すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

2016年07月

ある日、 漏れの隣の書棚を3人の女がかたづけていた。 
引っ越しで書棚の整理が後回しになっていたのだ。 

漏れは急ぎの仕事があって、机に向かっていたが、書棚に向かって作業している3人のしりが漏れの30センチくらいの位置で行ったり来たりしていた。 

脚立に上った女の尻の割れ目に食い込んだラインや、ミニスカからかすかに浮き出るPラインなどがイヤでも目に入ってくる。 
【続きを読む】

自分が初体験をしたのは中学2年の時である。
当時、自分のことを好きになってくれた女子がいて、チカという名前だ。
チカとはクラスが同じで席も隣同士だったため、とても仲の良い友達だった。
そしてチカの親友のサナエとも仲良しだった。
チカはとても積極的な人で、周りだけでなく、モテたことのなかった自分ですらチカの好意に気付いてしまうほどだった。
【続きを読む】

新卒就職後1年余り、24歳の頃。
思い出しながら書いている。

担当地域への営業出張があり、何度か先輩・上司と訪れてしばし、1人で担当させてもらえるようになってからのことだ。

そのホテルは俺の常宿だった。
なぜ、決して要領の良くない俺が同期の中でも早いうちに、地域担当を単独で受け持てたのかといえば、その地方が俺の育った場所であり、そのぶん土地勘で長けていて、まあ地の利みたいなものが有効だったからだ。
【続きを読む】

高校生の頃、コタツで眠るお母さんに欲情してしまった。
お母さんはショートヘアで顔はまぁまぁ、身長150cmぐらいで、体重60kg半ばの、小デブな体型です。

うちは市営住宅で、お母さんはパートのほかに早朝のアルバイトをしていたので、布団だと眠りが深すぎて起きれないと、いつも服を着たままコタツで寝ていました。
その日もTVで洋画を見ていて、布団で寝るのが面倒くさくなって、お母さんの横で寝ることにした。
【続きを読む】

私はある出来事から妻の本当の姿を見る事が出来ました。

大人しく、気立ても良い妻。
ストレートの髪をなびかせ歩く姿は、セレブといった風貌。
小顔で美人の妻が私は自慢でした。
夜の営みは人並みで、ノーマルなエッチで満足していた私。
【続きを読む】

半年位前から義母さん(Y子)と関係を持っています。

僕(N)は19歳になる地元の大学に通う学生です。

1年前に親父(41歳)は前の母親と離婚して今の義母さんと再婚しました。

前の母親は息子の僕から見ても派手で、家事が嫌いであまりせず、家の事を放ったらかしにしてよく出掛けていました。

なので祖母がよく晩御飯を作りに来ていました。
【続きを読む】

僕の母親は、昔から近所では結構評判の美人で、よく友達から羨ましがられていました。
中学や高校のときまでは僕も、特には母親に対して特別な感情なんか持っていませんでしたが、大学生になって、一人暮らしを始めてから急に母親が恋しくなりました。
最初はホームシックのようなものだと思っていたのですが、いつの間にか母親とのセックスを想像しながらオナニーすることが日課になっていました。
【続きを読む】

Ο夫妻は妻の友人夫婦だ。どちらも30歳前半で子供はいない身軽さだ。
私達H夫婦がΟ夫妻と2泊3日の旅行にでかけたときの話。

1泊目の夜、妻と貸し切り混浴があるのを知りました。

私「Mちゃん(妻の友人)達に教えてあげようか?」と言うと、
妻「教えてあげたら?あっ、そう。で終わりよ」と言われ、私もそうだなと思いました。
【続きを読む】

これはちょっと前の夏の出来事です。

私は静岡で暮らしている35才の会社員です。
妻は32才で、最近ロンハーとかで活躍中の丸高○実さんにそっくりです。
おっぱいも同じぐらいの大きさで、かなりセクシーなので、結婚して10年近くたちますが今だに夜の生活はガンガンです。
【続きを読む】

バーで既にフラフラしていた女を捕獲。
テキーラ追加で一気にお持ち帰り。

ソファー上でワインで止めを指す。美保は大学に入ったばかりらしい。
携帯の操作は盗み見ていたのでしっかりとマナーモードに。

脱がしにかかると抵抗してくる。俺にしっかりと抱きついてきた。
また寝静まったところでベッドに運ぶ。ベッド場で再びすやすや。 
【続きを読む】

先日、mixiで知り合い、仲良くなった人と初めて会いました。
メールや電話でやり取りしているうちに、私は彼に惹かれていっていました。

「デートしよう」と誘われ、ドキドキと嬉しさで私は少し浮かれていました。

デートの日は彼の車でドライブ。
一緒にご飯を食べて、楽しい時間を過ごしました。
【続きを読む】

倒した後は、結衣の首筋攻撃に加奈子ちゃんは声を我慢するのに必死で、マ●コは完全無防備状態。結衣は、加奈子ちゃんのパンスト破り、さらにパンツの裾から一気に指を侵入。

加奈子ちゃんは、声を我慢するのに必死でされるがまま。結衣の高速指ピストンが始まると声も我慢できなくなって、思わず「あぅっ!」って、それからはリクルートスーツの袖を自分で噛んで我慢してた。

これぐらいから、俺も部屋の前まで戻ってきて、ちょいちょい部屋の中覗いて、終わるの待ってたんだけど、リクルートスーツの袖噛んでる加奈子ちゃんの姿はエロかったね。
【続きを読む】

このページのトップヘ