すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談

寝取られ体験談を中心に痴漢体験、人妻体験などの萌えた体験談を紹介します。このブログだけのオリジナル体験談も随時紹介していきます。

    2014年11月

    もう30年前になる。大学進学で田舎から東京に出てきた俺は、六畳一間のオンボロアパートで暮らし始めた。古い木造アパートだったが、風呂とトイレは付いていた。挨拶に行った隣の住人は、俺と同じ大学の女子学生だった。学部は違ったが同じ1年生で恭子といった。
    【続きを読む】

    GWの初日を使い私は痴女牧場に行ってきました。
    痴女牧場とは、私の風俗仲間の宮間さんが開催しているパーティーの名称です。
    寝取り大好き宮間さんは、表の仕事とは別に性に関するイベントを行うのが趣味です。
    宮間さんは大変な資産家であり、郊外に立派な豪邸を持っています。
    【続きを読む】

    その日はS駅の近くで20時半頃まで用事があったため、帰りが遅くなった。

    早めに家に付くために急行電車に乗ろうとしていたが、ホームは帰宅ラッシュのため大勢の人。
    前の普通列車を飛ばして、ようやくやって来た急行電車に乗り込む。
    【続きを読む】

    結婚してもう18年経った。俺はもう42歳になったし、嫁の加奈子も40歳になった。
    子供も大学に通うようになり、月日の経つのが早いと思うこの頃だ。

    俺と加奈子は、いわゆる出来ちゃった婚で、嫁は妊娠した当時はまだ大学生だった。
    色々と風当たりもあったけど、いざ子供が生まれると、両方の両親共にとても喜んでくれた。

    5年前に独立した仕事も順調で、なにも不満のない人生だと思っている。

    嫁の加奈子は、40歳にしてはまだまだ若い見た目だと思う。
    もともと童顔と言う事もあると思うが、肌に異常に張りがあり、しわ一つない。スキンケアに気を使っているのかと思うと、そんな事は全くなく、洗顔も薬局で売っている普通の固形の安い石けんでやっているくらいだ。

    続きを読む

    最近なかなか男が近寄ってこないので悩んでいました。「38才の人妻」とゆうのが災いしていると思いました。中学生なら家の前を通るんです。時々派手な下着を干しているとまぶしそうな眼をして通るけど、竿が高くてとどかない。そこであたしはくるくる回る洗濯干しを買ってきて、干したパンティがちょうど少年たちの顔の辺りになるようにセットしたのです。
    【続きを読む】

    今から、2年前の話になります。
    子育ても一段落した頃、ママ友から旅行の誘いがありました。
    勿論、主人に許可を貰おうと話したら「良いじゃないか、行って来いよ」と一発OKでした。
    私40歳、友人:由美子43歳/純子44歳
    【続きを読む】

    前回の話

    嫁の希と、軽い気持ちで行ったカップル喫茶。でも、みっちゃん夫妻との出会いもあり、運命を変えるほどの衝撃的な体験をしてしまった。

    何度目かの軽いプレイの後、とうとう僕の目の前で、みっちゃんの異形の極太ペニスを生で受け入れた希。
    僕は、その姿を見て信じられないくらいの興奮を覚えていた。そして、希も見たことがないくらい乱れに乱れ、失神してしまった……。


    そして今、目の前で失神している希。足がだらしなく開いていて、その付け根のアソコからは、白い精液があふれ出ていた。
    そして希の顔は、満ち足りた感じで幸せそうで、みっちゃんとのセックスが本当に良かったというのを物語っているようだった。

    続きを読む

    元同級生に犯されました。中学、高校と仲のいい友達だったんです。A君もB君も・・それなのにすごくショックです。昔からよく3人で遊んでました。大学生になった今も週に1回は集まって遊んでた仲だったのに。ある日、3人でAの部屋で飲んでたんです。それこそしょっちゅうこ~ゆ~事はありました。
    【続きを読む】

    僕が大学時代に住んでいたのは地方の政令指定都市。
    写メがまだなかったころなので6年前くらいのことです。
    当時僕は20歳で童貞だった。
    出会い系で知り合った女子高校生と、しばらくはPCやスマホのメールで3ヶ月くらいやりとりをしていた。
    【続きを読む】

    このページのトップヘ