すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

2016年06月

会社の社員旅行での話。
宿泊場所は旅館であり、部屋は全て和室でみんな浴衣を着ていた。

新入社員だった俺は宴会でめちゃくちゃ飲まされて潰れてしまい、先輩(男)に肩を担いで部屋に連れて行ってもらった。
そこは同期の女子社員の部屋で、部屋には同期の女子2人がおり、宴会から逃げて休憩がてら部屋に戻ってきたようであった。
先輩は女子2人に俺を看病するように言うと、さっさと宴会へ戻っていった。
【続きを読む】

取引先の年上の男性に、「今度、私のM女をご紹介しますよ」と言われた時には冗談だと思っていた。
ある日、打ち合わせの後の食事に行くと、上品で美しい女性が同席しており、奥さんかと思ったら、「私のM奴隷の麻衣です」と紹介された。

食事の後、ホテルの一室に三人だけになった途端、彼の態度が豹変した。

「さあ、麻衣、お客様にご挨拶するんだ」

いつもの彼とは違う威厳のある口調に、俺までドキッとしてしまった。
麻衣はゆっくりと服を脱ぎ始め、スタイルのいいしなやかな肢体と、それを拘束している赤いロープが現れた。
【続きを読む】

これは私が幼い時に体験した出来事で、本当の話です。
私が小学校3年生の時だったと思いますが、父の転勤が決まり単身赴任で遠くに出掛けて行きました。
私的には、母も居たし祖父も一緒に暮らしていたので、淋しいといった感情はありませんでした。

父が家を出て行って1年位が過ぎた時でしょうか?
私が学校から帰ると、母と祖父の姿がありません。
家を探し回ると脱衣場に脱がれた服がありました。
風呂にでも入っているのかぁとドア開けた時、湯船に浸かる祖父と母。
【続きを読む】

私は東北の某大学の2年の女子大生です。
夏休みも終わりに近づいた8月末、私は中学時代の友達に会うために四国にいました。
友達と遊んだあと帰る予定でしたが、夜遅くなってしまい、駆け込みでホテルに一泊したのですが、予定よりも高いホテルで、帰りの予算が不足してしまいました。

帰る方法は2つ。
友達にお金を借りるか、ヒッチハイクで帰るか。
友達に相談したのですが、彼女も地元の大学生のため貸せるだけのお金がありませんでした。
【続きを読む】

このページのトップヘ