くかが問題でした。

結局、その友達とは2度一緒に旅行へ行き、その際、僕たちの性生活を少しずつ暴露するなどして妻に抵抗感を与えないようにして、その男が妻の体を褒めたり、また性癖について質問したりしながら2人の溝を埋めていく作戦にしました。
【続きを読む】

このページのトップヘ